女神の娘の恋歌1 暁は伯爵、黄昏は魔王
  • 値引き

女神の娘の恋歌1 暁は伯爵、黄昏は魔王

作者名 :
値引き価格 184円 (168円+税) 10月1日まで
通常価格 616円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

パラデール教の司祭・ミーナは、お目付役の怪物・ギーを連れて、怪異の多さで有名なグメーラにやってくる。影で「魔王」伯と呼ばれるナリスフレイと対面するも、噂とは違う穏やかな応対に安堵するミーナ。そう、帰る訳にはいかないのだ……あのことを教えてもらうために。しかし、家令のファランドや村人たちの態度にどこか違和感を覚えたミーナは、その夜、ナリスフレイにそっくりで不肖の弟だと名乗るレイヴェンに出会いー―!? 神々の時代をこえて、今、闇の大地に乙女の祈りの歌が響く!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ビーズログ文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ビーズログ文庫
電子版発売日
2014年05月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

女神の娘の恋歌1 暁は伯爵、黄昏は魔王 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年12月14日

    これは相当面白かったです。第一に設定と世界観が好み。
    司祭と伯爵と悪魔……。わたしこういうの好きなんだな。(改めて気付く)
    まあネタは副題読んだだけでバレバレなんですが……、こちらも大好物なお題なので、いつくるかいつくるか? とワクワクしました。
    主人公とヒーローのキャラと関係性も非常に良く、またあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    怪しげな噂がある地域に赴任してみたものの
    そこにいたのは噂とまったく違う伯爵。
    首をかしげつつ仕事をしていれば、はっきりと見えてくる違和感。
    そして、夜の庭で会った、伯爵の『弟』だという青年。

    とりあえず、伯爵と『弟』の関係は分かりました。
    しかし、この人達寝てなくてもいいのか? と
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月07日

    ゴシック調な展開が良い感じ。王道展開をちょっと崩してくるのがさすが響野先生!です。主人公が定番の天然ドジっこじゃなくて、きりっと聡明な感じなのも好みー。
    そしてラスト、伯爵様にやられました。魔王さんもかっこいいとは思うけどやっぱりね、優等生の意外性ってすばらしい切り札だと思うんだ。。。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    コバルトではよく見かけた響野夏菜さんの作品。サブタイトルで、二人の関係はすでに明らかですが、なかなか面白かったです。

    私はレイヴェン派ですけど、よく考えるとこんな三角関係って、最後どうなるんだろうってちょっと考えます。

    ミーナが女神の娘という設定であれば、最後はレイヴェンの方に行きそうですし、バ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

女神の娘の恋歌 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 女神の娘の恋歌1 暁は伯爵、黄昏は魔王
    値引き
    パラデール教の司祭・ミーナは、お目付役の怪物・ギーを連れて、怪異の多さで有名なグメーラにやってくる。影で「魔王」伯と呼ばれるナリスフレイと対面するも、噂とは違う穏やかな応対に安堵するミーナ。そう、帰る訳にはいかないのだ……あのことを教えてもらうために。しかし、家令のファランドや村人たちの態度にどこか違和感を覚えたミーナは、その夜、ナリスフレイにそっくりで不肖の弟だと名乗るレイ...
  • 女神の娘の恋歌2 光の乙女、闇の聖女
    値引き
    “夜”が深くなる、冬を迎えたグメーラ。パラデール教の司祭・ミーナは、昼と夜で入れ替わる伯爵兄弟にも慣れ、平和に暮らしていた。ある日、再発したレイヴェンの“悪癖”をナリスフレイがミーナにぼやいていると、すらりとした旅姿の聖職者が、司祭館を訪れる。それはミーナの先輩であるフィーンだった! グメーラの司教に任じられたとミーナを抱きすくめるフィーンに、ナリスフレイとレイヴェンは不愉快さを...
  • 女神の娘の恋歌3 一瞬の光、永遠の輝き
    値引き
    <花の春祝祭>の準備をするミーナの元に、フィーンが帰還する。身体を共有する伯爵兄弟を“わける”方法を調べに行った、彼女の答えは――「不可能」!! 愕然とするミーナをよそに、それを聞いた2人の反応はむしろ冷静で……。すると翌日、朝の礼拝にナリスフレイの姿が! 妖魔と決別し、ミーナを守る決意をしたからだ。そんな兄に気づいたレイヴェンもまた、自らの存在をかけて動き出すが!? 《光》と《闇》に分...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています