【写真詩集】わかりやすい恋

【写真詩集】わかりやすい恋

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【写真詩集】会話は、一瞬の芸術だから、シャボンのように消えようとも、星のように光ろうとも、見える人にしか見えません――。少女の一瞬の輝きを永遠に封じ込めた、奇跡のような写真詩集。モデル/森高千里

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年05月15日
サイズ(目安)
31MB

関連タグ:

【写真詩集】わかりやすい恋 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年03月03日

    10代の森高千里をモデルにした写真が多く入っていることで有名。モノクロが多くノスタルジック。15ページと103ページの詩が好き。「わかりやすい恋」という詩は「わかりにくい恋です」という1文で終わる。恋とはわかりにくいものだ、とたしかにおもう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月02日

    私が
    銀色夏生ファンになり、写真に興味を持つキッカケになり、
    詩を書くきっかけともなった1冊。
    学生の頃この本に出会い、友達に勧めたら
    違うクラスの話したこともない女子が何人も本を借りに来た、と言う
    伝説の(笑)本です。
    その後私の学年で卒業まで『銀色夏生ブーム』が続きました。

    白かったカバーは今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    当時、好きな人がいたときに読んだ1冊。ストレートな言葉にハッとされた。今でも心に引っかかる言葉を見るたびにドキリとする。1987/12

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あなたが私にとって大切な人であることが
    あなたにはわからないかもしれないけど
    私には わかる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月25日

      読んでいて、過ぎ去った恋を思い出すようでした。
    懐かしいような、苦いような、それでいてどこか清清しいような、そんな想いになりました。素朴で綺麗なことばの中には強さがあり、また弱さもあり、共感する面も多かったです。見開きにただ1文が載っているページには、1文ながらもそのインパクトの強さに手を止めず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月05日

    かなり昔に買った、初めて読んだ銀色夏生さんの作品です。
    写真の雰囲気がすごく好みで、モデルも可愛いなぁと思っていたら森高千里さんだったという。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あなたにキスをあげましょう
    今さえも嘘とたのしんで
    ささやく人となるように

    どうして忘れられないんだろう。
    どうして忘れたいんだろう。
    あたしの恋への疑問の答えがここに確かに在る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    つれづれ〜の中で森高千里さんがモデルをしていたと書かれていたのでそれが見てみたくて購入したけれど、詩自体もすごくよかった。
    カードつき。
    【平成16年11月6日・古105】

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月02日

    私の青春ですね。
    若き日の森高千里さんがモデルをつとめています。

    読んでいるだけで胸キュン♥

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    無名だった頃の森高さんがモデルになってます。

    銀色さんの詩集の写真のモチーフは
    人じゃない方が好みです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング