シェア至上主義が日本企業を自縛している!トヨタと日産、アサヒとサントリー、そして松下電器(現パナソニック)など、岐路に立つ超優良企業にメスを入れた問題作。(1998年文庫版刊行)

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

シェア神話の崩壊(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2013年04月05日

この本は、疑問に思っていたことに、かなり的確に答えている。
「企業の目標とすべきことはなにか?」
という大きなテーマに対して、充分な切り込みがしてある。

<ビールと自動車>について
キリンビ-ルのシェアーが、60%近くあったものが、
スーパードライが出ることによって、
40%になった。そして、スー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?