皇女アナスタシアの真実(小学館文庫)

皇女アナスタシアの真実(小学館文庫)

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

ロシア革命のさなか、虐殺された皇帝家族の一人が生存していた!?二十世紀最後の謎、ロマノフ王家の末裔にまつわるミステリーを歴史、社会、軍事面から徹底検証する!渾身の書き下ろしノンフィクション・ノベル!!

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
36MB

皇女アナスタシアの真実(小学館文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「自分はアナスタシアだ」と最期まで信じていた女性の実話。真実は小説よりも奇なり。決してハッピーエンドのファンタジーじゃありません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    アナスタシアの真実について記述している。
    著者は生前のアナスタシアとされる女性に会っており、またその女性がアナスタシアであると確信しているようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています