「マハーバーラタ」と並ぶインドの誇る古典叙事詩にしてアジア人の心のふるさと、英雄ラーマの歌物語。原書の詩を散文に変え、読みやすくした童話風読み物。悪魔ラーバナを倒すため、神々が約束を交わして人間と猿の姿に降誕する。(下巻に続く)

ジャンル
出版社
第三文明社
掲載誌・レーベル
レグルス文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • ラーマーヤナ(上)
    通常版 1巻 540円(税込)
    「マハーバーラタ」と並ぶインドの誇る古典叙事詩にしてアジア人の心のふるさと、英雄ラーマの歌物語。原書の詩を散文に変え、読みやすくした童話風読み物。悪魔ラーバナを倒すため、神々が約束を交わして...
  • ラーマーヤナ(下)
    通常版 2巻 540円(税込)
    インド伝説の英雄ラーマの古典歌物語、下巻。アジア全域に広がったこの物語は、「西遊記」など各国の芸術・文化に影響を与え、貴重な遺産となった。ついに猿の大軍が、捕らわれたシータ妃を救うため、悪魔...

ラーマーヤナ(下)

Posted by ブクログ 2013年09月24日

ハニュマーンはランカに辿り着き、シータに会う。
逃げる時に、顔が焼けて黒くなった。


魔王ラーバナは、シータに求婚している。
魔王ラーバナの弟ビビシャナと妻サラマは善人。
魔王ラーバナは、人間の王と巨人の娘の子。
弟ビビシャナは巨人の血が弱く出た。
ビビシャナはラーマ軍に付いた。

インドラの神を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ラーマーヤナ(上)

Posted by ブクログ 2013年09月24日

インドの歌物語。
ラーマーヤマをつくった詩人のバールミキは盗賊ラトナーカル。聖者と出会い、黙想によりラーマを見た。

悪魔のラーバナがランカ(セイロン島)の神々を苦しめている。神々は至上の神ビシヌに救いを求めた。ラーバナを倒す為、ビシヌは人間ラーマに、神々は猿に生まれ変わる。

ラーマは王子。4人兄...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?