中小企業の経営者や販促や営業を担当するサラリーマンに向けて、消費税増税のタイミングに合わせて、自社の商品を売って儲ける手法を提案。増税前の「駆け込み需要」の波に乗る方法。そして増税後に買い控えされない術など、あらゆる業種で簡単に応用でき、かつ即効性がある販促手法が満載。1997年に税率が3%から5%へ上がった時、どんな商売が儲かったのかも掲載。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉新書
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

消費税アップを逆手にとる販促テクニック

Posted by ブクログ 2014年05月05日

201404/

増税後は、優良顧客へのイベントなどを中心に、”高くても買ってくれる”というお客さんを対象にした販促企画で、売れない時期を乗り切る対策を立てたほうがいいだろう。/

「この価格で売ってやるからありがたく思え」という経営者と「この価格で買ってやるから、もっとサービスしろ」というお客さん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

消費税アップを逆手にとる販促テクニック

Posted by ブクログ 2014年04月07日

ただの増税に関する話ではなく、企業理念の本質に迫る1冊であり、エンドユーザーが読んで賢く消費するガイドブックともなる1冊。
今から読んでも遅くはない。

このレビューは参考になりましたか?