鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻
  • 完結

鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【この島は、虚偽と欺瞞に満ちている――。】
家庭に問題のある子供達を引き取る施設『鬼燈学園』。そこには、知ってはならない『秘密』がある――。“登ってはいけない階段”。“書き殴られた悲痛の叫び”。“白いワンピースの少女”。そして“嘘が得意な大人達”。自然豊かで優雅な離島が、虚偽と欺瞞で血に染まる…。
(C)2008 Kei Sanbe

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
ヤングガンガン
ページ数
207ページ
電子版発売日
2014年03月27日
サイズ(目安)
43MB

鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    無料版購入済

    重なり合う謎

    はなさく 2020年12月09日

    訳アリの子供達を孤島に引き取っている裏がアリそうな大人達。子供も大人も一癖も二癖もありそうな三部けい先生の作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    サスペンスホラー好きにはたまらない漫画です。いえ、サスペンスホラー好きじゃない方でも十分楽しめる推理と殺人に満ちた作者曰く、ミステリーな物語です。 あ、帯等には”サスペンスホラー”と記載されているのですが正しくは立派な”ミステリー”漫画です。
    舞台はよくある孤独島から始まります。外部との接触は無く、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    サスペンス系の漫画です。
    僕だけがいない町を読んだ後にこちらの作品を読みましたが、かなりミスリード誘う描写が好きな作者さんなのかなというイメージを受けました。
    全4巻と短いですし、サスペンス系が好きな方にはおすすめの作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    どうせこんな終わりだと思った

    Manngayome 2018年12月28日

    力也くんの虚言癖のくだりあたりから
    終わり方が想像できる。

    作者は上手くまとめてるけど
    上手くまとまりすぎてて、わかりやすすぎるかな
    この辺のさじ加減は難しいですね
    わかりやすくしないと、わからない人もいますから・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月19日

    たまには、違うジャンルを・・・と手にしたマンガ。
    読む人を選ぶ本ですが、思ったよりも面白かった。
    ソリッド・シチュエーション・ホラーで、「ひぐらしのなく頃に」に近いのでは!?
    ときおり挿入されるエロシーンはご愛敬ってかんじ。
    誰が正しいのかわからず、伏線がはりめぐらされていて、普段このジャンルを読ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最近こういうホラー系ちょっと好きです。作者曰く「ミステリー」らしいので、謎が隠されているっぽいのですが、さくさくとは読めない漫画で、それでも小難しく無理に描いてはいないので、安心して読めます。「みんなちょっとずつ変」というシュールさを巧みに使っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ガンガンだったので本屋で買ってみました。裏表紙のジャケットの絵も好みだったので。ホラーということは分かっていたけれど、凄く先の読めない展開の興奮。夢ちゃんは、全く恐怖を感じていないようなので、もしかしたら色々勘違いが交差して起きている事件という可能性もあると思います。実際は妄想とか、精神的な障害だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月06日

     漫画喫茶にて。リクエスト品だったらしい。
     家庭に問題を抱えるこどもたちが集められる学園に、こどもたちが集められる。主人公も越してきたばかり。そんななか、先に来ていたこどもたちは言う。
    「おとなはしんじちゃだめだ」
     サスペンスとミステリとホラーが混じり合った作品。
     何故おとなたちは嘘をついてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月17日

    なんかよくある展開で可もなく不可もなく。
    でも登場人物とか分かりやすい名前でデブには太くんとか、描き分けも出来るだけやってるし、そういうところは評価したいわ。
    とにかくユキノ先生の体つきがエロすぎる。それだけで読む価値あるわ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月11日

    サスペンスホラー k t k r !

     まだ30Pほどしか読んでませんが…(・∀・)イイヨイイヨー
    もうシチュエーションからして( ゚∀゚)o彡゜鬱ホラー!鬱ホラー!って感じでグッときます。全体から香る狂気がたまりませんね~w


    (追記)
     実はまぁこの方「瓦敬助」って名前でゴニョゴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ― のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻
    完結
    【この島は、虚偽と欺瞞に満ちている――。】 家庭に問題のある子供達を引き取る施設『鬼燈学園』。そこには、知ってはならない『秘密』がある――。“登ってはいけない階段”。“書き殴られた悲痛の叫び”。“白いワンピースの少女”。そして“嘘が得意な大人達”。自然豊かで優雅な離島が、虚偽と欺瞞で血に染まる…。 (C)2008 Kei Sanbe
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―2巻
    完結
    【コノ島ニアルノハ、無情ナ現実ダケ…。】 徐々に近づく「死」の気配に怯える子供達は、ついに島からの脱出を決行した。一方、彼らの逃走に気付いた大人達は、殺意に満ちた追跡を開始する…。捕まったら最期の“鬼ごっこ”、果たして――!? (C)2008-2009 Kei Sanbe
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―3巻
    完結
    【『絶望』ハ、終ワラナイ…。】 島からの脱出を決意し、必死に逃げる子供達。それを阻止しようとする、殺意に満ちた大人達。どちらかが果てるまで、『絶望』は終わらない…。 (C)2008-2009 Kei Sanbe
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―4巻
    完結
    【真実ハ、『絶望』ノ果テニ──…。】 犠牲者が増えてもなお、逃げる子供と追う大人。そんな互いが向かう先は、虚偽と欺瞞の螺旋道──。それを嘲笑うかのように、血色の鬼燈が静かに揺れる…。 (C)2009 Kei Sanbe

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ヤングガンガン の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング

鬼燈の島―ホオズキノシマ― に関連する特集・キャンペーン