『永遠の0』と日本人

『永遠の0』と日本人

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「妻と娘のために必ず生きて帰る」と言い続けながら特攻を志願した、『永遠の0』の主人公・宮部久蔵。その強烈な生と死は、「特攻とは何だったのか」「日本人はなぜあの戦争を戦ったのか」という、我々が向き合うことから逃げてきた問いをつきつける。映画『永遠の0』から、『風立ちぬ』『終戦のエンペラー』、小説『永遠の0』、そして特攻隊員たちの遺書へ。丹念な読み解きを通して、「戦後」という見せかけの平和の上に安穏と空疎な人生を重ねてきた日本人に覚醒を促す、スリリングな思索の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

『永遠の0』と日本人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年02月17日

    永遠の0の原作があまりに好きで、その延長のような評論に手を出してみた。興味深く、面白く読めた。
    『風立ちぬ』の章が特によかった。あの映画を見た後、もやもやした、なんとも座りの悪い気持ちになったのをよく覚えていて、その時の気持ちを代弁してもらったような気分になった。堀辰雄は読みつつも、堀越二郎の自伝に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月04日

    日本人たるの矜持を失ふ勿れ

    平時に処し猶ほ克く特攻精神を堅持し
    日本民族の福祉と世界人類の和平の為最善を尽せよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月27日

    実は、『永遠の0』を読んでから、何故百田尚樹さんがあの本を書いたのかといふ意図が能く解らなかつた。なぜなら『永遠の0』は読み方によつては反戦思想の物語にも読めるし、たんなるヒューマンドラマにも読めるからだ。しかし、この本を読んでから、疑問が氷解した。私の読み方が甘かつたのだつた。また、本書の中に引か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月29日

    私が観た映画のことが書かれていたので学校の課題用に購入しました。永遠の0をべた褒めしすぎかなと思いましたが私もそう思ったのでまあそれはいいとして、全体的に読みやすかったし偏見があるような気もしますが戦争映画の考察としてはよい文献だったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月15日

    映画『永遠の0』『風立ちぬ』『終戦のエンペラー』について読み解いてあります。
    映画を見た時の違和感の正体が解りやすく書いてあり納得。
    後半、少し表題より作者の主張の方が強い感じがしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    年末に「永遠の0」を観て以来、その余韻をずっとひきずっていたところこの本を見つけたので読んでみました。
    そうだ、原作の宮部さんはこういう人だったんだよなぁ~、また原作を読み返したくなりました。
    「風立ちぬ」については、まえから宮崎駿の作品ってなんか上から目線っぽい感じがしてなんか好きになれなかったん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月07日

    興味深く読めました。
    永遠の0の映画をみて納得できなかった部分を次々と解説してくれててすごく参考になりました。

    永遠の0の映画をもう一度みにいこうかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    前半は「永遠のゼロ」、「風立ちぬ」、「終戦のエンペラー」の本と映画の感想にあてており、いまひとつと思ったが、後半は具体的な分析がされており、まあまあの内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月09日

    書評がどうとか、考え方がどうとか、そんなことの前に、ここに書かれていることの現実に感じることがたくさんあった。

    70年前に何があったのか。

    小説や映画「永遠の0」は80代90代の方達と戦争を知らない世代との距離を縮めてくれた。神聖化しなくていい、同情しなくていい、ただ私たち世代が知るということ、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    永遠の0を読んだときは、最終的に興ざめした部分があったけど、この本を読んでもう一回読むと違う視点から読めるのではないかと思った。
    悪くない。悪くないけど、気合をいれて読まないと、
    置いていかれてしまう本だった。
    もう少し大きくなって、長い休みが取れたら、
    もう一度読み返したい本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています