科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを 「怪異」 と呼んだ。 当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。九条湊── どこか斜に構えたクセのある青年だが、彼が同業者から疎まれているのはそこではない。霊力、法力、神通力、彼はそんな力を一切持っていない。それにもかかわらず怪異を倒すという。その手腕は驚くべきものだった──。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 0能者ミナト
    通常版 1巻 637円(税込)
    科学が隆盛を極める現代。だが、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。存在を知る一部の者たちは、それを 「怪異」 と呼んだ。 当然、怪異を相手にする生業もある。修験者、法力僧、呼ばれ方...
  • 0能者ミナト<2>
    通常版 2巻 594円(税込)
    江戸時代 ── 寛延年間に村人すべてを殺戮したという怪異「鏖」。長く封じられていたはずのそれが、眠りから覚めた。総本山、御蔭神道の名だたる手練が犠牲となり、関係者を震撼させていた。 へそ曲がりで...
  • 0能者ミナト<3>
    通常版 3巻 594円(税込)
    死なない死刑囚を殺して欲しい。まるで、矛盾しているかのような奇妙な依頼。 九条湊が対面を果たした死刑囚は物静かで端整な面立ちの青年だった。だが、その本質を知れば慄然とする。不死者ゆえか、死を...
  • 0能者ミナト<4>
    通常版 4巻 572円(税込)
    豪華客船に現れる船幽霊。柄杓で水を撒くだけの時代錯誤な怪異に巨大な船を沈められる訳がない。湊が依頼を受けたのは言うまでもなく──クルーズを楽しむためだった。 ユウキと沙耶は湊に見切りをつけ、早...
  • 0能者ミナト<5>
    通常版 5巻 594円(税込)
    完璧な降霊術で人を集める 『彼岸の会』。一方、被害者の会も存在し、是非が分かれる団体でもある。 天性の法力を持つユウキは直感し、降霊術がまやかしだと糾弾する。だが、主催者の士道骸に手玉に取られ...
  • 0能者ミナト<6>
    通常版 6巻 572円(税込)
    とある寒村で、青年と家畜が惨殺される事件が起こる。事件に“怪異”の存在を嗅ぎ取った御蔭神道は、高校生ながら英才と称される水谷理彩子を派遣する。彼女が現場で出会った発見者は少し年下に見える少年だ...
  • 0能者ミナト<7>
    通常版 7巻 572円(税込)
    七人ミサキ──入れ替わる魂を求め永遠に彷徨う、悪夢のような怪異。三年前、孝元が助力を求めたのは、今と変わらず横柄で奔放な湊だった。 依頼人を守るために汲々とする総本山の手練れをよそに、まったく...
  • 0能者ミナト<8>
    通常版 8巻 594円(税込)
    恐ろしい怪異が蠢く禁断の館。その最奥にいたものとは──元気に泣く人間の赤子だった。この異様な事件は解明されることなく、記録の奥底に眠ることになる。 赤子は立派な少年と少女に成長する。だが、その...
  • 0能者ミナト<9>
    通常版 9巻 615円(税込)
    怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。だが、それはいた。 身長2000メートル、超弩級の怪異。ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。そのひと足で町が壊滅する。天災級の...
  • 0能者ミナト<10>
    通常版 10巻 680円(税込)
    強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。その少年...

0能者ミナト

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月03日

【目次】
『嫉』/『呪』/『告』

【内容情報】
化学が隆盛を極める現代。
だか、その片隅にひっそりと息づく異形のものたちがいた。
存在を知る一部の者たちはそれを「怪異」と呼んだ。
当然、怪異を相手にする生業もある。
修験者、法力僧、呼ばれ方は様々だが、その中でひと際変わった青年がいた。
九条湊――...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト

Posted by ブクログ 2013年01月14日

文章がすごく読みやすく、キャラがわかりやすい。
何よりも湊様がカッコいい!
4巻まで出ているそうなので、一気に買って読みたいと思います!!
内容は葉山さんらしい科学で怪奇現象を解決する話です。
月見月理解好きな人は好きなはず。
理解完結しちゃってしょんぼりしてたので嬉しいです。

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<11>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【目次】
『嘘』/『狐』/『驚』

【内容情報】
殺生石ーそれは凶悪な毒の大気を発し命あるものを死に追いやる、呪わしい巨石。
かつて沙耶とユウキを窮地に陥れたそれが、いま新たに発見された。
現地に赴いた理彩子を追う沙耶とユウキ、渋々それについて行った湊。
そんな三人が捕われたのは、どちらを向いても脱...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<10>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【目次】
『縁』/『鬼』/『謎』

【内容情報】
強大な怪異をも一刀で斬り伏せる、美しき怪異討伐の手練、赤羽夏蓮。
若き日の孝元が恋した彼女は、しかし怪異に絡む事件を経て姿を消した。
その後彼女の行方を知った孝元は、一人の少年に出会う。
その少年こそ、母譲りの強大な法力を持つ夏蓮の息子、赤羽ユウキだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<9>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【目次】
『巨』/『単』/『外』

【内容情報】
怪異を知る者でもにわかには信じがたい、神話上の存在。
だが、それはいた。
身長2000メートル、超弩級の怪異。
ダイダラボッチの出現は終末すら予感させるものだった。
そのひと足で町が壊滅する。
動く天災に国家機関も動きだす。
防衛省幹部、幕僚らが居並...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<8>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【目次】
『劣』/『交』/『裏』/『減』

【内容情報】
怪異が蠢く禁断の館。
その最奥にいたものとはー元気に泣く人間の赤子だった。
赤子は立派な少年と少女に成長する。
だが、そのささやかな平穏は破られる。
赤子が怪異の子だという資料の流出。
二人は追い詰められていく。
かくして退屈な依頼に殺されそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<7>

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【目次】
『七』/『化』/『占』

【内容情報】
七人ミサキー入れ替わる魂を求め永遠に彷徨う、悪夢のような怪異。
三年前、孝元が助力を求めたのは、今と変わらず横柄で奔放な湊だった。
依頼人を守るために汲々とする総本山の手練れをよそに、まったくやる気を見せない湊。
すでに悪命高い“零能者”に、僧達は忌...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト

Posted by ブクログ 2017年09月03日

正直そんなに期待せずに読んだのだけど・・・おもしろかった。
霊とか妖怪とか犯罪とかの推理モノみたいなのってよく読むけど、こういった変人の探偵役って知識が普通の人と違いすぎて「そんなん知るか~!」ってなるんですが、このシリーズの解決は、平均程度の理系人間で普通に一緒に推理できる感じが楽しい。

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト<8>

Posted by ブクログ 2014年09月10日

今回も湊の奔放ぶりがいい感じで発揮されていました。
雪女やサトリなどを「人間と怪異のハーフ」だという表現や、そのハーフとハーフを掛け合わせたらそれは人間なのか、怪異なのかという発想がとても斬新で面白かったです。

妖怪物が好きで様々な作品を拝見していますが、このシリーズには現実的な視点から怪異を解決...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

0能者ミナト

Posted by ブクログ 2014年08月09日

本編「嫉」「呪」と閑話「告」収録。人に仇名す怪異を、霊力、法力、超能力すら一切使わずに解決する男は詐欺師か天才か?(笑)

このレビューは参考になりましたか?