リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ

リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「特別就職講座」の1年目の結果が出た。4人中4人、全員が大手企業に内定を獲得したのだ―「はじめに」よりなぜ、中堅下位大生に錚々たる大手から続々と内定が出たのか?自己分析はするな マナー講座、資格なんかいらない 面接で自分の「強み」「弱み」を長々と話すのはもってのほか SPI対策はするものではない 就活していた人が教えている大学のキャリアセンター 「不況で就職が厳しい」のウソ―リクルートで企業コンサルティングから学生の就職支援まで従事し、数々の実績を上げてきたカリスマ就職請負人が、学生、大学のイタすぎる就活を一刀両断!「バイト先で1番になれ!」など「この学生に入社してほしい!」と言われる必勝トレーニングを伝授する。企業の人事、採用担当者、大学関係者、学生、それぞれの立場の人たちに就活で本当に必要なひとは何かを教える一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

リクルートを辞めたから話せる、本当の「就活」の話 無名大学から大手企業へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年05月14日

    就活のことはよくわからないけど、すごくまっとうなことを書いていると思った。
    突き抜ける経験と、それを論理的に話せる力。PDCAサイクルでもって物事をまわしていく力、というのも頷ける。
    ただ、ひとがいまよりもひとまわり大きくなる、そのこと事態に疑問がある。なぜ、いまよりも強くならないといけないか。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

     本を読んでいる人と、読んでいない人の決定的な差は、「語彙力」にあると思います。
    やはり読んでいる人は語彙が豊富にあります。語彙が豊富にあると、コミュニケーションに
    幅が出てくると、私は思っています。

     私は、本を読むのは好きですが、斎藤氏が言うように、コミュニケーションに役立てようとか、
    読むと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月04日

    リクルートの社員目線から就活を読み解いた本。

    『自分を偽って受かる』小手先のテクニックではなくて『企業が求める人材』になるために何をするべきかが、筆者の教え子の実例を交えて解説されています。

    就活というシステムに対する批判は多いけど、会社と学生のマッチングを行う上で、合理的なシステムなのだと本書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月13日

    現在の就職活動には歪みが生じており、それは関係者たちの認識や取り組みがずれていることに起因しているという「本当の話」と、就活する側は、その状況を「突き抜ける就活トレーニング」によって打破できることを説く本。トレーニングのエッセンスは「突き抜ける経験をせよ」と「論理的・構造的にまとめ、書く・話せるよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月14日

    タイトルからもっと過激な内容を期待したが、極めてまともと言うか。
    まあ、就職活動はまともじゃないといけないとも言える。
    キャリアセンターや就職塾などというところが学生にしているおかしな指導というのは、私もそう思う。
    ハウツー本でもないので、これを読んで変われる学生も居ないだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています