いつか甘く融ける恋【電子特典イラスト付】

いつか甘く融ける恋【電子特典イラスト付】

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

T大学工学研究科鹿島研究室に助教として勤める足立一海。終わりのない激務と同僚のいやがらせで精神が疲弊していた矢先、研究室にひとりの男がアシスタントとしてやってきた――優秀なその男・嘉瀬侑一郎に同じ研究者として憧れを抱く一海。さりげない優しさと朗らかな笑顔に惹かれる気持ちを止められない。でも嘉瀬にはなにやら秘密がありそうで……? 2013年フルール新人賞佳作受賞、期待の新人が堂々デビュー!

カテゴリ
BL
ジャンル
BL小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
フルール文庫 ブルーライン
電子版発売日
2014年03月14日
サイズ(目安)
11MB

いつか甘く融ける恋【電子特典イラスト付】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年06月08日

    淡路水センセの新人賞受賞&デビュー作品ということで読んでみました。
    大学の研究室を舞台にした研究者×研究者の理系ラブ。
    日々激務に追われ同僚からのイジメに耐え忍び、心身共に疲労困憊していた助教の一海の元に、優秀なアシスタントとして嘉瀬がやってきます。嘉瀬はまさに姫を救う白馬の王子そのものでしたね。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月05日

    フルールの新人さんのデビュー本。最初は本っ当に良かった!主人公が攻と出会うことにより、置かれた苦境から少しずつ脱出していくところとか、すごく説得力があって主人公に感情移入できるいい導入だった。恋愛面も同性に惹かれていく戸惑いがありつつも、気が付いたら好きになっていたというところまで自然で、ワクワクし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月13日

    前半はちょっと萌え要素が少ないのか?乗り切れなかったんだけれど、徐々に面白くなっていって楽しめました。 新人様ということなんですが、中身もすごく丁寧に書かれているし、心情も丁寧に書かれているので、 すごく楽しめました。 なんせ実験に関してもすごく詳しくっていうか丁寧にかいてるんですよねぇ。 そしてと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月16日

    ★3・3
    表紙とあらすじに惹かれ購入。
    研究者同士ってそんな読んだことないから新鮮だった。それになんかタイムリー(笑)同僚に嫌がらせされても健気に頑張ってる一海がいじらしくて可愛かった~。地味で控え目な子は萌えツボwお話的には王道な感じでよくある展開だったかな~。攻め視点のお話もあったから、お互いの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年04月20日

    内容(「BOOK」データベースより)

    T大学の研究室に助教として勤める足立一海。終わりのない激務と同僚のいやがらせで精神が疲弊していた矢先、研究室にひとりの男がアシスタントとしてやってきた―優秀なその男・嘉瀬侑一郎に同じ研究者として憧れを抱く一海。さりげない優しさと朗らかな笑顔に惹かれる気持ちを止...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月03日

    評価 ☆3.5
    大学研究室に大手企業を辞めてアシスタントとして新しく来た年上眼鏡の優しく出来る男嘉瀬と、他大学出身でポスドクや事務秘書からのイジメにあっているが学生からは慕われている華奢で真面目で研究熱心な助教の足立。

    チクチクといじめられている一海(足立)の姿は見たくないですね。いじめは小説内で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月05日

    作者デビュー作品。
    電書で発表されていたものが文庫化。
    絵が付くと雰囲気が変わって楽しめました。

    研究者同士の話。

    乞われて出身大学ではない研究室に入った足立だが研究室での居心地は悪かった。同僚からそれと分かるいじめがあったり、秘書からもきつく当たられたり。
    そこへ、新しく助手が入ってくることに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています