一生お金に困らない「華僑」の思考法則

一生お金に困らない「華僑」の思考法則

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大物華僑のもとで超実戦的な修行を積み、独立初年度から年商1億円を稼ぎ出した著者が、自らが実践し、成果を出した「華僑の思考法則」を紹介。
「スケジュールは常に空けておく」「“借り”をたくさん作る」「ペットは好きでなくても飼う」など、日本人には不可解な華僑の常識。しかし、この思考や行動の由来をひも解くと、儲けにつながる法則が見えてきます。門外不出といわれる華僑流の考え方を、お金、仕事術、時間の使い方、コミュニケーション法、人脈術に分けて解説します。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日本実業出版社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年06月20日
紙の本の発売
2013年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

一生お金に困らない「華僑」の思考法則 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    海外に住む中国人を「華僑」と呼びます。
    その華僑を師匠として弟子入りし、仕事の進め方、人付き合い、お金に対する考え方を学んだそうです!

    大きな収入を得て成功している著者ですが
    将来に不安がない理由は「信頼できる仲間がいること」♪

    やはり、いちばんの資産は人です。
    信頼できる人達、仲間がいればどん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月27日

    華僑が豊かになり続ける理由がはっきりくっきりわかりました。そして何より、自分の日常生活に活かせることばかり。
    師匠にくらいつく、仲間の財布を自分の財布のようにとらえる、など経営の本質についてわかりやすく書いてある良著です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    華僑の人たちがどうやって経済を動かしているのかを学べる一冊♪
    知ると知らないでは、大きな差になります!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月17日

    華僑の方々のビジネス感覚が伺い知れて興味深かった。家族を大事にする、ペットは可愛がっていなくツール、食事に時間をかける、お金を他人の財布で増やす発想、自分には節制。なかでも、why?ではなく、how?は勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月15日

    特に印象に残ったものを挙げます。
    大事な人を決め、その人中心のスケジュールとする。
    相手に反応しないことで相手は動く。
    問う時はなぜではなくどのように。
    嫌いな人は自分にないものを持っている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月28日

    華僑の生き方。とてもシンプルだけど、人を大事にすること。自分のプライドではなく、周りのメンツを大事にする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月23日

    ユダヤの教えに比べて華僑の教えについて書かれたものは少ない(と思う)。
    異文化の人々の考えを学ぶのは為になるし、参考にもなる。
    仕事 コミュニケーション お金 時間。
    参考にさせていただきます。

    ビジネスがらみで迷ったら絶対買え。
    嗜好品は一回でも迷ったら絶対買うな。

    気に入りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月03日

    【矛盾】
    華僑の世界は矛盾に満ちています。
    2つの軸をもっているから矛盾ではないという考えですが、これは理解しづらいです。相反する基準をもっているため、判断基準が場合により変わります。
    基準の変わる分岐点があるはずです。そのラインを超えると、こちらの基準に変わるというような感じで、境界線があるはずで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています