システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識

システムはなぜダウンするのか 知っておきたいシステム障害、信頼性の基礎知識

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

銀行ATM停止、座席予約不能、株の誤発注――原因とメカニズムを徹底解説!
24時間利用できて当たり前、正常稼働して当然。社会インフラとして便利な世の中を支えている企業や官公庁の情報システムが、ひとたびダウンすると大きなトラブルを生みます。多くの情報システムのトラブル事例を追ってきた日経コンピュータ誌の記者が、過去10年間に発生したダウン事例を冷静な視点で分析。システムを正常稼働させる技術とダウンの原因を、多くの実例を交えながら体系だって解説します。

特徴1:「ダウン」という切り口から見る信頼性のしくみ
情報システムは、例外的な状況も想定して正常に動くためにさまざまな技術を取り入れ、運用ルールにもとづいて利用しています。しかしそうした技術や工夫を施し、テストを繰り返しても、システム・ダウンは起きています。本書では、まず、正常稼働のための
基本的技術や運用方法を説明し、続いて、そうした技術があるにもかかわらず、実際に起きたダウン事例を取り上げて、現実にどの部分にダウンの要因が潜んでいたかを見ていきます。

特徴2:システム・ダウンの原因を4つに分類し解説!
システム・ダウンの原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいることもありますが、突きつめると1つの原因にたどり着きます。本書では、「ソフトウエアの不具合」「性能・容量不足」「設定・操作ミス」「不慮の事故」の4つに分類し、根本原因がどういう不具合を次々に引き起こしダウンにつながっていたか、複雑に絡みあう原因をひも解いてきます。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
312ページ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
22MB

    Posted by ブクログ 2014年03月16日

    「システムは正常に動いて当たり前」だけど、その当たり前を阻害する要因は本当に様々である。

    その要因や対処法が手堅くまとめられており、ネットワーク技術者、およびネットワークサービスを提供する立場にある人は必携。


    基本書というだけあり、これから何回も読み直すことになると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    システム基盤の構築や運用に携わって、(今現在)8年になります。後輩や協力会社の育成が課題です。自分自身が作業自体になかなか関われないため、ほぼ未経験の担当者に手取り足取り指導できない状況にあります。そんな中、経験なり知識を少しでも身につけさせるための副読本を探しており、この本を見つけました。

    内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    過去のシステム障害の事例を元に、
    技術的なミス、人為的ミス等、
    色々なパターンで障害が発生することを教えてくれます。

    この本を読めば、
    高度なシステムでも絶対と言う言葉は無く、
    システム障害は、起こるべくして起こっていると言うことがわかると思います。

    システムエンジニアを目指す人は、
    これからど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月03日

    記述は基本レベルが丁寧に書かれている。これをベースにアンチパターンとか実装例とかで勉強会やったら新人教育に(自分にも)よい感じ。情報システムの品質保証とかテストをやっている人も読んでおいてほしいな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    システムのダウンする経緯、原因を
    企業名を伏せたままで現実の話をたくさん
    載せている。
    システム管理者が自分の経験を増やすのに最適!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月12日

    耳が痛い。ここに出てきているクラスの障害が発生した現場を想像すると吐き気を催す… 辛かっただろうな、ここの方たち。
    今のお客さんの状況と照らし合わせるに、安易なWinやパッケージソフトの採用がシステムを複雑にし、切り分けを困難にしているのは自明。
    しかし、この状況に対する対策や提言がないのは少しさみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月24日

    システムダウンの要因について,ソフトウェアのバグ,パラメータ設定ミス,人的操作ミスなどカテゴリー化してあり,それぞれのカテゴリーについて原因と対策について述べてある.具体例を交えながらの解説なので,実際にイメージをつかみやすい.また比較的平易な言葉で書かれており,新米SEにも読み進めやすいと思われる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月03日

    私は社内SEを初めて1年ちょっとの新米SEですが、社内で使うシステムやプログラムを作るようになり、システムを作る際にダウンのことまで考える必要性を感じて読んでみました。

    まだシステムのことやプログラミングの知識は少ない私ですが、非常に分かりやすく、楽しく最後まで読めました。
    一口にダウンと言っても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月18日

    私も一応管理者みたいなことをやってるので、「システムダウン」なんてあまり嬉しくない事態だが、それでも起こる、そして起きてほしくない時に限って起こる。 この本では、ダウンの原因を、ソフトウェアの不具合、性能・容量不足、設定操作ミス、不慮の事故、の4つに切り分けて、それぞれの事例を分析している。 もちろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月11日

    ダウンしない完全なシステムはない、と繰り返し訴えつつ、様々な障害事例が紹介されています。保守エンジニアは共感できる部分が沢山ありそうですよ。

    しかし、よくもまあここまで障害事例を集めたなあ、と関心します。素晴らしい。これまで自分が味わった障害はほとんど網羅されてるんじゃないかな、とさえ思う。
    20...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています