現在、日本のトライアスロン人口は20万人を超え、レース数も250大会を数えています。とくに、ここ数年はブームと呼べるほどの爆発的な広がりを見せています。トライアスロンは、スイム、バイク、ランという3種目を連続して行ないます。一般的にハードなスポーツでは、体力がピークに達する10代後半~20代がもっとも高いパフォーマンスを発揮しますが、トライアスロンの場合は、30代以降のビジネスパーソンたちが中心です。それはなぜなのか?見えてきたのは「トライアスロン≒ビジネス」というキーワードです。30代~50代は社会人としてもビジネスパーソンとしても脂が乗っている時期です。公私ともに忙しくなる彼らがなぜトライアスロンに夢中になるかというと、それはトライアスロンとビジネスに共通項が多いからです。3~4年前から、僕の知人のエグゼクティブたちの間でもトライアスロンを始める人が増えてきました。トライアスロンを始めたエグゼクティブたちを見ていると、これまでのライフスタイルが激変して健康的になったり、ビジネス面にも私生活にもプラスになって人生の幅が広がった人がたくさんいます。僕自身も「アスロニア」という会社を経営するなかで、ビジネスとトライアスロンとの関わりを肌で感じるようになりました。そこで自ら得た経験とエグゼクティブトライアスリートたちとの会話がきっかけとなり、トライアスロンとビジネスの関係をひも解く本を書きたいと思うようになりました。こうして生まれたのがこの本です。日本では、トライアスロンは一部のマニアが楽しむ「お金持ちのスポーツ」という誤解があります。けれど、本当はマラソンと同じような市民スポーツですし、OLさんもいれば公務員もいます。(中略)トライアスロンは誰でも手軽にトライできる垣根の低いスポーツなのです。トライアスロンにはビジネスを加速する力があります。身体も劇的に変わりますし、日々の生活も人生も変わります。この本を通じて一人でも多くの方がトライアスロンに興味を持ち、新しい人生の扉を開くきっかけになれば幸いです。―――本文より

ジャンル
出版社
マガジンハウス
ページ数
222ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2013年06月09日

トライアスロンをすると、どんな効用があるのか。その練習方法や、トライアスロンに取り組んでいる方の体験記やアドバイスが詳しく書かれていて、とてもわかりやすい。体だけでなく精神的にも成長するスポーツだということがよくわかりました。

このレビューは参考になりましたか?

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2010年10月19日

この本は、かなりモチベーションが上がります。よく知っている起業家の皆さんがトライアスロンに挑戦している事に驚きました。

このレビューは参考になりましたか?

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2015年12月27日

トライアスロンをやる理由。

-ライバルは過去の自分。去年より1分でも早くなりたいそれがモチベーション。
-努力した分成長できるし、やった分成果もでる
→達成思考の人にはたまらない快感
-自然を肌で感じ、感覚が研ぎ澄まされていく感じ。ストレス解消、リフレッシュにもつながる。
-メンタルが強化され...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2012年10月19日

著者の交友関係がわかり、トライアスロンの指南だけでは無く、ポジティブな生き方を教えてくれる本、のような気がした。

このレビューは参考になりましたか?

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2011年08月13日

著者はトライアスロンの第一人者である白戸太朗。トライアスロンの魅力を紹介するだけでなく、多くの経営者がなぜトライアスロンにひかれて、トライアスロンで「チャレンジ精神」、「セルフマネジメント能力」「ネットワーク」をはじめとする多くのものを得ているかも書いている。はじめようと思った。

このレビューは参考になりましたか?

仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

Posted by ブクログ 2010年09月22日

トライアスロンをやってみようかなー、と思わせる。経営者に人気があるのは戦略的なスポーツであるとともに、スキマ時間を有効に使って練習ができるからかと。ただ、トライアスロンは練習にも試合にもお金が掛かるので、収入的にも余裕がある人のスポーツなのかな。

このレビューは参考になりましたか?