午後3時の魔法(1)
  • 完結

午後3時の魔法(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

緑に囲まれた静かな診療所。そこには、訪れた患者の心を癒してくれる魔法がある。かつて特徴的な白髭のある老医者が存命中に雑木林の奥で開いていた医院には、今は誰もいないはず…なのだが、名も知れぬ白衣の天使が小鳥と共に時々現れるという。そして午後3時を告げる柱時計の鐘の音と共にお茶会が開かれるらしい――。慈愛に満ちた麗しい彼女は果たして何者なのか? 彼女の純真無垢な魂は一体どこへ行き着くのか?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
75MB

関連タグ:

午後3時の魔法(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    雰囲気がだいぶ好きです。
    皆の心の病を中和している主人公(?)が一番重症だったと。(意味不明)さくさくっと読める和む作品です。(2007.8.23)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ほんのちょっと、魔法があれば……」こう思った事はありませんか?人は何かを我慢して活きているもの。そんな痛みや苦しみを午後三時のお茶会で癒してみませんか?美しいナイチンゲールと共に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月02日

    全巻所持。中古で偶然発見した。夢と現の狭間にあると思われる古い病院に迷い込んだ悩める人たちの物語。不思議な話やほっとする話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    雑木林の奥にひっそり佇む、昔は医院だったらしい家。そこには不思議な看護婦さんがいて、人生に悩む人々を助けてくれます。……誰にだって悩みはあるのでして、でもほんの少しの事で楽になれる時はあるのです。

    このレビューは参考になりましたか?

午後3時の魔法 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 午後3時の魔法(1)
    完結
    660円(税込)
    緑に囲まれた静かな診療所。そこには、訪れた患者の心を癒してくれる魔法がある。かつて特徴的な白髭のある老医者が存命中に雑木林の奥で開いていた医院には、今は誰もいないはず…なのだが、名も知れぬ白衣の天使が小鳥と共に時々現れるという。そして午後3時を告げる柱時計の鐘の音と共にお茶会が開かれるらしい――。慈愛に満ちた麗しい彼女は果たして何者なのか? 彼女の純真無垢な魂は一体どこへ行き着く...
  • 午後3時の魔法(2)
    完結
    660円(税込)
    彼女は、天使の翼と魔法の手をもっている――。緑に囲まれた静かな診療所。そこには、訪れた患者の心を癒してくれる魔法がある。かつて特徴的な白髭のある老医者が存命中に雑木林の奥で開いていた医院には、今は誰もいないはず……なのだが、名も知れぬ白衣の天使が小鳥と共に時々現れるという。そして午後3時を告げる柱時計の鐘の音と共にお茶会が開かれるらしい――。
  • 午後3時の魔法(3)
    完結
    660円(税込)
    午後3時のあの部屋には魔法があると……、天使のようなナイチンゲールが言った……。緑に囲まれた静かな診療所。そこには、訪れた患者の心を癒してくれる魔法がある。かつて特徴的な白髭のある老医者が存命中に雑木林の奥で開いていた医院には、今は誰もいないはず……なのだが、名も知れぬ白衣の天使が小鳥と共に時々現れるという。そして午後3時を告げる柱時計の鐘の音と共にお茶会が開かれるらしい――。
  • 午後3時の魔法(4)
    完結
    660円(税込)
    緑に囲まれた静かな診療所。そこには、訪れた患者の心を癒してくれる魔法がある。かつて特徴的な白髭のある老医者が存命中に雑木林の奥で開いていた医院には、今は誰もいないはず……なのだが、名も知れぬ白衣の天使が小鳥と共に時々現れるという。そして午後3時を告げる柱時計の鐘の音と共にお茶会が開かれるらしい――。誰かが微笑(わら)ってくれるだけで幸せ。幸福な時間、午後3時のお茶会をありがとう。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています