黒嶺の生活に慣れ始めた頃、突然現われた芦琉の側室候補・澪良に、複雑な思いの緋奈。そんな中、面会した紫洞の王子は深波にそっくりだった…! 二人の婚姻に緋奈が抱く不安を、芦琉は強く否定するが…!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2014年03月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

瑠璃の風に花は流れる 紫都の貴公子

Posted by ブクログ 2018年10月12日

側室候補と名乗って登場するもと王女であり海賊である澪良の登場で、複雑な気持ちを味わいながら、緋奈が芦琉へのいとしい気持ちを確かめていく感じは何とも素敵♪
相変わらず芦琉含めて、3人組はかっこいい♪
わくわくしながら読み進めた。
芦琉の弟との出会いで緋奈の弟がどう変わっていくかも楽しみ!

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 紫都の貴公子

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月08日

シリーズ2巻目。さくっと読めました。

新たなキャラとして、芦琉の弟颯琉と元海賊の澪良が出てきました。どちらも緋奈に非友好的な態度です。また、前巻で緋奈を裏切った深波が紫洞の王子として現れました。

なんか緋奈のグチグチと後ろ向きな性格と勝手な判断での無謀な行動が馴染めません。芦琉の性格は一本筋が通...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

瑠璃の風に花は流れる 紫都の貴公子

Posted by ブクログ 2006年11月27日

王道の展開なので、気を張らずに読める。まさにライトノベル。激しく愛されるのもいいよね〜、と年甲斐もなく思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?