本所深川(ほんじょふかがわ)の薬種(やくしゅ)問屋つばめやの次男坊・仙次は、店にも出ず遊び暮らす極楽とんぼ。怪しげな事件に首をつっこんでは、瓦版にして売り歩く変わり者だ。そんな仙次のもとに「死人を蘇らせる拝み屋がいる」というネタが飛びこむ。さえない小男で、そんな力があるとは思えないのだが……。真相を探る仙次と幼馴染みの剣士・梶之進(かじのしん)は、とんでもない事件に巻きこまれてゆく!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • つばめや仙次 ふしぎ瓦版
    通常版 1巻 507円(税込)
    本所深川(ほんじょふかがわ)の薬種(やくしゅ)問屋つばめやの次男坊・仙次は、店にも出ず遊び暮らす極楽とんぼ。怪しげな事件に首をつっこんでは、瓦版にして売り歩く変わり者だ。そんな仙次のもとに「死人...
  • 忘れ簪(かんざし)~つばめや仙次 ふしぎ瓦版~
    通常版 2巻 507円(税込)
    薬種(やくしゅ)問屋つばめやの次男坊・仙次は、ふしぎな事件に首をつっこんでは瓦版にして売り歩く変わり者だ。近ごろ、大川に人魚が出るという噂が流れ、川岸は釣り糸を垂らす野次馬(やじうま)だらけ。そ...

つばめや仙次 ふしぎ瓦版

Posted by ブクログ 2014年08月21日

猫ノ介が大活躍。ほんとにただの猫なのかな。梶ノ進の突き進み具合が可愛いのと鬼一じいさんのギャップが素敵です。子供が生き返る話。途中でからくりはわかりやすかったです。

このレビューは参考になりましたか?

つばめや仙次 ふしぎ瓦版

Posted by ブクログ 2011年08月13日

面白く読み終わりました。軽い感じで難なく読み終わる割には、登場人物の設定がしっかりしているし、魅力的だと思います。表紙のわりには怪しいものも出ず、まあ、人間が一番怪しいと言うことでしょうか。次作を読ませずにはおかないぞと言う終わり方。期待します。
一箇所、慣用句?の使い方、気になる部分があるのですが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

つばめや仙次 ふしぎ瓦版

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年07月22日

今まで読んだ高橋由太作品の中で、これが一番好きかも。
取り立てて目新しさはないものの、全体的に上手く纏まっていて、
続きが読みたい、と思わせる作品。妖は一匹足りとも現れず、「ふしぎ」を「謎」と捉えて物語が進んでいくところが、個人的には高ポイント。「妖」の出てこない、高橋由太作品をもっと読みたい、と思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?