カラスの常識

カラスの常識

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 921円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ゴミを荒らして困る、カアーカアーとうるさい、いきなり頭を攻撃された…カラスと人とのトラブルは耐えない。カラスと共存する道を探らなければ、人間も不幸だし、カラスも不幸である。想定外のことが起こると腹が立つ。何でこうなるのと思う。カラスの迷惑とはそんなものである。だから、まずカラスのことを知ってみよう。「カラスの常識」に則って行動しているカラスの立場に立ってみよう。山ではクマの知識が必要なように、現代ではカラスの知識が必要なのだ。カラスの立場に立って考える-それが、じつはカラスのみならず人が暮らしやすい社会をつくっていくのではないか。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
子どもの未来社
掲載誌・レーベル
寺子屋新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年03月14日
紙の本の発売
2007年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

カラスの常識 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    カラスはいいヤツ

    カラス大好き 2020年08月15日

    カラスの生態がよくわかります。人間という動物が どんなに身勝手なヤツかよくわかる本です。カラスはよく見ている、カラスが可愛くなる本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月27日

     「愛」を感じる本です。

     相手のことをもっともっと知りたい。相手の立場になって考えてあげたい。どんなに嫌われ者でもかばってあげたい。これって愛でしょ。

     カラス専門家といってよい著者の科学ジャーナリストは、愛らしくて、想像よりはるかに賢いこの黒い鳥を、本当にいとおしい眼差しで観察し生態を綴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    よかった。
    正しい論理展開だった。
    石原都政批判もきちんとしている。

    後ろアタマを蹴られる実験がすばらしい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月16日

    よくみる鳥なので何かとわかっているのか、と思っていたら、主食すら、「推定」。

    ただいろいろな未知の話は一杯入っていて、

    「カラスは見て餌を探す」(紙で多いをかけると探せない)
    「自分の巣の近く=テリトリーに入ってきたり、巣を除く行為をするとそれをした人間を見分け、正確に攻撃する」
    「ただし、人間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月15日

    2007年出版の本がなぜ、大量に平積みになっていたのかは
    不明だけれど、カラスが好きだから、思わず買ってしまった。

    ハシブトとハシボソがいるのは知っていたけれど、
    知らないことばかりだったなあ……


    この本は、カラスの研究書であり、
    著者が記しているように、
    「相手の立場に立って考える」ことを知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月18日

     わたしのカラス本コレクションに新しく加わった1冊.杉田昭栄氏や唐沢孝一氏などの諸々のカラス本と比べて,特段に新規で珍奇な新情報がたくさん追加されているというわけではないものの,この本は,カラスの都市伝説などに発する誤解を丁寧に丁寧に解いていくことに力を注いでいる.とても好感がもてる.
     そう,私達...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    庭にカラスが巣をかけて子育てまで始めてしまって、困らされたけど、ちょっと好きになってしまった。興味がわいて本まで買ってしまった。頭いい動物は面白い。でも適当に距離を置いて生活したい。その方がお互いのためです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    カラスはスカベンジャーとも言われる種類の鳥です。スカベンジャーとは、ゴミや死体などを食物として、自然界の掃除役を担う動物を表わす言葉なんだそうです。それが、たとえば東京に大集中して、ゴミをあらし、人生を謳歌して、どんどん増えていきもしました。著者は、それは、ルールを守らない人間によってカラスを招き入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています