仕事は味方

仕事は味方

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人は、誰もがダイヤの原石。きらりと光る何かを持ってる。
でも、原石は、自分ひとりでは輝けない。

何かが、磨いてくれないと、永遠に輝けない。
そんな原石をもっとも磨いてくれるのは、仕事。
だから、正面から仕事にぶつかっていこう、失敗しても、何度もぶつかっていこう。
そうするうちに、きっと、ダイヤは輝きだすから。
口コミで広がり、多くのビジネスパーソンに感動を与えた『戦わない経営』の著者が贈る待望の第二弾!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
かんき出版
ページ数
144ページ
電子版発売日
2014年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

仕事は味方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    成功とは幸福になるための手段であって目的ではない。

    仕事で遊ぶ

    仕事とは人に喜んでもらうこと

    生贄にささげる必要はない

    お客様は大切な親友

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月19日

    前著「戦わない経営」と同じスタイルでポエムのように、仕事で得られるものが並んでいる。
    ☆最高の報酬☆(の抜粋)
    「ありがとう」って言われるとき、
    「あてにしてるよ」って言われるとき、
    「任せるよ」って言われるとき、
    私たちは、最高の報酬をもらってる。
    ☆誰もが持っている世界一☆
    それは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦わない経営の著者の続編。
    ベンチャー支援を生業とする著者の活きたメッセージ。

    自分らしく人生を活きるための書です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    仕事って何だろう…と思ったらこの本だと思います。それぐらい、仕事の意味が簡潔に、しかし深く描写されています。仕事の意味を問う人にはオススメの一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大人は、「仕事」という自転車に乗って、世界を知る。




    本当の成功は、見失いやすい。
    本当の成功は、幸せになること。
    出世やお金や有名は、その目的のための手段でしかない。


    こうなったら幸せだなぁ、
    こうなったら不幸だなぁ、
    この反対の二つを考えることによって、
    自分らしい幸せの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    月曜日が憂鬱

    というひとと

    月曜日が楽しみ

    というひとの

    どっちに仕事を任せたいだろう




    働くということの原点に出会える本。
    啓発書ではなく、人はなぜ働くのか。
    どう働くことが生きていく上で幸せなのかを教えてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すぐに読めます。仕事に対する味方が変わります。
    確かに人生の大半を仕事に費やしているのに、仕事が嫌いではもったいない。
    どのように考えれば、仕事を楽しくできるか?仕事と幸せは繋がっているのか?
    そんな気づきを与えます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月18日

    確かに仕事から逃げるんじゃなくて、仕事に自分から近づいていったほうが、仕事と仲良しになって、仕事に助けてもらえたりもするよね。仕事は自分という原石を磨いてくれる大切な存在だと認識するだけで、明日からちょっと背筋が伸びそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ちょっと苦手。前回読んだ「戦わない経営」はよかったけど、こちらは少々苦手です。「戦わない経営」でも前半部分は詩的な表現でしたが、この作品では全部そんな感じです。この言葉が心に響くものもあるのだけど、今、それを期待していたわけではなかったので・・・・こちらの感性の問題かな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています