記録の中の殺人

記録の中の殺人

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「女子高生連続殺人事件」――201X年9月、5人の女子高生の遺体が埼玉県山中、産業廃棄物の投棄現場で発見された。被害者の共通点は、生年月日が全員同じだということ。それから4ヵ月後、またも女子高生の遺体が東京と埼玉の県境にある産廃の現場で見つかる。被害者は同じく5人。全裸の上、手足を切断されていた……。凶悪な犯行に世間は大パニック! 犯人の次なる狙いは!?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社ノベルス
ページ数
258ページ
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年12月30日

    石崎&ミリア&ユリのシリーズ。しつこいぐらいのボケツッコミの掛け合いと本格ミステリが融合した良作だと思います。ユーモアミステリとしてもっと評価されてほしいシリーズ。斉藤さんこわい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月22日

    ユリミリと石崎さん、いつも通りのメンツが織り成す
    ボケボケのミステリー。
    いくらなんでも、被害者のインフレな気もするけど
    ファンにはたまらない、お約束の展開に伏線の回収まで。

    安定してますね。大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月26日

    作者と同名のサラリーマン「石崎」と女子高生コンビ「ミリア&ユリ」シリーズの第7弾。相変わらずのノリで繰り返されるボケとツッコミが愉しい。連続殺人犯ミキサーの被害者をつなぐミッシングリンク、孤島での殺人の犯人の動機、別々に展開される2つの事件ともにホワイダニットものとしてなかなか良く出来ている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月13日

    「石崎」と「ミリア&ユリ」の女子高生コンビシリーズ
    最新作。今作は...やはり島での殺人事件に巻き込まれます。
    一応、本人達も今までの経験を考慮して、事件に
    巻き込まれないように対策を練ってるんですが...
    その対策がピントがズレまくりで、相変わらずの
    脱力ギャグは冴えています。このシリーズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月20日

    シリーズの7作目。女子高生コンビミリア&ユリ+会社員石崎さんは、相変わらずぼけまくった推理を披露しております。『首鳴き鬼の島』以降、作者さんの興味はDNA鑑定にあるのかな?違うテーマを扱ったミステリも読みたいんですけど。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年02月22日

    「ミリア&ユリ」シリーズ

    ≪あらすじ≫
    山中のコンテナ内に5人の女子高生の遺体が発見される×2
    被害者は全員左腕と左足が切断されていた。
    また被害者は全員生年月日が同じだった。

    その頃、女子高生「ミリア&ユリ&仁美」はシリアルキラーを回避するため、
    特別顧問・石崎と共に、仁美の友人・結花が住む島...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    このスピード感がたまらないです。
    女子高校生と石崎のお約束の掛け合い、楽しすぎる。
    「スカウター」とか出てきた日には嬉しくて思わず心の中で叫んでしまった。
    (この本で出てきたんだっけかな・・・汗。)
    元ネタがわからないとなんじゃこりゃだけど、
    まあ、それがわかんなくても、スピード感のある会話は最高に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月25日

    ミリア&ユリシリーズ6作目。
    「女子高生連続殺人事件」の犯人の狙いは何なのか?

    あれ、今回孤島のお約束は?と思っていたら行きました。孤島。
    そんなことどこにも書いてなかったけれど、孤島に行って閉じこめられて事件に遭遇。
    あれ?連続事件は?と思っていたら。殺人鬼登場。
    もやっとした状態で終わっていま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています