勝負心

勝負心

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

この20年、将棋界は“羽生善治”という巨星を中心に回ってきました。今、その巨星に劣らない輝きを放っているのがこの男。史上4人目の中学生棋士としてプロデビューし、弱冠20歳で棋界最高位「竜王」に上り詰め、そのまま5連覇して「初代永世竜王」の称号を得た渡辺明さんです。1970年前後生まれの“羽生世代”に、一回り以上年少の渡辺さんが単身渡り合っている、という状況がもう10年ほど続いています。7割近い通算勝率を誇り、唯一、羽生善治と五分の星を残している彼の強さの秘訣はどこにあるのか? 「ゲンは担がない。将棋に運やツキは関係ない。すべて実力」と言い切る渡辺さんが、人間同士が対峙する将棋という勝負の厳しさ、奥深さ、そしてその一見ドライなスタイルの裏に隠し持った勝負を制するために必要な心構えを惜しみなく語り尽くします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 囲碁・将棋
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2014年01月17日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

勝負心 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    棋士の頭の中

    あかり 2020年07月10日

    文章自体が読みやすく、内容もとても充実していました。
    渡辺三冠の人となり、棋士としての考えや心がけを知ることができました。
    過去の対局で考えていたこと、勉強方法など、棋士の頭の中を覗けたようで買って良かったと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月31日

    意外なほどに渡辺前竜王の殊勝な内面が垣間見えて良かった。
    羽生がいなければ記録の面ではもっとすごいものが残せたはずなんだけど自分を高めてくれる存在と考えるところがやはり非凡。

    竜王も失冠し、年齢も30になりこれからますます深みを増して行くだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月23日

    羽生論と言ってもいいほど分量が割かれてる。渡辺竜王の考え方も参考になり、素晴らしく面白い読みものであった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月22日

    渡辺竜王(当時)による本。
    2013年初版発行。

    羽生九段をとても意識してること、競馬が好きらしく、羽生と福永騎手の話がよく出てきて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月29日

    羽生さん以外の棋士の本を読むと羽生さんの凄さが分かる。渡辺さんは羽生世代以上と比べると(いい意味でも悪い意味でもなく)ドライな感じがする。ふと本の袖を見たら同じことが書いてあった。趣味:競馬というところは、(変な言い方だけれど)人間味を感じる。上の世代を考えると、そこまで将棋以外のことで打ち込むこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月26日

    現在の将棋界で、羽生さんに並び立つ存在であり、やがては羽生さんに取って代わる可能性もある渡辺竜王による勝負論。

    昔は盤外での駆け引きも将棋の一つという考え方がありましたが、渡辺さんはこれを全面否定し、将棋の実力が全てと言い切ります。実力をつけるために、全力で普段からの研究を怠らないこと。現代の将棋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    渡辺竜王の羽生さんデレがみられると言うことで。
    一章丸々割いての羽生さん絶賛はなかなか。

    なんとなくふてぶてしいイメージを持ってしまっていたけど、当然ながら他の棋士や将棋の持つ歴史にも配慮を持つ青年だったのね。

    感想書いてたら竜王失冠してしまいましたか……。
    でもこれからも当然応援したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    渡辺竜王の本はいくつか読んだが、これまでと違って、気負いのない自然な言葉がつづられている。

    とくに印象的なのは、羽生さんへの数々の言及。これまでは(仕方ないとは云え)羽生さんへのあえての無関心が往々に感じられた。文章だけではなく、もろもろの発言でも。ときにはやっかみや卑屈、不遜までも感じさせたかつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月10日

    羽生善治に挑戦する若きチャレンジャー。渡辺明。
    その本を読んでみたいと思って、読んだ。

    実に言葉の選び方が 平易で 平凡である。
    煌めく言葉が あまりないから、
    結構 手慣れた 芯の強い人なんでしょうね。
    羽生善治への あこがれ みたいなものが
    強く押し出されていて、
    あらためて 羽生善治と言う天...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月24日

    将棋界では一番気になる存在です。
    やはりというべきか、羽生さんについて
    触れている記述が多かった。

    棋士としての心構え、在り方、印象的な出来事などを
    章立てで書かれている構成で
    わりとあっさり。

    もう少しテーマを絞って、深堀する本も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春新書 の最新刊

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング