江戸・東京 下町の歳時記

江戸・東京 下町の歳時記

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

豊かな四季を持つ日本で、かつてわたしたちは時節ごとに旬や気候を取り入れた行事を楽しんできた。初詣の前にする「除夜詣」、煤払いの後で参加者の一番若い者を胴上げするしきたりなど、多くは忘れ去られてしまった行事を学びなおすことで、日々の暮らしがもっと生き生きと豊かなものになり、四季を身近に感じることができるようになるだろう。本書では元旦から大晦日まで、日本人の中に根付いて行事、しきたり、衣食住等を豊富なエピソードとともに紹介する。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年01月17日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2018年10月11日

東京の下町の様子を話し言葉で語る。もう今では行われていない行事もたくさんあることだろう。だんだん風習が廃れていくのはさびしいな。このように文章に残しておくことだけでも大事だろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月25日

この手の本にありがちな、昔の良さを持ち上げて今の貧しさを叩くというような、不必要なまでの懐古主義を警戒しながらの読みはじめだった。
全編を通して筆者が幼少期から「粋」な江戸文化を楽しんだ様子が紹介されており、上記のようなことはさほど気にならずに読むことができた。
今から実践できるようなネタも豊富で、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月25日

荒井文扇堂4代目社長が綴る江戸の歳時記。江戸文化を残す数十年前の話から梨園や落語会の話まで、軽妙な文体で楽しく読める。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月21日

荒井修 著「江戸・東京 下町の歳時記」、2010.12発行です。日本の行事・しきたり、衣食住などが紹介されています。行事やしきたりは旧暦がもとになってて、明治5年の暮れに改暦されているので、しっくりこないことが多いですね。例えば中秋の名月(十五夜)は旧暦8月15日の月ですが今は毎年日が変わりますね。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています