堕落論・日本文化私観 他22篇

堕落論・日本文化私観 他22篇

作者名 :
通常価格 928円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和21年4月に発表された「堕落論」によって、坂口安吾は一躍時代の寵児となった。処世術などクソ食らえ。自分にとって恥しくない内なる自己。他者などではない、この〈自己〉こそが一切の基準だ。それと戦い続けること。作家として生き抜く覚悟に貫かれた安吾の視線は、物事の本質にグサリと突き刺さる。(解説=七北数人)

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
406ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
XMDF

「堕落論・日本文化私観 他22篇」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月08日

甘ったるい偽善的な装飾を嫌い、徹底してものごとの奥底に光る「ホンモノ」を見つけ出そうとした文豪:坂口安吾。その格闘の軌跡。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月12日

短編小説の名手といえば、外国なら、
モーパッサン、チェーホフ、S・モーム、O・ヘンリー、ダール、ポー、
あたりがまず頭に浮かんできますね。
特に、ロアルド・ダールが大好きです。
ヒッチコック映画を観ているようでぞくぞくします。

日本で言えば、
森鴎外、永井荷風、芥川龍之介、志賀直哉、稲見一良、山本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月04日

集英社版の堕落論を読んで、非常に感銘を受けたので他のエッセイも読みたく思いこちらも読んだ。非常に面白く、新たな思想に触れて感銘を受けると同時に、数を重ねる事で彼の思想が立体的に浮き彫りになってきた気がする。非常に首尾一貫した、人間愛者だと感じた。ネガティブなイメージが先行してしまうのかもしれないが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月14日

安吾の作品について語ろうとすると、どうしても安吾について語ることになってしまう。
私にとって、こういう作家はほかにいない。

安吾の文章は、安吾の血肉なのではないかと思ってしまう。
そう思うくらい、私は彼と彼の作品を区別できない。


「文学のふるさと」「日本文化私観」が好き。
ドライアイス工場を美...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月02日

坂口安吾は戦中~戦後にかけてユニークな日本国家論を提起した。

 「日本文化私観」では、日本文化とは伝統的建造物などではなく、そこにあった人、生活、風俗そのものが日本の文化であるとした。また、「我が人生観」でも文化というものは、過去にもとめるよりも、未来にもとめる建設の方が大切と説いている。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「坂口安吾」のこれもおすすめ

値引きあり
15 尾崎士郎 坂口安吾

15 尾崎士郎 坂口安吾

値引きあり
黒田如水

黒田如水

値引きあり
女体

女体

値引きあり
白痴

白痴

無料あり
安吾巷談 麻薬・自殺・宗教

安吾巷談 麻薬・自殺・宗教

  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定さんの印象

阿部定さんの印象

  • ブラウザ試し読み

無料あり
阿部定という女

阿部定という女

  • ブラウザ試し読み

無料あり
安吾の新日本地理 安吾・伊勢神宮にゆく

安吾の新日本地理 安吾・伊勢神宮にゆく

  • ブラウザ試し読み

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!