ネジと人工衛星  世界一の工場町を歩く

ネジと人工衛星 世界一の工場町を歩く

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 847円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍4,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

可住地面積当たりの工場密度日本一の東大阪市は、製品出荷額が1兆2898億円にのぼります。なかでも多くの中小企業が集まる高井田地域では、ネジ、バネ、パチンコ玉から新幹線、航空機、人工衛星の部品まで、多岐にわたる製品が生まれています。不況、後継者難、大手メーカーの海外移転、中国や東南アジア勢の猛追――様々な困難を乗り越えながら頑張る13社を訪ね歩きました。「よりよい製品を作ることで信頼を得る」「モノに自信があるから客に媚びない」、ここには、“ものづくり大国ニッポン”の原点があります。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2012年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ネジと人工衛星 世界一の工場町を歩く のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    もの造りをやってる人間に取って、非常に重要なコメントがてんこ盛り。

    同世代の方が多く登場されてるし、益々のご活躍を祈ります!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月19日

    高井田の町工場のおっちゃん達へのインタビュー。平成20年の統計では東大阪は工場の数は全国4位、密度では大田区の5割ましでダントツの1位。しかし全盛期の半分に減っている。
    紹介されているのはバネ、金型周り、金属加工などなど。
    生き残るための考え方は各社それぞれだが共通するのは、機械を買って来て機械任せ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月01日

    20121201 仕事ってなんだろう。技術立国日本、言葉では簡単、今の政治家に読んで感じて貰いたい。
    (´-`).。oO(

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月17日

    生まれ育ったのがこの地域の近隣だったのですが、そのことが自分の考え方や行動に大きく影響しているのだとはじめて気づきました。
    この本に登場する話は仕事の話しなんだけど、いわゆるビジネスの香りがまったくしない。
    最先端のテクノロジーほどそれを具現化できる職人を必要としているのが現実で、昔みたいな手の感覚...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月08日

    ≪目次≫
    第1章  信用
    第2章  技術
    第3章  矜持
    取材を終えて

    ≪内容≫
    聞き取りの名手、塩野米松が東大阪市の中小の工場主から、世界一の工場の実態を聞き取りしたもの。「安かろう不味かろう」の中国とは違い、機械に頼らず、人間の力で様々な部品を、工作機械を作り上げている人びとの姿が読み取れる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月09日

    日本最大の工場密集地(東大阪市・高井田)を丹念に取材し、大企業を支える町工場の現在を伝える。モノを造るとは単に機械に材料を流せば済む話ではない。図面の修正から切削に至るまで技術者の経験の蓄積に支えられている。経営・技術・歴史、13の物語。

    塩野さんは、やはり「聞き書き」の“名手”。「コピペ」の“名...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています