海の空 空の舟

海の空 空の舟

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

高台の神社からは廃墟と化した造船所が見える。喧噪と活気を失い、憧れの彼女もいない町で、中学生の辰雄は性のとば口にいる自分をもてあます。昔の祭りさながらに、渾身の力で引き上げた舟を海にすべらせた――少年の1日を活写した小説現代新人賞受賞の表題作をはじめ好編3作。(『雨を見たかい』を改題)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
267ページ
電子版発売日
2013年11月15日
サイズ(目安)
1MB

海の空 空の舟 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    大事件が起こったりするわけでなく、誰もがいつかは通りそうな1日が淡々と描かれているだけなのだが、何故か心に残る。情景描写が丁寧。どの話も最後に救いがあるのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月08日

    この人が書いた、ニライカナイの空でが物凄く好きで手に取った一冊。
    三編からなる短編集。
    うち二編は廃坑となった九州が舞台。

    ニライカナイを読んだ時の様なガツンとしたパンチ力はなかったものの、やはりこの人が書く文章が好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング