ニライカナイの空で
  • 値引き

ニライカナイの空で

作者名 :
値引き価格 299円 (272円+税) 1月31日まで
通常価格 726円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新一は12歳。父の破産で、東京からひとり九州の炭坑町に辿り着く。父の戦友野上源一郎に下手くそな丸坊主にされるが、息子の竹雄と心を通わせる。子どもでいられる最後の夏。自分たちでヨットを造り、玄界灘の無人島に行こう! どんなに心細い時でも少年はまっすぐ未来を見つめていた。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
324ページ
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2003年08月
サイズ(目安)
1MB

ニライカナイの空で のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月17日

    父の破産で東京から九州の炭鉱町へと預けられた少年の話です。

    抜群に良い!


    何でしょうか。言葉にするのが勿体ないくらい心を揺さぶられました。

    登場してくる腕白坊主や、かなり怖い雷親父も
    ちゃあんと色んな気持ちを理解してて
    本当の家族として受け入れてくれている。

    少し荒々しくはあるけれど、『男...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    東京から、九州の炭鉱町へ。12歳の新一は、暑くまぶしい夏をすごす。ヨットを作り、無人島へ!
    わくわくした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月30日

    少し荒々しい「ぼくのなつやすみ」という感じ。
    少年がひと夏で仲間と共に悩みながらも成長していくのがよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月19日

    ニライカナイの空で

    タイトルに惹かれて手に取った1冊。

    父親の破産で、東京から九州の炭坑町にひとり向かうことになった12歳の主人公。
    身を寄せた父親の戦友の家での生活は東京のそれとは全く異なり、
    生活や人との付き合い方に戸惑いながらも心を通わせることのできる友達と出会う。
    子供でいられる最後の年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    博多弁はすごくいい。うちの祖父が炭鉱で働いていたこともあって
    おもしろかった。
    博多弁の男はいかすばい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング