架空大海戦 - 武蔵と大和、最期の咆哮

架空大海戦 - 武蔵と大和、最期の咆哮

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

マリアナ沖海戦で大惨敗を喫した日本軍は「捷一号作戦」を発令。その中核を担い出撃した武蔵は、フィリピン近海で雷撃を受け無念の反転を余儀なくされる。しかし、懸命の修理で復活した武蔵は、通信機能を失い艦隊主力との連携を欠きながらも、群がる敵艦を蹴散らし、レイテ湾に突入! ――武蔵の凄絶な戦艦対決を描く「逆襲の武蔵」、護衛戦闘機隊を擁する大和の奮闘を語る「大和戦闘機隊始末」の二篇を収録。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
217ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

架空大海戦 - 武蔵と大和、最期の咆哮 のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月22日

    これはー
    川又千秋の文体特有の-
    "-"のつく行が随所に見られる。
    場面転換のときは目に留まってよいが、海戦のクライマックスのときはスピード感が少々失われる。
    いつもの川又氏の作風で、奇抜さがもう少しほしいところだが、それ以上のことは別の架空戦記作家さんに任せたほうがいいかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています