シャーロック・ホームズの事件簿

シャーロック・ホームズの事件簿

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

王冠のダイヤモンドが盗まれ、首相みずからがホームズのもとを訪ねる「マザリンの宝石」、赤ん坊の血を吸う(?)母親を相手にする「サセックスの吸血鬼」、若い女性に恋をした老教授の不思議な行動に端を発する「這う男」など12編。発表はみなドイル晩年のものだが、「ライオンのたてがみ」以外、事件はすべてホームズの引退前(1903年以前)に起きている。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シャーロック・ホームズの事件簿 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    ホームズ視点で語られる「白面の兵士」、「ライオンのたてがみ」。
    犯人の発砲により怪我を負ったワトスンにめずらしく取り乱すホームズが見られる「三人のガリデブ」。
    自分が襲われ大怪我を負いながらそれを利用して犯人を追いつめる「高名な依頼人」。
    「マザリンの宝石」のラストでホームズがする“悪ふざけ”は彼ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月02日

    『マザリンの宝石』

    『ソア橋の難問』

    『這う男』

    『サセックスの吸血鬼』

    『三人のガリデブ』

    『高名な依頼人』

    『三破風館』

    『白面の兵士』

    『ライオンのたてがみ』

    『隠居した画材屋』

    『ヴェールの下宿人』

    『ショスコム荘』

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ホームズ&ワトスンのキャラクターと二人の会話、それだけでも存分に楽しめます♪個人的には、全集の短編の中でこれが一番好きです(*´ー`)
    ホームズ最高っっ(*^m^*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    これでシャーロックホームズシリーズは完結になります。ユニークな事件が本作もあります!
    「白面の兵士」「ライオンのたてがみ」「ヴェールの下宿人」か好きです!!!
    名探偵コナンからシャーロックホームズに巡り会いました。これからも他の探偵小説を読んでいきます。

    あっぱれ!!名探偵!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    歌謡曲の名作「襟裳岬」の歌詞で、

    通りすぎた 夏のにおい
    想い出して なつかしいね

    という一節があります。

    若い頃から、詩がステキやなあ、と思っていたんですが。
    オジサンになるにつけ、この一節。
    特に、「通りすぎた 夏のにおい」というのは凄い日本語だなあ、と。

    北海道と沖縄の人には申し訳ない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月17日

    「マザリンの宝石」
    ワトソンが久々に訪れたベイカー街。ホームズは盗まれたマザリンの宝石を取り戻す為、犯人を追い詰めていた。

    「ソア橋の難問」
    家庭教師の女性に惚れた金鉱王ニール・ギブソンの妻が死んだ。容疑者は家庭教師の女性に違いないと思われたが、ホームズは…。

    「這う男」
    高名な教授の様子がおか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月12日

    本書はホームズシリーズの短編集になる。
    いずれも読み応えがあり、短編らしいスピード感を味わうことができる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月03日

    新訳シャーロック・ホームズ全集、第8段

    コナン・ドイルが最後に手がけたホームズの短編集

    ホームズ引退以前のものが大半であるが、ひとつだけ引退後も含む

    相変わらずのホームズの素敵さに惚れ惚れ

    そして、ワトソン視点ではない2作品によって、ワトソンの偉大さを感じさせられる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月16日

    久しぶりにホームズを拝読。「三人のガリデブ」がシリーズ中かなり好きなので楽しめました。あと「這う男」がホラーテイストがあり面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    王冠のダイヤモンドが盗まれ、首相みずからがホームズのもとを訪ねる「マザリンの宝石」赤ん坊の血を吸う(?)母親を相手にする「サセックスの吸血鬼」若い女性に恋をした老教授の不思議な行動に端を発する「這う男」など12編。
    発表はみなドイル晩年のものだが、「ライオンのたてがみ」以外、事件はすべてホームズの引...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

四つの署名

四つの署名

無料あり
踊る人形

踊る人形

  • ブラウザ試し読み

無料あり
まだらのひも

まだらのひも

  • ブラウザ試し読み

無料あり
赤毛連盟

赤毛連盟

  • ブラウザ試し読み

無料あり
唇のねじれた男

唇のねじれた男

  • ブラウザ試し読み

無料あり
グローリア・スコット号

グローリア・スコット号

  • ブラウザ試し読み

無料あり
蒼炎石

蒼炎石

  • ブラウザ試し読み

無料あり
土色の顔

土色の顔

  • ブラウザ試し読み