放課後四重奏
  • 値引き

放課後四重奏

作者名 :
値引き価格 330円 (300円+税) 2月25日まで
通常価格 660円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人間嫌いの高校生、灰堂青は寮を出て、旧校務員室に住む少年である。彼はある日、屋上から飛び降りようとする少女・菜花心月と出会う。「……見届けてくれますか?」 「断る、勝手にしろ」 「えっ!? あなたには、人の心というものがないんですか!?」 口論の末ふたりはプールへ落下。その一週間後。彼は長らく避けていた同好会に入ることを担任に強制されそうになる。そこで彼は、誰も近寄らない、ひとりだけの同好会を作ることに。しかし、その会室にいたのは……人体模型に告白する飛び降り少女!? 不器用すぎる少年少女たちが奏でる青春ラブコメ四重奏! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年10月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

放課後四重奏 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年11月11日

    屋上で洗濯物を取り込んでいたら
    飛び降り自殺をしようとしている少女を目撃.
    放置しようとしたが洗濯物が足りない.
    おいちょっと待てお前それ俺の服だろう何故人体模型に着せようとするうわやめろ破れたじゃないかクソ.

    そんな感じで.
    面白かったよ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    人間嫌いの高校生が一人だけの「SL会」という悩み相談を受ける同好会を作って活動する青春ラブコメラノベ。

    自分の苦手なラブコメで朴念仁の主人公というさらに苦手な組み合わせだったけど、この主人公は今までにないタイプだったので意外と楽しめました!
    ヒロイン達も、人体模型(ジェイムズ太郎)に話しかける娘と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年10月26日

    リアルに人間嫌いな灰堂が、しぶしぶつくった同好会に集まった気の合う仲間とわいわいやる話。端から見るとハーレム状態なのだけれど、灰堂のかっこよさがチャラく見せない。赤の他人が屋上から飛び降りて、下にプールがあるとは言え、一緒に飛び降りれる人間がどれだけいることか。飾らない言葉も、率直でいい。真顔で褒め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

放課後四重奏 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 放課後四重奏
    値引き
    330円(税込)
    人間嫌いの高校生、灰堂青は寮を出て、旧校務員室に住む少年である。彼はある日、屋上から飛び降りようとする少女・菜花心月と出会う。「……見届けてくれますか?」 「断る、勝手にしろ」 「えっ!? あなたには、人の心というものがないんですか!?」 口論の末ふたりはプールへ落下。その一週間後。彼は長らく避けていた同好会に入ることを担任に強制されそうになる。そこで彼は、誰も近寄らない、ひ...
  • 放課後四重奏2
    値引き
    335円(税込)
    「――この男がわたしの彼氏!」 新学期。灰堂の素の行動に、怒ったり、照れたりと、賑やかなSL会の日常。そんなある日、空上のいた水泳部の男子たちが、会室にやって来る。彼らは、空上に振られても、あきらめられない男たちだった。そんな彼らを説得するため、空上は灰堂を彼氏だと言い出す! その宣言に涙目の菜花、無表情で灰堂を見つめる草ヶ部……。空上の嘘を押し通すため、灰堂と空上はデートをす...
  • 放課後四重奏3
    値引き
    335円(税込)
    「だけど必ず、いつか、誰かだけが特別になる。……その人しか、見えなくなる……」 草ヶ部の告白から数週間後、SL会と峰は西京路に旅行に来ていた。にぎやかに西京路観光を楽しむ灰堂、菜花、草ヶ部、空上、峰だったが、時折、灰堂をめぐり、火花を散らす状況が増えていく。そんな中、うつむいている、ひとりの少女のことが、灰堂は気にかかっていた……。そして、灰堂は忘れていた過去の記憶をも思い出す。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています