興信所の調査員・宮本と美貌の東大生・加奈は、浪人生・昌史を東京芸大に受からせるため、センター試験で完璧なカンニングを実行する。しかし、それは罠だった。全てを失った彼等は、昌史の父親を巻き込んで、復讐のため十億円を賭けたポーカーの勝負に打って出る。入念なイカサマを仕掛けた四人は、決して負けるはずがなかったのだが――!?

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年09月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

Fake

Posted by ブクログ 2013年09月07日

細かい設定をいえば、現実味がなくあり得ない要素が多いです。
が、詐欺ゲーム・カジノで大金をかけて一攫千金!という大きなくくりではじめからみてしまうと、それ自体がすでに私たちの日常生活の中で現実味のない世界なのであまり気にならずに、ポーカーを全く知らない私でもハラハラ・ドキドキで楽しく読めました。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2012年05月05日

フェイク【fake】
1 にせもの。模造品。まやかし。
2 アメリカンフットボールで、意図しているプレーや動作を相手に見破られないように行う
  トリックプレー。
3 ジャズで、即興演奏すること。
yahoo!の辞書に載ってた。
ほんでこの本は、1と2(アメリカンフットボールじゃないけど)がかかって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2012年03月20日

終盤ポーカーの時のギャンブル論(確率がどうのとか)はよくわからんかったけど、最後の最後までどんで返しが続く展開は非常におもしろかったです。
敵をだますなら味方からってやつですね。

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2012年02月20日

結局いちばんしたたかだったのは、元区議会議員の西村だったんじゃなかろうか、と読み終わってから思った。
ただの爺さんだと侮っていたけど、やっぱりだてに長年政治家をやってたわけじゃないんだなと。
主人公の宮本と沢田は、似た者同士なのかもしれない。人を軽く見る、というあたりが。

コン・ゲームものは読み終...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2011年04月18日

斬新な展開で、最初から最後まで面白かったです。あまり期待して読み始めなかったこともあると思いますが、2010年度の読んだ本の中でベストです。これを読み終わった後に世間でカンニング事件があったのですが、ある意味、時代をさきがけしている小説になっています。スリルもあり、ドキドキしてよむことができました。

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2015年06月28日

最後の方はかなりハラハラしたー!
エンディングがちょっと無理あるかな?あとは少し長いことが難点かな。

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2014年05月28日

高校入試時に、表紙に惹かれて購入したものを再読。

タイトルの通り、「騙された」作品。
沢田の戦略もさることながら、最後にはどんでん返しが。
結構分厚い本ですが、次のページが気になるのですらすら読めちゃう。
主人公のちょっとあほ?なところも好きかな。

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2014年03月09日

まさにタイトルの通り裏の裏を書かれる話しです。なんか映画で言うオーシャンズ11みたいなお話。登場人物のキャラクターと人間ドラマも魅力です。

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2012年11月16日

コン・ゲームというジャンル名を初めて知った。自分は読んでいて見事に騙されてしまい、ラストのネタばらしでなんだかとても爽快な気分になった小説。
探偵が勉強の出来ない受験生をカンニングで合格させるという話から、ヤクザの手先とイカサマギャンブル対決をする話へと展開。途中冗長に感じるところもあったけど、ポー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Fake

Posted by ブクログ 2012年07月14日

コン・ゲームの面白さと、最後まで息をつかせない展開はささすが。登場人物の設定が意外な結末を引き出すコツですね。

このレビューは参考になりましたか?