このシリーズも16冊目ともなると、まるで読者の方々と身内のように深い信頼と愛情でつながっているような気がしてきます。なにがあっても離れない。暗号さえも、通じるのでは? 永遠の、友達でいましょう。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年10月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2010年01月25日

銀色さんの世界観にそっと触れることが出来ます。
お子さんとの距離や、いろんなおつきあい、
お仕事なども含め、作者の日常が満載です。

ものの考え方などは
私とは違うので
『こういう見方もあるんだ・・・!』と
思うところもあります。

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年12月01日

これも、昔から買ってるシリーズで・・・とりあえず、最新巻を。

いつも「女性が、自分の力で、ある程度の経済力を持つ」というのは、
ありそで無さそで・・・でもこの方は実践してるんだなぁという、
羨ましいような、でも私にも出来そうな、そんな気持ちになります。

(ていうか、元々男性に養ってもらうとか、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年11月26日

ぶらりとバスに乗りながらとか空いている時間に読むこの日記ほんとに癒される。
いままで全部読んできていて出るたびに楽しみにしている本の一つ

これということはないんだけどとても読みやすいし、なるほどこういう視点もありか?など押し付けがましくなく書いてあってよーい。

特に女性は年齢とかおしゃれとかの自...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年10月26日

待ってました!!やはり銀色さんのつれづれを読まなきゃはじまらない。
かんちゃんはどんどんわが道を行き・・さくちゃんはなんだかかわいそうな位、自己犠牲な子に・・同じ親から生まれてどうしてこう対照的に違うのかな~?なんて・・・銀色さんは詩もいいけど、毒気に満ちたエッセイも大好き!

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年06月30日

自分にはなかなかできそうにない生活態度を見ているとほあーっとなる。カーカをものすごい影から応援したい。

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2010年09月13日

小学生の頃から読んでるつれづれシリーズも、ついに、16巻。
14あたりから介護とか子育てとかが始まり、
あまり興味もひかれず読まなくなったけど、
今回はタイトルに惹かれ、久々に読んでみた。

うーん やっぱり面白い・・・。

銀色夏生さんの、どこまでもほりさげて考えてゆくところや、
人間関係について...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2010年07月03日

さくくんのことで引越しを考える銀色さんの落ち着かなさが伝染する。転校うまくいってよかったなー
カーカは人の意見を取り込んでないように見えるけど、やっぱり銀色節に育てられただけはあるんじゃないかなと思う。すっと銀色さんと(意見が合わなくても)会話が通じてる時などに。
どっちがどっちの父親の子か度々分か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年09月25日


銀色さんの日常がつれつ゛れなるままに書かれている。でも、何だかとても楽しい。

人生をこつこつと重ねていって、その後に見えるものは何だろうか。

これからも、追いかけます。

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年09月16日

つれづれシリーズは、全部読んでます。

影響受けやすいわたしは、つれづれを読んで物の考え方が変わった部分が多々あります。

このレビューは参考になりましたか?

決めないことに決めた つれづれノート(16)

Posted by ブクログ 2009年09月05日

家族と暮らすあんなことこんなこと。
息子の転校、娘の卒業をまじえて、あちこちいったり仕事したりな銀色さんの日常。
あれやらこれやら、テレビと現実と作ることと動くこと。
一日一日がふつうの日記。

このレビューは参考になりましたか?