深く傷ついている時でさえ、そこにほんのささやかな物が登場しただけで、女は生き返ることができる――。プロポーズの言葉とともに贈られたダイヤモンド。デビュタントの日にはじめて身に付けた真珠。遠く離れた恋人と同じ香りにつつまれ眠った夜。匂いや輝きで、あるいはその名前の響きで記憶に残る香水や宝石をモティーフに、大人の女性の輝きと悲しみを鮮やかに映し出した贅沢な恋愛小品集。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

香水物語

Posted by ブクログ 2014年02月21日

大好きだ。微かな香りがするような文章に酔った。おかげで香水狂いになった。今でも読むと、あの香りと共に当時の記憶が蘇る。

このレビューは参考になりましたか?

香水物語

Posted by ブクログ 2012年09月29日

【都会】と【大人の女】が‥森さんを話すうえで欠かせないワード‥
 
◆五感‥◆
見た目/触った感じ/味/声や音‥と来て‥↓↓↓
《薫り・匂い・香》を主題とした短編集‥
 
C五番・ディオリッシモ・ミツコ・C十九番・フルールドロカイユ・等など等など‥様々な香水をテーマにした素敵な〈大人の女の〉物語。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

香水物語

Posted by ブクログ 2009年10月08日

確か、この本だったと思いますが。。。。。。。
芸能人の間でも人気のあったらしい、森瑤子さんがつくる
オイルサーディン丼が出てきます。
短編小説がいくつかあったように記憶しています。

ほとんど恋愛小説など読まない私ですが、好きなタイプの本です。

このレビューは参考になりましたか?