荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟【帯カラーイラスト付】

荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟【帯カラーイラスト付】

作者名 :
通常価格 723円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【帯カラーイラスト付】アクション映画、恋愛映画、アニメ……取り上げたジャンルを問わぬ映画作品の数々には、その全てに、まさに荒木飛呂彦流の「サスペンスの法則」が潜んでいる。本書は、その一つひとつを徹底的に分析し、作品をまったく新しい視点から捉え直した映画論であり、エンターテイメント論である。『ジョジョの奇妙な冒険』を描かせたとも言える、荒木飛呂彦独特の創作術とは? 映画の大胆な分析を通じて、その秘密が明らかに!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年08月30日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB

「荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟...」のユーザーレビュー

購入済み

サスペンス!

mulkei 2013年09月26日

偏愛というと独善的な感じがしますが、本書は荒木氏流の「映画の見方」といえるんじゃないでしょうか?自分はこの映画をこう観る、というのを延々と熱く語っているわけですが、まったく押し付けがましくないところがいいです。マンガの参考にするために長年研究した成果ともいえるでしょう。
前作はホラーでしたが、本書...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月31日

紹介されてる映画でどれが見たいか長男にきいたら、『バタフライ・エフェクト』という。わたしの見たことないのがほとんどでしたが、ぼちぼち見てみたいです。わたしは『ヒート』が見てみたいかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月25日

 『ジョジョ』で御馴染の荒木飛呂彦。音楽も大好きだが映画・ドラマも大好きな著者の持論は、

       【エンターテイメントの基本は「サスペンス」にある。】

 【ホラー】をキーワードに映画を語った前作に続き、今度は【サスペンス】をキーワードに、著者が薦める映画の解説と【サスペンス】の魅力につい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月28日

"サスペンス映画賛歌の本。緊張感を持って観客を引き続けること=サスペンスと定義している。なので、恋愛映画でもサスペンスがあり、面白い映画はいっぱいある。
プロフェッショナルの出てくる映画の面白さにもふれている。私も共感するところ。職人の動作を見ているだけでも引き込まれる。この本には素晴らし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月17日

荒木飛呂彦が独特の視線で語る映画について。

ホラー映画の時もそうだったが、独特の視点なので勉強になった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!