天使と魔物のラストディナー

天使と魔物のラストディナー

作者名 :
通常価格 596円 (542円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

理不尽な犯罪で突然命を奪われ、悔しくて死にきれない人が、ときどき神様の気まぐれで、魔物(モンスター)として生まれ変わる。その一人である「復讐屋」のタケシは、無残に殺され生き返ってしまった魔物のために、復讐に燃える。犯人は、天使の微笑を持つ、残忍な連続殺人鬼アマノだった。「殺してあげた」というアマノの狂気を、なんとしても止めろ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天使と魔物のラストディナー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    良い!
    こういうのすごく良い!
    まさかのファンタジー!

    モンスターの捉え方が普通の人とはまるで違う。

    素敵な世界観です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    理不尽に命を奪われ人魚やフランケンシュタイン、ゾンビ等に生まれ変わった人たちが、吸血鬼の二人組と出会い復讐を遂げる。脳内でママと会話しながら手助けと称して殺人を繰り返す殺人鬼に依頼人を殺されたり、恨んでいない七歳の河童少年と出会ったり、心境が変化したり、軽快だった。狼男のゲイバーでの変貌も楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    理不尽な犯罪で突然命を奪われ、悔しくて死にきれない人が、ときどき神様の気まぐれで、魔物として生まれ変わる。その一人である「復讐屋」のタケシは、無残に殺され生き返ってしまった女のために、復讐に燃える。犯人は、天使の微笑を持つ、残忍な連続殺人鬼アマノだった。「殺してあげた」というアマノの狂気を、なんとし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月10日

    突然命を奪われる理不尽な犯罪がある。悔しくて死にきれない人のために神様がきまぐれを起こし、世にも珍やかな怪物を生み出す。地上に出れば人間の姿に戻るという摩訶不思議な設定。怪物たちは自分たちの存在を実感するため他者の復讐を手伝い続ける。しかるに心は一向に晴れない。人は人を殺し続ける。不幸の連鎖は永遠の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月24日

    もうちょいエグくてもよかったかな?

    土屋とタケシのアンバランスさはこぎみよくて、全体的に読みやすい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月19日

    ファストフード小説ね。
    ファストフード小説。

    軽くてそこそこおもしろいってやつ。これもそこそこおもしろかったよ。天野が出てくるまで、やけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月15日

    設定の荒唐無稽さ、大味具合は相変わらず。
    悪夢シリーズに続く、魔物シリーズといったところかね。

    ただ、今回はパロディ要素よりもシュールさがかなり強い。
    人間の心の動きがメイン。若干のハートフルサスペンスとでも言い表せるかな。

    これはこれで、悪くないが、やはり木下氏にはパロディ全開を期待。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています