※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

精子と卵子って何? 生理用品やコンドームをどう説明する? セックスは? 親なら避けては通れない子どもとの「性」のお話を、経験をもとにマンガで紹介。内田春菊流の自然体子育ては、性教育にも生きてます!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年07月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

マンガ日本性教育トーク

Posted by ブクログ 2012年04月14日

ご本人の特殊な経験に基づくフェミニズム的意見には、時々「ん?」ってなってましたが。
でも母になってから読み直せば、納得すること多々。
母が子供にする性教育の参考書には、いいと思います。
私は参考にしますね。

このレビューは参考になりましたか?

マンガ日本性教育トーク

Posted by ブクログ 2013年01月19日

内田節全開。
全開ではないものは読んだことありませんが。笑

どの程度、子に対して性を教えていくのが望ましいのかという議題。
内田さんは全てのことを包み隠さず教えるべきだという立場。
個人的には、親にも話せない秘密性というものが個人のエロティシズム嗜好を育てると考えているから、全てを包み隠さず教える...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

マンガ日本性教育トーク

Posted by ブクログ 2012年06月07日

予想だにしていなかった作者の過去・・・。

性教育どうこうよりそっちの方のインパクトが強すぎるw

女性寄りのお話がメインですが、だからこそ男性が読んでみるといいのかも。
全然知らない事なんかも勉強できて楽しい。


これくらいオープンに性について子供と話が出来るのが自分的には理想。

性について子...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?