野菜が壊れる

野菜が壊れる

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今世界の至るところで土壌に異変が起きている。経済発展を支えた石油産業が生み落とし、かつては夢の肥料として歓迎された化学肥料がもたらしたものは、実は自然の連鎖が破壊され、生産能力を失った農地。そこにさらに大量の化学肥料と農薬が投入された結果、見かけは美しくとも中身の壊れた野菜、疲弊する家畜、それらの加工食品が、食の安全と人々の健康を脅かしている。でも、まだ間に合う、今しかない。ほんものの農業と産物の復活のための、再生の道すじとは。【目次】はしがき/第一章 野菜が壊れていく/第二章 土の中のみごとな連携、それを壊すのは……/第三章 化学肥料はどこから来たか/第四章 そして動物たちが、食品が壊れた/第五章 まだ間に合う、いましかない/あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

野菜が壊れる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月06日

    野菜や家畜に今起きていること、何故そのようなことが起きてしまったのか、本来の農業のあるべき姿など、とても分かりやすく簡潔に書かれていて読みやすくためになった。
    われわれ人間が自分たちのエゴで、農薬や化学肥料、抗生物質などを使い生態系を壊しているのは本書を読むまでもない周知の事実だが、本書を読んで、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月22日

    全然知らなかった現場レベル、
    土レベルでの現状をつかむことができました。
    すごくいい本。
    新書やから専門的な知識がなくても読める。
    今農業会では、土の中では、
    何が起こっていて、それの何が問題であるか。
    端的に書かれていたと思います。
    これがスタート。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月30日

    まず、現在日本で広く行われている、大量に化学肥料・農薬を使用する「慣行農法」で育てられた野菜の栄養分の少なさ、土壌の破壊を述べられている。

    なぜ日本の農業はそうなってしまったのか?
    それは戦後外国に負けないように経済成長を目指したの国の政策や企業の利権など様々なものが複雑に絡み合ったからである。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月01日

    50年以上に亘ってのやむを得ない化学肥料の慣行化によって土壌が微生物が野菜が家畜が壊れた。今から有機肥料に切り替え

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月28日

    途中まではデータも用いた分析もされていていい感じなんだけど、最後の締めで肝心なところで論拠やデータがなくて残念な感じだった。この手の本は、色んな本を読んで総合的に判断する必要がある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング

野菜が壊れる に関連する特集・キャンペーン