小説 仮面ライダークウガ

小説 仮面ライダークウガ

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

グロンギ族と言う名の異形の者たちと、危険を顧みず戦った五代雄介が忽然と姿を消してから13年の月日が経った――。巷では、グロンギの噂が出ては消え、何事もなかったかのように時が流れていた。しかし、未だグロンギを追い続ける一条薫は、ネット上で白い戦士の書き込みを知り、五代の事を思い出していた・・・・・・。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社キャラクター文庫
シリーズ
仮面ライダーシリーズ
ページ数
288ページ
電子版発売日
2013年07月12日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

小説 仮面ライダークウガ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月01日

    或る程度知られた映像作品を“読み物化”する「ノベライズ」に対し、映画やテレビドラマと同じ題名を冠していても、劇中世界の後日談や、映像作品で描かれる以前の出来事を取り上げるというような「関連作品」というモノも在る。本作は後者の「関連作品」に該当する小説だ。
    『仮面ライダークウガ』の特撮ドラマでは、危険...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    この小説はTV版のクウガの後日譚なので、まずはそちらを見終わってから手に取る事をお勧めする。 
    んが、これに手をかける時点で見てない人なんていないかw

    五代雄介が、ン・ダグバ・ゼバを死闘の末に倒してから13年。
    当時の面々の現状の描写から始まるけど、その現状に驚いたり笑ったしながら読んでいると、す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    クウガの後日談

    レイジ 2017年08月14日

    クウガのキャラクターのその後が描かれた話です。クウガファンなら、昔ながらの親友と久しぶりに再会したような気分になれます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月12日

    「仮面ライダークウガ」の小説版。アレだけ綺麗に終わった作品なのに後日談とあって、どのように進行するのかとまったく想像できない思いだった。不安なほどだ。しかしふたを開けてみれば想像を超えてしっかりクウガであり、さすがは荒川さん自身が手掛けただけのことはあった。

    五代雄介という人物を最終回の展開、本編...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月26日

    クウガの世界をまた味わえると思わなかった。あの興奮が戻ってくる。一条さんがいたからこそのリアルやシリアスが味わえる。そしてクウガの登場には胸が熱くなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月09日

    全編に渡って、警察官としての一条さんの矜恃、五代の友人としての一条さんの思い遣り、そして一条さんを含めて変わりつつも変わらない五代雄介がいた場所にいた人々のやりとりが心地良い。
    やはりクウガはドラマだな、と感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月31日

    もっと 悲しい結末になってしまうのでは...?封印...? 色々考えて、読むのをためらったが読んで良かった。
    五代にとっては辛い日々ではあると思うが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月28日

    単なるテレビシリーズ終了後の後日談という訳ではなく、読み応えのある刑事ドラマとしても楽しめる一作です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    これみんなどういう感情で読んだんですか!?
    個人的には大感謝です。ありがとう荒川稔久氏。
    一条薫から五代雄介に対する感情がデカすぎることを、文章で直接に見せつけられるので最高です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月15日

    一条さんにも五代さんにも幸せになってもらいたい……。
    幼い頃のヒーローなんだ……。
    最後の瞬間に生まれて良かったと思えるような人生を歩んで欲しい……。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています