島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史

島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

その昔、琉球王国という独立国家だった沖縄。その歴史をはじめ、トリビア的な習慣、風俗をコラム風の軽いタッチで紹介。思わず「えっー?」と驚く習慣の数々。私達の知らないワンダーランド琉球・沖縄の素顔に迫る!※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2013年06月20日
紙の本の発売
2011年06月
サイズ(目安)
6MB

島人もびっくりオモシロ琉球・沖縄史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月09日

    2011/07/05:『目からウロコの琉球・沖縄史』の文庫版とのこと。削られている部分も多々ありますが、加筆されている部分もあり新鮮な感じで読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月23日

    日本と中国との国際関係の狭間で、埋没することなく、存在感を出しながら、現代に至る沖縄を優しく説明してくれる地域史的な入門書。

    普天間基地問題、沖縄料理、国内有数の観光地というステレオタイプな私の誤解や知識・教養不足を丁寧に説いてくれる。

    首里城の皇族達が、沖縄料理ではなく、外交儀礼として、日本食...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています