彼と人喰いの日常
  • 値引き

彼と人喰いの日常

作者名 :
値引き価格 324円 (295円+税) 2月25日まで
通常価格 649円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

突如高校生の神咲十夜とその幼馴染である来海立夏のクラスに転校してきてた謎の美少女、大神黒衣。じつはその正体こそ……… 『月に一度、人を一人喰わせてもらう。それがわしとの契約じゃ』 十夜がとあるきっかけで契約してしまった巨狼の妖───人喰いだった! 「大神さんは、十夜君とはどういう関係なんですか!?」「あら、婚約者ですけど何か?」 さらには、事情を知らずにヤキモキしている立夏にまでとんでもないことを言いだす始末。果たしてこの人喰いの目的とは? そして少年は契約に何を望む? これは彼と人喰いの“日常”の物語。『末長く、よろしく頼むぞ我が主』 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年06月14日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
4MB

彼と人喰いの日常 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月15日

    いじめにじっと耐える主人公の前に現れたのは
    人を食べてしまう妖。

    うっかり声に答えてはいけない、という
    分かりやすい状態です。
    とはいえ、ものすごく傍若無人にふるまったり
    何か困る事があるわけでもない相手、ですが。
    とはいえ、1か月に1人、というのは
    やれそうで選べない状態です。
    選ぶ気分もそうで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

    面白かったな.

    この,なんていうか救いのない展開とか非常に好み.
    過熱したいじめの暴行によって死にかけていたら
    頭の中に響く声「我と契約すれば助けよう」.
    というわけで助けを求めたらばその相手は人喰いの化物だった.
    そして彼女は契約の代償を求めてくる.

    その代償に苦悩したりなんだりしつつも代償を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

彼と人喰いの日常 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 彼と人喰いの日常
    値引き
    324円(税込)
    突如高校生の神咲十夜とその幼馴染である来海立夏のクラスに転校してきてた謎の美少女、大神黒衣。じつはその正体こそ……… 『月に一度、人を一人喰わせてもらう。それがわしとの契約じゃ』 十夜がとあるきっかけで契約してしまった巨狼の妖───人喰いだった! 「大神さんは、十夜君とはどういう関係なんですか!?」「あら、婚約者ですけど何か?」 さらには、事情を知らずにヤキモキしている立夏にまで...
  • 彼と人喰いの日常2
    値引き
    330円(税込)
    「あの……どなた様でしょうか?」「正義の味方様だ」 鮮やかな朱髪の女性はそう言うと、 ドン 迷わず十夜と黒衣に狙いを定めて対戦車ライフルをぶっぱなした! 女性の名は因幡朱音。田中と同じ退魔省の職員だというのだが……駆けつけた田中のおかげで事無きを得た十夜だったが、代償として連続殺人を行なっている妖刀の持ち主を探すことに。だがその容疑者は、「黒峰真白、一年生です」 十夜と同じ学校...
  • 彼と人喰いの日常3
    値引き
    330円(税込)
    「主も随分と慣れたものじゃのう、人を殺すことに……ケケケ」 美しき人喰い・黒衣との契約に従い、ついに四人目の生贄を捧げた十夜。徐々にこれが“日常”だと受け入れつつある自分に絶望する日々。そんな全てを諦めてしまったかのような少年に、それは何気なく、ごく当たり前のように飛び込んでくる―― 「十夜君おはよう」「立夏? なんで…………?」 そこには十夜との記憶を失ったはずの最愛の幼馴染・立夏...
  • 彼と人喰いの日常4
    値引き
    335円(税込)
    「お父さんも葵ちゃんも私のために殺してくれたんだよね、十夜君?」「っ!?」 立夏のため……という名目で、人喰いの黒衣と共に幾多の罪を犯し続けた十夜。しかしその一番知られたくない事実を、最愛の幼馴染、立夏は知っていた。さらに追い打ちをかけるかのように、殺したはずの葵までもが再びその姿を現す。だが――「主よ、これは現実じゃ」 混乱する十夜のそれを砕くように、黒衣の声が響き渡る。全て...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

彼と人喰いの日常 に関連する特集・キャンペーン