四巨頭会談 男好きの男と女好きの女と女だった男と男だった女

四巨頭会談 男好きの男と女好きの女と女だった男と男だった女

作者名 :
通常価格 1,131円 (1,048円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ゲイ、レズビアン、FtM、MtF......ちがうセクシャリティをもつ四人が集まって、性やら恋やら身体について、酒を飲みながら、お菓子を食べながら、のんべんだらりと語った対談集。
強い主義や主張をしない、「ふつう」に生きる彼らの、ラフでわかりやすいセクシャリティの話。
エッセイまんが12本も収録、対談部分もイラスト満載で読みやすい1冊です。

ジャンル
出版社
ブックマン社
ページ数
142ページ
電子版発売日
2013年05月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
31MB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2014年03月02日

下手にセクシャルマイノリティーの知人が多いだけに、この本のヘタレぶりはとっても衝撃的。こういう目からウロコは初めてかも。なんか人を見る目がいい意味で、大らかになり、いい意味で厳しくなった。それぞれのネタも具体的で、初めて性教育を受けた以上の衝撃。濃かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています