死者のいた場所

死者のいた場所

作者名 :
通常価格 1,152円 (1,048円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

餓死寸前の経験をもつ「ホームレス作家」が、餓死、孤独死、介護の果ての死などの現場を取材する。自分の家族の死の記憶と重ね合わせて現代の社会状況を映す体験的死生論。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
239ページ
電子版発売日
2013年04月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

死者のいた場所 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月20日

    餓死・孤独死・介護のそれぞれの現場へと
    出向いて実態があきらかにされている書です。

    街を彷徨したホームレス経験がある松井氏だからこその考え方に
    真実味があります。

    松井氏にはこの無縁社会のテーマで
    さらに書物を出版されることを希望致します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月17日

    孤独死問題の本。
    インタビューに同行する女性にもご事情があり、少子高齢化による孤独餓死貧困の根の深さが伺える。
    ありがちな提案などなくリアルな現実が提供されている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています