春は昔 ──徳川宗家に生まれて

春は昔 ──徳川宗家に生まれて

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

15代将軍・徳川慶喜の跡を継いだ家達を祖父に持ち、17代・家正の長女として生まれた著者による、自伝的エッセイ。若き日は、大使として世界各国に赴任した父に同行。音楽やスポーツが得意で、一躍社交界のスターに。会津松平家に嫁いだ後、家事と育児に追われ辛苦をなめるがくじけない。戦中は、御殿場で食べ物にも苦労する疎開生活。秩父宮、近衛文麿、栗林忠道などとの縁……。大正、昭和と激動の時代を生きた「お姫さま」中の「お姫さま」による心打つ回想記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
349ページ
電子版発売日
2013年03月29日
紙の本の発売
2012年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

春は昔 ──徳川宗家に生まれて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    ガイド仲間さんに勧められて購入。

    徳川15代将軍慶喜に代わって御三卿の田安家から突然徳川宗家を継ぐことになった16代当主徳川家達氏。筆者はそのお孫さんで、松平容保の孫と結婚、次男は徳川家を継いだ現18代当主恒孝氏。

    大正~昭和初期の少女時代の徳川宗家の暮らしぶり、外交官だった父と過ごした戦前のカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    著者は、徳川慶喜の曾孫で、会津・松平容保の孫に嫁いだ人物。1913(大正2)年生まれで、昭和30年代までを振り返る。
    父親が島津から妻を迎えたのは天璋院篤姫の主張に添った、とか明治・大正の話は興味深い。
    かつて(実家である徳川)家で使っていた言葉として、「追加する」ではなく「御加増する」と言っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    徳川宗家に生まれた筆者が子孫のために日記をまとめたもの。戦争などで徐々に庶民化していく話は元将軍家ということを考えると侘しさも感じる。また、逞しさも感じる。それでも戦中は庶民より良い生活を送っておられたことがよく分かる。女中がいて、御殿場に疎開して近所の人から食べ物をもらったり、近くに住む皇族にご挨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています