「天国」と「地獄」がよくわかる本 千年王国からヴァルハラ、八大地獄、タルタロスまで

「天国」と「地獄」がよくわかる本 千年王国からヴァルハラ、八大地獄、タルタロスまで

作者名 :
通常価格 589円 (536円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

誰しも一度は思い浮かべる、「人は死んだらどうなるのか?」という問いかけ。 この“人類永遠のテーマ”に答えるべく、多くの宗教や神話が生まれたと言っても過言ではない。 本書は、「神の都市国家:天上のエルサレム」「最下層の転生場所:八大地獄」など、古今東西の天国と地獄を美麗なイラストと共にやさしく解説。生きている今だからこそ覗いてみたい、“死後の世界”の数々。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年03月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
15MB

関連タグ:

「天国」と「地獄」がよくわかる本 千年王国からヴァルハラ、八大地獄、タルタロスまで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月22日

    「天国」と「地獄」の考え方も、宗教によっていろいろ考えがあるんだなあと。
    はっはー(゜Д゜)!の連続。

    「処女の妻が与えられる、男性にとっての天国 ジャンナ」

    とかはちょっと驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています