まとまらない言葉を生きる

まとまらない言葉を生きる

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

誰の人生も要約させない。あなたのも、わたしのも。

■推薦
「生きた心地」を求めていいんだ。
「ダメだ」の言葉に抗っていいんだ。
誰でも。言葉で。
――望月優大(「ニッポン複雑紀行」編集長)

強くて安全な言葉を使えば、
簡単に見落とすことができる。
だけど取り零された隙間に、
誰かが、自分が、いなかったか?
――はらだ有彩(『日本のヤバい女の子』著者)


■内容
偉い人が「責任」逃れをするために、「敵」を作り上げて憂さを晴らすために、誰かを「黙らせる」ために言葉が使われるようになったこの世界で、凝り固まった価値観を解きほぐし、肺の奥まで呼吸しやすくしてくれるような……そんな「言葉」との出会いは、まだ可能だろうか?

本書は、マイノリティの自己表現をテーマに研究を続ける文学者が、いま生きづらさを感じているあなたに、そして自らに向けて綴った、18のエッセイである。

障害者運動や反差別闘争の歴史の中で培われてきた「一言にまとまらない魅力をもった言葉たち」と「発言者たちの人生」をひとつひとつ紹介していくことを通して、この社会で今、何が壊されつつあるのか、人間としての尊厳をどのように守っていけるのかを考えていく。

■目次
まえがき 「言葉の壊れ」を悔しがる
第1話 正常に「狂う」こと
第2話 励ますことを諦めない
第3話 「希待」という態度
第4話 「負の感情」の処理費用
第5話 「地域」で生きたいわけじゃない
第6話 「相模原事件」が壊したもの
第7話 「お国の役」に立たなかった人
第8話 責任には「層」がある
第9話 「ムード」に消される声
第10話 一線を守る言葉
第11話 「心の病」の「そもそも論」
第12話 「生きた心地」が削られる
第13話 「生きるに遠慮が要るものか」
第14話 「黙らせ合い」の連鎖を断つ
第15話 「評価されようと思うなよ」
第16話 「川の字に寝るって言うんだね」
第17話 言葉が「文学」になるとき
終話 言葉に救われる、ということ
あとがき まとまらないを愛おしむ

■装画・挿絵
榎本紗香(しょうぶ学園)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
柏書房
電子版発売日
2021年05月13日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
2MB

まとまらない言葉を生きる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月28日

    障害者、ハンセン病や公害患者、女性、生活保護受給者などのマイノリティへの差別について社会学的文学的な立場から書かれた本。
    事実から統計を取り出したりはほぼしておらず、エッセイに近い印象。

    著者も『まとまらない』言葉たちをなんとか章に分けて書いていたが、全体を通してメインテーマは『壊されていく言葉』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月07日

    言葉ってなんだろう。

    人と話すことが多い仕事柄、色んな言葉に合う。

    丁寧な言葉、乱暴な言葉、稚拙な言葉。

    でも一つひとつが言葉なんだって思うと、良い言葉でなんだろうって思う。

    筆者が、「言葉が壊れてきたと思う」と主張しているが、同感だ。

    若者言葉等、色んな言葉が溢れ、時には目を背けたくなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    ☑︎心を病むのは抑圧に対する反逆として正常
    ☑︎「私」という小さな主語で考える
    ☑ ︎孤立しない・孤立させない
    ☑ 刻まれたおでんは、おでんじゃない
    ☑︎「正しい」「立派」「役に立つ」を疑う

    たくさんの素敵な言葉に出会えました!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

    ニュアンスて使いがちな「地域」とか、最近やたらと目につく「自己責任」とか「生きる価値」とか。これらの言葉の意味や使う人間の感情まで、丁寧に書いてくれている。日々の生活で自分一人ではそこまで考えが及ばないことを掘り下げて書いてくれていて、読んでいて「あーそうだよな」と納得したり、ドキッとさせられたりし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月12日

    私が「生きる意味」について、第三者から説明を求められる筋合いはありません。社会に対してそれを論証しなければならない義務も負っていません。

    「言葉」には「受け止める人」が必要だ。「声を上げる人」にも「耳を傾ける人」が必要だ。

    死だけが不可逆なのである。生きて肌に温もりが残るあいだは改善可能性が、希...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月04日

    障害者に寄り添って言葉を紡いでいる。何気ない言葉、善意からの言葉であっても、よく考えてみる。励ましの言葉の難しさ、自己責任の怖さなどエピソードを交えながらわかりやすく、考えさせられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月06日

    僕らはどこまでも言葉の内側で生きている。自らが発する言葉、浴びせられる言葉、その無限の総体が社会そのものであったり、自意識を再帰的に構成していく。見て見ぬフリをしている(したい)社会のあれこれに、言葉を持ってして正面から向かっていく著者の冒険の書。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています