時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2
  • 最新刊

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「す、好き? 好きって、え? 違うのよ。ちがうぅぅぅ~!」
「なぁ~にが『支える』だよ。あ゛ぁ~俺マジでキモイ痛い!」
 黄昏時の校庭での密事。
互いに煩悶するアーリャと政近であったが、二人はコンビを組んで会長選を戦い抜くことを約束する。
圧倒的なカリスマを誇る次期会長候補筆頭・周防有希との対決に向け、アーリャと政近は対策会議をはじめるのだが――
「さて・・・・・・じゃあ、会長選の話だが」「・・・・・・Круто」(ぬぐぅっ!)
ロシア語の甘い囁きにドキマギしてしまって!? 
罵倒してきたかと思えばデレてくる、美少女ロシアンJKとのニヤニヤ必至な青春ラブコメディ第2弾!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2021年07月30日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
7MB

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年08月17日

    新たなキャラが複数人登場した。どのキャラも個性的でそれぞれの魅力があり、普段から名前を覚えることが苦手な自分でも、一発で覚えてしまった。(イラストもとてもキレイで絵師目当てでも読む価値ありです!)
    一巻から引き続き、デレ要素も健在で思わず顔がニヤけてしまう。今後の展開もとても気になる。楽しみにしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月07日

    序盤の妹との掛け合いが笑える。この妹好きやわ、なんやったら妹をメインヒロインにしたスピンオフ出して欲しいぐらいやわ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    本当は星3つかもな歩4つ

    nanjyo 2021年07月31日

    物語の全体感としては好きな作風なんだけど、
    最後のディベート合戦のとこが弱過ぎたと言うかレベルが低過ぎた。
    ディベートなんだろうか?
    そこが大きなマイナスポイント。
    それ以外は、好みが大きく分かれそうな感じではあるけどギリ合格点な感じかと。
    やっぱりディベートの部分が勿体無い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    純粋

    YUM 2021年08月04日

    1巻、2巻を通しで見たが、思ってた100倍純粋なラブコメでかなり好みだった。そして毎回挿絵のロシア語を探すのが楽しみなのだがわっかりやすいくらいのLoveって感じだから簡単なのありがたい

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    (匿名) 2021年08月08日

    政近やアリサたちの生徒会のお話がメインです。また、家での妹との絡みやアリサとのデート(?)もあるので、いい感じにバランスが取れた内容になっているんじゃないでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん
    「И наменятоже обрати внимание」 「え、なに?」「別に? 『こいつホント馬鹿だわ』って言っただけ」「ロシア語で罵倒やめてくれる!?」 俺の隣の席に座る絶世の銀髪美少女、アーリャさんはフッと勝ち誇った笑みを浮かべていた。 ……だが、事実は違う。さっきのロシア語、彼女は「私のことかまってよ」と言っていたのだ! 実は俺、久瀬政近のロシア語リスニングはネイティブレベルなのである。 そんな事とは露知らず、今日も甘々なロシア語でデレてくるアーリャさんにニヤニヤが止まらない!?  全生徒憧れの的、超ハイスペックなロシアンJKとの青春ラブコメディ!
  • 時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん2
    「す、好き? 好きって、え? 違うのよ。ちがうぅぅぅ~!」 「なぁ~にが『支える』だよ。あ゛ぁ~俺マジでキモイ痛い!」  黄昏時の校庭での密事。 互いに煩悶するアーリャと政近であったが、二人はコンビを組んで会長選を戦い抜くことを約束する。 圧倒的なカリスマを誇る次期会長候補筆頭・周防有希との対決に向け、アーリャと政近は対策会議をはじめるのだが―― 「さて・・・・・・じゃあ、会長選の話だが」「・・・・・・Круто」(ぬぐぅっ!) ロシア語の甘い囁きにドキマギしてしまって!?  罵倒してきたかと思えばデレてくる、美少女ロシアンJKとのニヤニヤ必至な青春ラブコメディ第2弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています