TRANSIT49号 -地球の未来を考える- 美しき消えゆく世界への旅
  • 最新刊

TRANSIT49号 -地球の未来を考える- 美しき消えゆく世界への旅

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

青い海や珊瑚の島、輝く氷河、豊かな森林、稀少な動植物―――。
美しい風景を、気候変動や災害、汚染などから守り、
未来に引き継いでいくための旅へ。
【特集企画】
・火の森を追いかけて/オーストラリア
2019年、同国史上最悪の火災による森林の破壊と再生の物語。

・美しい海の星
写真家・高砂淳二が捉えた、慶良間諸島、モルディブ、ガラパゴス諸島などの青く輝く海。

・沈みゆく楽園/ツバル
海面上昇が深刻化する島々と、それらを守ろうと奮闘する人びと。

・動物たちのいるところ/ウガンダ
チンパンジーやゴリラ、バッファロー、ゾウなど、野生動物が暮らす場所。

・揺らぎながら生きる人びと/ノルウェー、カナダ、パナマ、セネガル
気候変動に関心を抱いたアメリカの写真家が、旅をして気づいたこと。

・野生の命を育む半島/北海道・知床

・山から海へ、水がめぐる島/鹿児島県・屋久島

・地球アラートMAP&年表
温暖化、人口増加、森林伐採など、人の手によって急速に変化する地球の姿。

・対談:関野吉晴×小野りりあん
グレート・ジャーニーで知られる探検家の関野吉晴さんと、モデル・環境活動家の小野りりあんさんが語るこれからのこと。

・地球再生へのレッスン
国際機関や条約の歴史、井上咲楽さんも夢中の昆虫食、ビル・ゲイツの未来構想など、さまざまな角度から環境を学ぶ。

・古代の生物と絶滅危惧種 生まれては消える生き物たち
かつて在した恐竜から、存続の危機にさらされている絶滅危惧動物まで。

・ジブリが描いた未来 
シンガーの寺尾紗穂さんと民俗学者の赤坂憲雄さんが、環境という視点でジブリ作品を紐解く。『もののけ姫』美術監督・山本二三さんの貴重な作品も一緒に。


【付録】
・付録1 屋久島ポスター by THE NORTH FACE
日本の国立公園全34カ所ガイドマップつき。

・付録2 オリジナルステッカー
西村ツチカ、小林一毅、YOSHIROTTEN、TOMASONによる4種!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
文芸誌
出版社
euphoria factory
電子版発売日
2020年09月17日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
200MB

新刊オート購入

TRANSIT49号 -地球の未来を考える- 美しき消えゆく世界への旅 のユーザーレビュー

レビューがありません。

TRANSIT のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • TRANSIT49号 -地球の未来を考える- 美しき消えゆく世界への旅
    青い海や珊瑚の島、輝く氷河、豊かな森林、稀少な動植物―――。 美しい風景を、気候変動や災害、汚染などから守り、 未来に引き継いでいくための旅へ。 【特集企画】 ・火の森を追いかけて/オーストラリア 2019年、同国史上最悪の火災による森林の破壊と再生の物語。 ・美しい海の星 写真家・高砂淳二が捉えた、慶良間諸島、モルディブ、ガラパゴス諸島などの青く輝く海。 ・沈みゆく楽園/ツバル 海面上...
  • TRANSIT37号 アイスランド 地球の神秘を探して
    北大西洋に浮かぶ絶海の孤島アイスランド。 そこは地球の神秘と温かな人間の営みに溢れる魅力的な国だった。 息をのむ絶景と柔らかな光満ちる夏のアイスランドへ。 【現地取材】 ・この惑星の詩 セスナに乗って地上200mから撮られた写真の数々が大地の息づかいを伝える。 ・大自然の小さきものたち/アークレイリ、フーサヴィーク 他 雄大な自然の中で生きる人間や動物、植物たちの営み。 ・アイスラン...
  • TRANSIT48号 文明はなぜ崩壊する? 美しき古代文明への旅
    数千年前から栄えては滅びを繰り返し、 さまざまな民族によって紡がれてきた文明の歴史。 人類の壮大な旅はこの先どこへ向かうのか。 【特集企画】 ・ファラオとヌビアをつなぐナイル川 時代に翻弄される、古代からナイル川流域に暮らす人びと。 ・再生のシルクロード 病を抱えたNYの写真家が訪れた中央アジア。 ・世界不思議5W1H with 佐藤健寿 モアイ、マチュピチュ、ペトラ……謎多き遺跡に迫る。 ・...
  • TRANSIT47号 バルトの光を探して/エストニア、ラトビア、リトアニア
    豊かな自然に寄り添った暮らし、古くから受け継がれる伝統工芸、中世の香りが色濃く残る街並みーーー。 TRANSIT47号では、おとぎの国のようでありながらどこか憂いをまとったエストニア、ラトビア、リトアニアを特集する。 「バルト三国」と一括りに称されることが多いが、似ているようで実は言語も人種も違う3つの国。 それぞれに輝く個性を、そしてそれぞれが目指す未来を見つけるために、ヨーロッパの...
  • TRANSIT46号 中国四千年の食をめぐる旅
    日本の約26倍の国土に約14億人、56の民族がひしめき、GDP世界第2位にまで成長した中国。 底なしとも思えるそのパワーの源は、食べることにあるのかもしれない!? 四千年をかけて育まれてきた豊かな食文化から、大国の歴史と今を紐解いていく。 【現地取材】 ・古都の追憶 西安、赤と白の香り 歴代13の王朝の都として栄えた街で、麺や餃子などの粉食と刺激的なラー油を堪能した旅。 ・小さな村の大きな胃...
  • TRANSIT45号 ロンドンの未来地図を旅する
    かつては大英帝国として多大な影響力を誇ったイギリス。 歴史と格式が重んじられる一方で、とくに首都ロンドンでは、体制に反抗するスピリットから独自の文化が生みだされてきた。 そんな世界屈指のカルチャー発信源の最新動向のほか、進化する王室のひみつ、そして注目のBrexitの動向など、ロンドンのこれからを形成するトピックを紐解いていく。 【現地取材】 ロンドナーの肖像/ミュージック・カルチャ...
  • TRANSIT44号 地球の未来を探して、砂漠へ
    【現地取材】 ・砂漠のうえを空中散歩 空の上から捉えた、世界中のあらゆる砂漠の神秘的な光景。 ・杏色の砂漠と赤土の少女/ナミビア 写真家・石塚元太良さんが、長年憧れていたナミブ砂漠を撮影。 ・サハラに吹く自由の風/モロッコ、チュニジア “自由の民”とよばれる遊牧民・ベルベル人に会いに、マグレブへ。 ・ゴビに生まれ、ゴビで生きる 大砂漠の小さな家/モンゴル 若手写真家・石田真澄さんが...
  • TRANSIT43号 ネパール
    “世界の屋根”といわれるヒマラヤ山脈を有するネパール。 インドと中国のはざまで、激動の歴史を歩んできた神秘の国を総力特集! 【現地取材】 ・エベレストを見上げて 登山初心者でも大自然を満喫できる、エベレスト街道を歩いた8日間。 ・母なるヒマラヤに寄せて ヒマラヤの8000m峰に挑みつづける写真家・石川直樹が見た母なる山とは。 ・祈りの街の素顔 バクタプル、カトマンズ、パタンなど、王朝時代...
  • TRANSIT42号 韓国・北朝鮮 近くて遠い国へ
    隣国であるがゆえに強く影響しあってきた「韓国」。 国交がなく、どこか謎に包まれている「北朝鮮」。 そんな朝鮮半島の2つの国を総力特集! 【現地取材】 ・半島の南、見つけた? 韓国の美しいもの(モッ:?)を見つけに、ソウルや釜山などいくつもの町を訪れる。 ・ 元気の素を探して キムチ、ビビンパッ、マッコリ……、韓国人の食の奥深さに触れる旅。 ・ ソウルの若者たち 新しいものを次々に生み出...
  • TRANSIT41号 ニューヨーク ニューヨークには夢がある!
    人種、お金、宗教、トランプ政権……さまざまな問題が渦巻く。 それでもやっぱり、ニューヨークには夢がある! 【現地取材】 ・ニューヨーカーの肖像 街行く人びとの原寸大のNYライフに迫る。 ・ 食都ニューヨーク 生まれるものと消えゆくものの間で 写真家・奥山由之とフードエッセイスト・平野紗季子がNYの食を巡る。 ・ 誇り高きアウトサイダーたち NYに生きる移民たちの姿と、それぞれの物語。 ・ ...
  • TRANSIT40号 ポルトガル この世界の西の果てで
    ユーラシア大陸の西の端に位置するポルトガル。 かつて世界を制した大国のノスタルジーと、 新たな魅力を「発見」する旅へ。 【現地取材】 ・ ポルトガルが奏でる風景 アズレージョや教会の天井画など、ポルトガルの日常に在る美しいものたちを切り取る。 ・ 最果ての潮騒 サーフィン天国のナザレや、最西端ロカ岬、サグレスなど、海岸線を巡るロードトリップ。 ・ ジョへ 歌とともにある人びと カンテ...
  • TRANSIT39号 今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園で
    TRANSIT(トランジット)39号 今こそ、キューバ 眠れるカリブの楽園へ(講談社MOOK)[ムック] 革命から60年経ったカリブの国、キューバ。 アフリカとラテンが混ざり合う特異な文化を保ちながら、 人びとは時が止まったようなコロニアルな街なみで生活している。 ヴェールにつつまれた社会主義国、キューバの今を見つめる旅。 【現地取材】 ・革命のゆくえ、みんなの幸せ 20年間キューバに通う写真家が...
  • TRANSIT38号 ベトナム 懐かしくて新しい国へ
    目まぐるしい変化の只中だけれど、 目の前にはいつか見たようなほっとする風景がある。 懐かしくて新しい、今しか会えないベトナムへ。 【現地取材】 ・ベトナムらしさはどこにある?/フエ、ホイアン、ホアルー、ハノイ 原風景を訪ねて古都へ。彼らの生き方を写真家・濱田英明が切り取る。 ・ベトナム夜想曲/ホーチミン ベトナムに残る「フランス」―作家・仏文学者である小野正嗣が、街を歩き人び...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています