ゴルフダイジェスト 2021年6月号
  • NEW
  • 最新刊

ゴルフダイジェスト 2021年6月号

通常価格 600円 (546円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ついにアジア人初のマスターズチャンピオンとなって日本のゴルフファンを沸かせた松山英樹。今号はその最新スウィング解説からスタートします。巻頭特集のテーマは「ぶ厚く当たる!プラス30Yのインパクト」です。女子プロたちがこぞって実践する飛ばしの秘密を徹底解説、これなら男子アマチュアもマネできますね。レッスンではほかにも「9番持ったらベタピンだ ショートアイアンで5打縮める!」「乗ったはいいけど…巨大グリーンのファーストパット」「レッスン・オブ・ザ・イヤー寺西明『一番やさしくて一番寄るアプローチ』」などを掲載します。綴じ込み編集企画の「『相関図』で解明!最新ドライバー ホントの性能」にもご注目ください。(紙雑誌と一部内容が違う場合があります。ご了承ください)

表紙
松山英樹 マスターズを制した“キレキレ”スウィング
目次
ぶ厚く当たる! プラス30Yのインパクト
レッスン・オブ・ザ・イヤー寺西明「一番やさしくて一番寄るアプローチ」
【クラチャンと回ろう】
【田村尚之「ゴルフに『運はつきもの。』」】
【頑固オヤジのクラブ工房】
【偏愛シャフト型録】グラファイトデザイン『G』
【迷わずコレでしょ! ギア図鑑】
セミカスタム化する純正シャフトの実力診断
【浦大輔「スウィングの常識を疑え」】
【イザワの法則 ゴルフの常識 ウソ? ホント?】
【松尾好員「こちら東灘区ギア研究所」】
【林家正蔵「曇りのち晴れ」】
【クラッシュイラストパズル&実践ゴルフ用語】
【マイクラブ マイギアを語ろう】金谷拓実
【見つけた! 道ラクツアラー】
【森田正光の月間天気予報「当たるも八卦当たらぬも八卦」】
【綴じ込み編集企画】「相関図」で解明!最新ドライバー ホントの性能
【片山晋呉「上達の玉手箱」】
【PGA TOURファン倶楽部】
【Tomo&Yukoの「アメリカ大陸ふたり旅」】
【元気な若手に密着撮!「女子プロ百花」】西田茉楓
【夏坂健×かざま鋭二「ゴルフの微笑み。」】
【「読者記者」がゆく】
【高松志門「あんた一人をCADDIEしまっせ」】
【陳清波プロとまわろう】
乗ったはいいけど…巨大グリーンのファーストパット
【The Rules「こんなときどーする?」】
【木村和久の「大人ゴルフの歩き方」】
【月刊ゴルフダイジェスト・インフォメーション】
【にっぽんのベスト100を探そう!】清澄GC
【プロ汁! ごっくん。】
9番持ったらベタピンだ ショートアイアンで5打縮める!
【見た目も肝心「幸服論」】
【江連忠のプロジェクトE】50歳からのシングル養成塾
【コウケンテツのおしゃべり!キッチン】ゲスト・三ヶ島かな
【あなたのドライバー私に勝てる?】
【プレゼント】プロがズバズバ決めるあのパターが欲しい!
【名物ホールでいつかバーディ】
月刊ゴルフダイジェスト 定期購読のご案内
次号予告

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / スポーツ
出版社
ゴルフダイジェスト社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2021年04月21日
サイズ(目安)
171MB

関連タグ:

新刊オート購入

ゴルフダイジェスト 2021年6月号 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ゴルフダイジェスト のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~58件目 / 58件
  • ゴルフダイジェスト 2021年6月号
    NEW
    ついにアジア人初のマスターズチャンピオンとなって日本のゴルフファンを沸かせた松山英樹。今号はその最新スウィング解説からスタートします。巻頭特集のテーマは「ぶ厚く当たる!プラス30Yのインパクト」です。女子プロたちがこぞって実践する飛ばしの秘密を徹底解説、これなら男子アマチュアもマネできますね。レッスンではほかにも「9番持ったらベタピンだ ショートアイアンで5打縮める!」「乗ったは...
  • ゴルフダイジェスト 2021年5月号
    いま女子プロ界を席巻しているのが、ジャンボ尾崎が指導した若手たち。今号は彼女たちの豪快スウィングを紹介するカラーグラビアからスタートします。巻頭特集のテーマは「シャローイング」。ヘッド軌道が手の軌道よりもやや下を通る現象で、ツアープロもこの形で飛ばしている。アマチュアも実践できる最新理論をたっぷり紹介します。レッスンでは他にも「実はこう打つんです!“間の距離”を埋めるアイアン...
  • ゴルフダイジェスト 2021年4月号
    いまや世界のトッププロとなった松山英樹の最新スウィング解説からスタートする今号。巻頭特集のテーマは「ドライバーで上手くなる練習法」です。プロはウェッジやアイアンの練習に力を入れる一方、アマチュアは練習場ではとかくドライバーを振り回しがち。ならばと、ドライバーでとことん上手くなる練習法を紹介します。レッスンでは他にも「風もOBもどんと来い“低い球”のティーショット」「なぜ『シャフ...
  • ゴルフダイジェスト 2021年3月号
    2021年、さらなる飛躍を期す石川遼のロングインタビュー特集からスタートする今号。巻頭特集のテーマは「パーが拾える!ピッチ&ラン」です。アプローチの基本とも言え、ピンに寄る確率も高いピッチ&ラン。その精度を上げるために、重要ポイントをレクチャーします。レッスンでは他にも「飛距離が落ちたら左サイドをどんどん回そう!」「枯れ芝でもビシッと!芯を喰うアイアン」などがラインナップ。「鋳...
  • ゴルフダイジェスト 2021年2月号
    今号の巻頭特集のテーマは「“腕”をビュンと振ったら凄い球が打てた!」です。ボディターンばかり意識しすぎると、つい忘れてしまうのが、体とクラブをつなぐ「腕」としっかり振る、ということ。今回はそのテーマに挑みます。効果的に腕を、そしてクラブを振るにはどうするのか、徹底的に解説します。レッスンでは他にも「もっと「手」を使うとアプローチがやさしくなるよ」「元祖ドラコンクイーン渡邉彩香...
  • ゴルフダイジェスト 2021年1月号
    さあ、“ゴルフ 新しい時代”の幕開け!今号の巻頭特集のテーマは「【実録】僕たちはコレをやってシングルになれた!」です。アマチュア競技などでも活躍するトップアマたちは、それぞれどのようにしてシングルの扉を開いたのかを聞いていきます。グンと力を伸ばした練習法、頑固に取り組んだドリル、あるいは上達のきっかけとなった見方や考え方の変化など、アベレージが参考になるポイントが満載です。レッ...
  • ゴルフダイジェスト 2020年12月号
    今号の巻頭特集のテーマは「さぁ気持ちよく、カッコよく…狙ったピンまできっちり届くアイアンショット!」です。プロのような切れ味鋭いアイアンショットを打つにはどのようなスウィングをすればいいのか、そのポイントを徹底的に探っていきます。レッスンでは他にも「ドライバーの常識を疑え 一番飛ぶティーアップの“高さ”を発見!」「アプローチが怖い人へ…『ループ打法』試してみよう」などがラインナッ...
  • ゴルフダイジェスト 2020年11月号
    今号の巻頭特集のテーマは「できていますか?“スムーズ”な切り返し」です。プロをはじめ、軽く振っているのに飛距離が出る人がたくさんいる。そういう人のスウィングは総じて「なめらか」だ。構えてからよどみなくクラブが振れていることが、ヘッドスピードが安定して出せる。今回はそんなスウィングを目指す特集です。レッスンでは他にも「今日からフェアウェイウッドが大好きになる!」「ドローボール出...
  • ゴルフダイジェスト 2020年10月号
    今号の巻頭特集のテーマは「50歳からヘッドスピード劇的アップ!」です。プロで言う「シニア」世代の入り口である50歳。そのタイミングで新たなスウィング作りを行えば、60代になっても衰えずゴルフが楽しめる。そんなレッスンです。藤田寛之、深堀圭一郎ら、まさにいまシニアになろうとしているプロと一緒に、学びましょう。レッスンでは他にも「教えて勇太プロ “砂イチ”が取れるバンカーショット」「なぜ...
  • ゴルフダイジェスト 2020年9月号
    今号の巻頭特集のテーマは「スコアの半分はゲーム力だ!『10打』得するラウンドテクニック」です。基本のスウィング作りはもちろんだが、スコアアップに必要なのは、実践ラウンドでの様々な判断力と対応力。今回はそんなテクニックを、競技で活躍するトップアマたちに聞いてみました。レッスンでは「僕らにもできるの?アイアンの“ライン出し”」も注目。他にも「今さら聞けない『メンバーライフ』のホント...
  • ゴルフダイジェスト 2020年8月号
    今号の巻頭特集のテーマは「クラブとカラダの正しい動かし方…レッスンは『2D』から『3D』へ」です。いまや「スウィングチェック」は大きく進化。写真で撮るのはもう古く、最近は動画が当たり前、さらには様々な角度からの3D映像で詳しく分析できる。そんな機能をアマチュアも大いに使ってレベルアップしたいもの。そのポイントをじっくり解説します。レッスンでは他にも「FWバンカーがなぜか上手く打てない...
  • ゴルフダイジェスト 2020年7月号
    今号の巻頭特集のテーマは「ドライバーとアイアン 打ち方は同じ?違う?」です。昔からゴルファーの永遠のテーマに切り込みます。クラブも進化し、「大MOI時代」におけるスウィングのつながりを考えていきましょう。レッスンでは他にも「いますぐ自宅で!『1ヤード』ショットでハンドファーストをマスター」「もう迷わない、ミスしない“クラブ別”斜面の打ち方」などがラインナップ。「いつものクラブが“DIY...
  • ゴルフダイジェスト 2020年6月号
    今号の巻頭特集のテーマは「“5ヤード刻み”で打てるアイアン!」です。グリーンまで残り150ヤード以内であれば、ぜひともチャンスにつけたいもの。そこで、番手ごとの距離だけでなく、一つの番手で「プラスマイナス5ヤード」を打ちわけるテクニックを磨きたい!プロにしっかり教えてもらいましょう。レッスンでは他にも「花道から自滅しない ピッチ&ラン再入門」「トップアマ直伝 “50歳”からの飛ばしテクニ...
  • ゴルフダイジェスト 2020年5月号
    米ツアー選手の中でも飛ばし屋として知られるローリー・マキロイのスウィング解説からスタートする今号。彼も実践する飛距離アップ技が、今回の大特集のテーマです。「『踏む!回す!跳ぶ!』このフットワークをマスターしよう!」。この3つが今どきドライバーで飛距離を稼ぐポイント。詳しく解説します。レッスンでは他にも「バンカーショットに悩んだら“真っすぐ”構えて“真っすぐ”振ろう!」「上田桃子も...
  • ゴルフダイジェスト 2020年4月号
    今号の月刊ゴルフダイジェストは、米PGAツアー選手たちの練習に注目。世界のトップで活躍するプレーヤーの多くが「ウェッジの練習に力を入れている」というのだ。そこで特集するのは「カラダの芯から上手くなる…“ウェッジ”でショットの土台作り」。どのような練習がアマチュアにも効果的なのか、米ツアーを代表してザンダー・シャウフェレが詳しく教えてくれた。レッスンでは他にも「UTで挑む180Yのパー3、...
  • ゴルフダイジェスト 2020年3月号
    2020年、あなたのゴルフのテーマは何ですか?月刊ゴルフダイジェストが本格シーズンを前にお届けするテーマは「2020年は『振るチカラ』を鍛えよう!」です。今年こそ“自分史上最速”のヘッドスピードを手に入れて、飛距離アップを目指しましょう。レッスンでは他にも「風とケンカせず友達になろう…アイアン、冬のワザ」や「女子プロの“入る”握り方図鑑」、そして短期集中連載の第1弾「100切りレッスン…曲が...
  • ゴルフダイジェスト 2020年2月号
    いよいよ2020年の幕開け、東京五輪の代表を目指す女子プロ3人のスウィング解説からスタートします。その一人である畑岡奈紗、そして男子で出場当確の松山英樹、2人のインタビューもお届けします。巻頭レッスン特集は、「できていますか?“ロフトを立てた”インパクト」。プロのアイアンショットは、やたら強い球が出て飛ぶ。その秘密は「ロフトを立てたインパクト」にあるという。そんな憧れのショットをマ...
  • ゴルフダイジェスト 2020年1月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「『試してみて、僕らの常識』アプローチは“ドロー”で寄せる」。石川遼が語るこの言葉。ドライバーショットで「ドロー」「フェード」はよく聞くが、アプローチでも? その言葉の真意は何なのか、そのメリットとは? そして、どのように打てばいいのかを、徹底レッスンします。レッスンでは他にも「大MOIドライバーをお使いの方、“逆球注意報”が発令されました」「米PGA選手がや...
  • ゴルフダイジェスト 2019年12月号
    今号の巻頭レッスンは、「この秋、『アドレス』を鍛え直す!」。スウィングにおいて打つ際の構え=アドレスは重要。いま注目の渋野日向子ももちろんアドレスを重要視していて、「私はソフトボールの内野手のイメージで構えます」という。その真意は何なのか、そして、ナイスショットが出るアドレスとはどのようなものか、探っていきます。レッスン企画では他にも、「炸裂!ユーティリティ 斜面でも180Yナイ...
  • ゴルフダイジェスト 2019年11月号
    今号は、いよいよ開催が迫った、日本開催の米PGAツアー「ZOZO選手権」の見どころ解説特集からスタート。巻頭レッスンは、そんなPGAツアーの選手たちも取り組んでいる練習にスポットをあてた「大MOI時代の新常識 スウィングは“ドライバー”で作る!」です。スウィング作りには「7番アイアンがいい」などと言われてきたが、最近の「大慣性モーメント時代」は、ドライバーでスウィング作りをするプロが急増加。...
  • ゴルフダイジェスト 2019年10月号
    今号は、先日見事に全英女子オープンを制した渋野日向子のスウィング解説からスタート。巻頭レッスンも女子プロにスポットをあて、「夢の『70台』の出し方」を特集します。決して圧倒的な飛距離とズバ抜けた技術を持っているわけではない女子プロが、なぜスコアが出せるのか。そこにはしっかりとしたマネジメントやゴルフへの取り組み方がありました。そんな「ゴルフIQ」の高い女子プロのゴルフに迫ります...
  • ゴルフダイジェスト 2019年9月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「芯を喰うアイアンインパクト」。アイアンショットのキモは、そのクラブの“ライ角通り”に打つこと。それでこそ正確な方向性と狙った通りの距離が打てるのです。そんなインパクトを目指して、プロが徹底的にレッスンしてくれます。レッスン企画では他にも「50、100、150Y 遠いバンカーからナイスオン!」「新理論『LPスウィング』は今どきクラブにぴったんこ」「真夏のもっさり...
  • ゴルフダイジェスト 2019年8月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「ドライバーがブンブン振れる男になる!」。とかくアマチュアは、力いっぱいスウィングしているつもりでもボールに「当てるだけ」になったり、ビューンとフィニッシュまで「振り切る」ことができなかったりで、なかなか飛距離アップできない。もっとしっかり振り切って飛距離を伸ばすコツを、大特集します。レッスン企画では他にも「“斜面”からの100ヤード、短いからとナメるな...
  • ゴルフダイジェスト 2019年7月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「“お尻リード”で、力まず打てた!250ヤード」。スウィングは下半身リード、とはよく言われていることですが、上手くできずに悩んでいるアマチュアは多い。そんなゴルファーにおすすめなのが、「お尻」を意識的に使うこと。ではその使い方は? 徹底レッスンします。レッスン企画では他にも「“魔の距離”40~70ヤードをワンピンに寄せる!」「『絞るようにグリップ』米ツアーで流...
  • ゴルフダイジェスト 2019年6月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「打てたぞ!スピンのきいた“高い球”のアイアンショット」。プロのような、高い球でグリーンをとらえ、スピンでしっかり止まるアイアンショットを打つのは難しい。しかし、ポイントを押さえれば、僕らアマチュアにも必ず打てます。目指すは「7番アイアンでキャリー150Y」!レッスンでは他にも「どうして出ちゃうの? FWの激チョロ」「寄るピッチ&ランは 58度のウェッジで打ち出...
  • ゴルフダイジェスト 2019年5月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「『連続写真』をタテに並べたら凄いヒントが見つかった!」。ゴルフ雑誌をはじめてとして、アマチュアがプロのスウィングを見て参考にする“基本”とも言えるのが「連続写真」ですが、普段見慣れない「写真をタテに並べる」ことで、これまでわからなかった重要ポイントが続々見えてきた!“左の壁”や“前傾角度”……。アマチュア必読の特集です。レッスンでは他にも「春風のいたずら...
  • ゴルフダイジェスト 2019年4月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「女子プロの飛ばし最前線 体重移動じゃダメなんです」。昨今のドライバーの構造から、“昔ながらの”体重移動を積極的に使ってクラブを振るスウィングでは大きな飛距離は得られない。“その場で回転”させる振り方が今どきドライバーに向いているという。そのスウィングを実践している女子プロたちに、様々なポイントを聞いています。レッスンでは他にも「クラブは上から?横から?...
  • ゴルフダイジェスト 2019年3月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「飛ばしに目覚める最強の“冬練”プログラム」。出水田大二郎や秋吉翔太ら、2018年にブレークしたプロが取り組んでいたのは、2014年の賞金王・小田孔明を頂点とするグループがこなしていた練習だった。それらのメニューをアマチュア向けに大公開。春までに飛ばし屋になるメニュー、あなたも取り組んでみませんか? レッスンでは他にも「いま飛んでいる池田勇太のスウィングのコ...
  • ゴルフダイジェスト 2019年2月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「新・理論『サイドベンド』で驚異のぶっ飛び体験!」。これまでの「体をひねる」という感覚ではなく、「サイドを伸ばす」というコンセプトでスウィングするという新しい理論を紹介します。特別付録「とことん“飛ばし”の筋トレ&ストレッチBOOK」には、特集連動のエクササイズも掲載しています。レッスンでは他にも「狙ったところに球が出るショートアイアン」「このアプローチ...
  • ゴルフダイジェスト 2019年1月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「『オッケー!』に寄せるアプローチ」。プロほどパーオンできないアマチュアゴルファーこそ、アプローチの成功率がスコアを縮めるカギとなる。しかし、ラフ、バンカー、池越え・バンカー越えなど、様々なケースがあることも含めて寄せを苦手にする人が多いことも事実。少しでもピンに寄る確率を上げるべく、大増ページでレッスンを展開します。レッスンでは他にも「ダボ、トリ...
  • ゴルフダイジェスト 2018年12月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「『右サイドで打つ』…バーディが狙える“快芯”のアイアン」。プロのようにビシッとピンを射るようなアイアンショットを打ちたいあなたのための企画です。ポイントは手首、ひじ、わき腹、右サイドの「3つの角度」が大事だとか。じっくり読んで欲しいですね。レッスンでは他にも「“上げる”アプローチの基本をもう一度」「『反力打法』おさらいレッスン」「“斜面”からのFW これが正...
  • ゴルフダイジェスト 2018年11月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「史上最速のヘッドスピード体験」。なかなか飛距離アップができないと悩むアマチュアに、あの手この手でヘッドスピードアップのヒントをレクチャーします。5m/sアップは確実!? あと30ヤードは飛距離を伸ばせますよ! レッスンでは他にも「女子プロがお手本 もうダフらないアイアンインパクト」「2つのマネジメントで一気にスコアアップ」「プロの50ヤードってこんなに体を使う...
  • ゴルフダイジェスト 2018年10月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「本気で直す“ひじ引け”インパクト~これが左わきの正しい締め方」。アマチュアのスウィングの悩みに多く取り上げられるのが、「インパクトでの左ひじ引け」だ。これが起きると、ボールにしっかりとスウィングのエネルギーが伝えられずに飛ばない。そんな悩みの原因を一から探り、解消法をじっくりレッスン。これであなたも飛ばし屋に変身だ。レッスンでは他にも「ランニングア...
  • ゴルフダイジェスト 2018年9月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「スウィング劇的変化! “股関節”に乗ったとたんに凄い球」。昔からよく言われる「股関節に乗ったスウィングがいい」という言葉。それはどういうことなのか。そして、股関節に乗ったスウィングで打球がどれほど変わるのか、レクチャーします。レッスンでは他にも「“夏ラフ”ゼミナール開講しました!」「“ビシッ!”と芯を喰うフェアウェイウッド」などがラインナップ。さらには「...
  • ゴルフダイジェスト 2018年8月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「“真っ芯”で打てる!アイアンの極意」。プロのようにビシッと打って狙ったところへボールを飛ばす。そんな憧れの球を打つためには、とにかく「芯に当てる」ことが大切だ。どうしたらそんなショットが打てるのか、解説します。レッスンでは他にも「山坂コースのクラチャンに聞いた 風もOBも怖くない!“打ち下ろし”のティショット」「リズムに乗れないときの脱出マニュアル」「夏...
  • ゴルフダイジェスト 2018年7月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「“振り切る”スウィングが一番飛ぶ!」。とかくアマチュアは“打って終わり”のスウィングになってしまう人が多い。プロのようにビュンと振り切ったスウィングができれば、ヘッドスピードが上がって飛距離が伸びるし、変にクラブをこねくる回さないぶん曲がりも少なくなる。そんな“インパクトは通過点”感覚のスウィングを伝授します。レッスンでは他にも「女子プロのアプローチ指...
  • ゴルフダイジェスト 2018年6月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「“本番”にめっぽう強いゴルファーになる!」。練習では上手く打てても、飛距離が出ていても、ラウンドになるとさっぱり……こんな悩みを持つアマチュアは多い。そこで、プロはもちろん、アマチュアの大会で数々の優勝経験を持つ“本番”にめっぽう強いゴルファーから、ラウンドで力を発揮する方法を伝授してもらいました。レッスンでは他にも「『9番アイアン』の魔法」「女子プロは...
  • ゴルフダイジェスト 2018年5月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「出来ていますか? 上半身と下半身の“ねん転差”」。スウィングの基本にある「下半身リード」ができずに、飛距離も伸びなければ、ミスを繰り返しているアマチュアは多い。今回はそこにスポットを当てて集中レッスンします。レッスンでは他にも「春のゴルフ アイアンは『ノックダウン』」「突然のシャンクをクセになる前にしっかり直そう」「上から?横から? 『UT』はこっちが正...
  • ゴルフダイジェスト 2018年4月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「絶対ダフらないアイアン 真のハンドファーストを体感せよ!」。アイアンショットはインパクトで“ハンドファースト”の形でヘッドが斜め上からボールにコンタクトするのが常識。しかしアマチュアの中にはその形ができていない人が多い。しかし、そのイメージ払拭には「フリスビー」に凄いヒントがあるという。詳しく教えてもらおう。レッスンでは「本当はこれが自然 試してみて...
  • ゴルフダイジェスト 2018年3月号
    今号の巻頭レッスン特集は、「肩は回すなタテに動かせ!」。とかくアマチュアは、スウィングは回転運動とばかりに体を動かすことから、上半身は前傾しているのも忘れて肩回転が「フラット(=ヨコ)」になってしまい、上手くパワーが伝わらないことも。むしろ肩は「タテ」に動かすことが、力強いショットが打てる秘密なんです。その極意を探ります。レッスンでは他にも「向かい風を切り裂く! 低弾道ドライバ...
  • ゴルフダイジェスト 2018年2月号
    今号の巻頭特集のレッスンは、「ライナードローで飛ばしてくれ!」。近年、女子プロも大きく飛距離を伸ばしていますが、その弾道は男子とは違い、ライナー性のドローボール。これは男性アマチュアでも学べて実践できる弾道です。そこで、飛ばし屋の女子プロたちから、その極意を教えてもらいました。レッスンでは他にも「池田勇太に教わった バーディが獲れるアイアン」「FW、UTの基本をもう一度」「チカラ...
  • ゴルフダイジェスト 2018年1月号
    今号の巻頭特集のレッスンは、「『手の浮かないインパクト』の作り方」。よく「インパクトはアドレスの再現」などと言われますが、ミスショットの多くは、インパクトで手元が浮いてしまってボールに上手くコンタクトできないことで起こる。そんなミスを防ぐにはどうしたらいいのかを、プロに聞いていきます。レッスンでは他にも「4つの傾斜からピタリと寄せる!」「畑岡奈紗、金谷拓実が改めて実証した ル...
  • ゴルフダイジェスト 2017年12月号
    今号の巻頭特集のレッスンは、「トップはピタッと“止める”のが大正解!」。松山英樹や宮里藍のスウィングに見られる“トップで止まる”状態。これまでアマチュアにはどちらかと言えば「悪いこと」と思われていたスウィングが、実は大正解だった! その理由を探っていきます。レッスンでは他にも「60、70、80YはSWより『AW』が寄る!」「トップアマ直伝!“OBゼロ”のドライバー」「確実に芯を喰う!FW&UTは女...
  • ゴルフダイジェスト 2017年11月号
    今号の巻頭特集は、アプローチのレッスン。これまで“基本”と思われてきた「ハンドファースト」から「V字軌道」で寄せるスタイルから、構えを変えソールを滑らせて「U字軌道」で寄せるテクニックをレクチャー。アマチュアにとってラクに寄せられるのは、このスタイルだ! レッスン特集は他にも「“ドライバー絶不調”から立ち直る魔法の素振り」「フェアウェイバンカーで絶対ダフらない新常識」「ドライバー...
  • ゴルフダイジェスト 2017年10月号
    今号の巻頭レッスン特集、テーマはアイアンショット。「番手ごとの距離がしっかりと打てない」というアマチュアは多い。さらに、「番手が大きくなると飛距離が落ちる」という人も。そんな悩みの解決テーマが、スウィング中の「右手首に角度をつける」ということだ。それはどういうことなのか。そしてしっかりマスターするにはどうするか、をじっくりレッスンします。レッスン特集は他にも「100均グッズで!?...
  • ゴルフダイジェスト 2017年9月号
    今号の巻頭レッスン特集は「今どきクラブの飛ばし方がわかった ドライバー“タテ振り”が大正解!」。ゴルファーが思いがちな「ドライバーはヨコ振りがいい」という“常識”を、覆すレッスン。ここ最近の「短尺ドライバー」流行の理由も含めて解説します。レッスン特集は他にも「夏ラフからのFW&UTは“テンプラ”にご用心!」「力みが消える握り方、発見しました」「PAR3攻略マニュアル『パーの道』見えていま...
  • ゴルフダイジェスト 2017年8月号
    今号の巻頭レッスン特集は「この夏、100ヤードをとことん鍛える!」。月イチゴルファーが80台を目指す最短ルートの目標は、「残り100ヤードから必ず3打以内で上がる」こと。ドライバーで飛ばすばかりが能じゃない。「残り100ヤード」のショットを磨いてこそ、スコアがまとまるです。ツアープロたちにじっくり教えてもらいます。 レッスンでは他にも「プロは“わき腹リード”で飛ばしていた!」「夏ラフショ...
  • ゴルフダイジェスト 2017年7月号
    今号の巻頭レッスン特集は大注目!「HC20からの飛ばし最前線 踏んで、跳んで飛ばせるみんなの“反力打法”」です。ここ数年、プロの間でじわじわ広がり、世界のトッププロが次々実践して一気に話題を集めているスウィング理論を、アマチュア向けに解説します。このスウィングなら飛距離アップ間違いなしです! レッスンでは他にも「乗せたい100Y未満 斜面からのウェッジショットは甘くない」「女子プロはア...
  • ゴルフダイジェスト 2017年6月号
    今号の巻頭レッスン特集は「力まず振り切る! 注意すべき3ポイント」。女子プロは男性アマチュアよりも非力なはずなのに、なぜ250ヤードを超える飛距離が出せるのか? それは効率よく「力まず振り切る」ことができているから。しかし、僕らもわかっているけど、ついつい力んで飛ばないスウィングをしてしまう…。力まないコツを、女子プロをはじめとする“脱力マスター”たちに教えてもらいましょう! レッ...
  • ゴルフダイジェスト 2017年5月号
    今号の巻頭レッスン特集は「絶好調です! “芯で打ち抜く”インパクト。ドライバーでヘッドスピードは出ているのに、なぜか飛距離が伸びない、と悩むアマチュアは多い。「速く振れれば飛ぶ」というのは間違い。ヘッドスピードに加えて、きちんと芯でボールをとらえて効率よくボールに初速エネルギーを与えなければ飛ばないのだ。今回はそんな「ミート率を上げる」レッスンをお届けします。レッスン特集では他...
  • ゴルフダイジェスト 2017年4月号
    今号の巻頭レッスン特集は「アイアンは『右手7割』が上手くいく」。スウィング、特にアイアンはダウンブローで打つために「左手リード」が重要だと考えるアマチュアは多い。しかし、過度に左サイドを意識しすぎてミスを連発するパターンにハマることが多いのも事実。プロはしっかりと左手と右手の“役割”を理解し、右手に仕事をさせていた。大ベテランのジャンボ尾崎も、右手を使うからこそしっかりとボール...
  • ゴルフダイジェスト 2017年3月号
    寒い冬でも、ゴルファーの心は熱い! 今号は冬にじっくり読んで上達する企画を続々ラインナップさせました。巻頭レッスンは、「スウェイにならない“体重移動”」。ややもすると体重移動が上手くいかずスウィング中に体が左右に流れてしまう。その原因とは何なのか? しっかりした体重移動でビシッと飛ばせるようにするには? じっくり教えます。ほかにも「グリーン目前のハーフトップ 打つ前の『注意点』」...
  • ゴルフダイジェスト 2017年2月号
    いま世界のトップで活躍する松山英樹の新春インタビューからスタートする今号の巻頭レッスン企画は、「左のひじ引けが直る“フェースターン”の極意を伝授!」。アマチュアの多くはダウンからフォローで左ひじが曲がって引けてしまい、クラブヘッドをビュンと走らせることができない。そこが大きな悩みでもあります。しかし実は、左ひじ引けだけが原因ではなく、しっかりした“フェースターン”を意識すること...
  • ゴルフダイジェスト 2017年1月号
    今号の巻頭レッスン企画は、「『打つ』から『振る』へ、気持ちひとつで“未来”が変わる」。プロはボールを打つ、なんて考えず、いわゆる「インパクトは通過点」ととらえている。その真相とは何か。そして僕らアマチュアはいかにして「振る」スウィングに変えて飛ばせるようになるのか、を探ります。ほかにも「5番・6番アイアン ビシッと打てる3つの約束」「『重いモノ』『軽いモノ』交互に振るとなぜヘッド...
  • ゴルフダイジェスト 2016年12月号
    今号の巻頭レッスン企画は、「ハンディ20が怒涛のパーオン! 芝を取らないダウンブロー」。アイアンショットというと、上からダウンブローに打ってボールの先の芝を取る、というのがこれまで“常識”と思われていましたが、プロに聞いてみると、今どきのアイアンは上から打つのではない、といいます。その“新常識”の理由と、ショットのコツについて、お教えします。ほかにも「やさしいはずのユーティリティ、...
  • ゴルフダイジェスト 2016年11月号
    今号の巻頭レッスン企画は、「プロの“インパクト写真”絶対に真似てはいけない」。アマチュアはプロの連続写真を参考にし、その“インパクト”の形を真似しようとしますが、実はその形だけを真似ようと思っても大抵の場合上手くいかず、それどころか、ミスショットの原因になる弊害も。その瞬間だけをとらえるのではなく、“インパクトゾーン”を正しく理解してスウィングを作るのが正しいのです。その方法を詳...
  • ゴルフダイジェスト 2016年10月号
    今号の巻頭レッスン企画は、「70台を目指すなら“脱”カット軌道!」。ゴルファーが陥る「カット軌道」の最悪のシナリオを徹底分析&解説。それをしっかり“芯を食う”スウィングに変える「バラ色のシナリオ」をご紹介します。いくつかのポイントを押さえて練習すれば、たちまち力強く飛ばせる弾道に変身しますよ! 他にも「ピンが狙える!『斜面』からのショートアイアン」ず~っと不調…もしかしてスランプ?...
  • ゴルフダイジェスト 2016年9月号
    なんといっても今号の目玉企画は「D-1グランプリ2016」! 毎年恒例、最新モデルのドライバーを集めて試打、ガチンコ勝負で飛距離を競い合わせる戦いです。20回目の今回は、44本のモデルがエントリー。激しい戦いを制したモデルは? レッスン特集も充実。巻頭レッスンは「ドライバーいいのにアイアンがイマイチ……」という人に贈るアイアンショット強化レッスンです。ほかにも「夏ラブアプローチ『順目と逆目...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています