ランドネ 2020年11月号
  • 最新刊

ランドネ 2020年11月号

通常価格 800円 (728円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

安全に山に登るための拠点を守り、登山道を整備する山小屋のスタッフ。リスクを管理し、登山者を新しい発見へと導く山ガイド。山での万が一と向き合い続ける救助隊や医師。もっと山を満喫するための山道具や雑貨を手がける製作者。おいしい山ごはんを考える料理のプロ。次の一歩をふみ出すための情報を提供するメディアや、文章で伝えるひと、写真を撮るひと、出演することで伝えるひと。……山に登る時間は、その瞬間がたとえ一人でも、山と山に登るひとのことを考え続ける方々の仕事に支えられています。そこで今号は、楽しい山登りを支えている50人にインタビュー。日々の活動や貫く思い、続けるおもしろさや感じていることを伺いました。
※デジタル版には、紙版の付録「“ランドネ山”の手ぬぐい」は含まれません。また紙版掲載の「“ランドネ山”の手ぬぐい」の記事については掲載しておりません。



表紙
あの名店のあの人が選んだ!今月のいいmono
目次
50人の山仕事インタビュー
登山者の拠点を守るひと
山を案内するひと
楽しみと安全を提供するひと
コラボ商品を生み出すひと
書くことで伝えるひと
等身大の楽しみ方を伝えるひと
おいしい! で伝えるひと
ビジュアルで伝えるひと
WEBで情報を発信するひと
動画を配信するひと
山モチーフの作品をつくるひと
アウトドアアイテムをつくるひと
番外編
かんたん! おいしい山ごはん
山を愛するあの人の本棚
仲川希良の絵本とわたしとアウトドア
山の楽しいリスクマネジメント講座
渡辺佐智のやまのさち
つなげよう! 地図の輪
森勝のとことん小道具研究
日本酒が飲みたくてあの山へ
山と音楽とときどき宇宙
こいしゆうかのキャンプの夜に語りたいハナシ
山道具、買っちゃいました!
ランドネたのしみ隊がアウトドアの魅力を発信中!
編集部スタッフ3人の山記録 本の山/山と仏/3度の飯も山も好き!
インスタグラムで見つけた!うわさの山好きさんと山歩き
Keishi Tanakaの月と眠る
湯らり山あるき
神様百名山を旅する
Randonnee cafe
Join to the Field

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
エイ出版社
ページ数
134ページ
電子版発売日
2020年09月23日
サイズ(目安)
94MB

新刊オート購入

ランドネ 2020年11月号 のユーザーレビュー

レビューがありません。

ランドネ のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~59件目 / 59件
  • ランドネ 2020年11月号
    800円(税込)
    安全に山に登るための拠点を守り、登山道を整備する山小屋のスタッフ。リスクを管理し、登山者を新しい発見へと導く山ガイド。山での万が一と向き合い続ける救助隊や医師。もっと山を満喫するための山道具や雑貨を手がける製作者。おいしい山ごはんを考える料理のプロ。次の一歩をふみ出すための情報を提供するメディアや、文章で伝えるひと、写真を撮るひと、出演することで伝えるひと。……山に登る時間は...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2020年9月号
    800円(税込)
    読むほどに山登りが好きになる 山への思いを募らせる時間が、たっぷりとあるいま。改めて、山歩きを安全に、より快適に楽しむためのイロハを確かめてみませんか?今号の特集は、知っているほど山の楽しさや魅力を深めてくれる山歩きにまつわるキーワードをAからZまで集め、そのことについてじっくり掘り下げてみました。辞書で知らない言葉を調べるときのように、気になるページをめくりながら、新しい山の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2020年7月号
    800円(税込)
    一冊まるごと、山にまつわる読みもの特集! 遠くの山並みに想いを馳せ、樹々や草花の姿を目の当たりにしては心ときめかせたこと。 肌をなでる風の音を聴いて、むせ返るような土の香りを深呼吸して体に取り入れたこと。 山のなかで過ごした時間の豊かさは、すこし距離を置くことで、改めて味わい深いものになります。 いまは、積み重ねてきた思い出を熟成させるとき。そして、これから先、もっと楽しみの幅...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2020年5月号
    800円(税込)
    山に登るとき、バックパックに何を詰めていきますか? レインウエアや防寒具、調理器具やお茶セット、ファーストエイドなど、山の装備は、ときに自然環境から身を守り、ときに新しい一歩をふみ出す後押しをしてくれるもの。いっしょに歩く仲間との楽しい時間をより深めてくれるものでもあります。そして、自分で背負って歩けるだけの分量に、何を取捨選択するかには、そのひとだけの物語が宿っています。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2020年3月号
    800円(税込)
    日常から離れ、自然のなかで山を歩いたり、キャンプをしたり。アウトドアをしているときの自分が好きなり、いつしか「こんな場所で暮らしてみたい」と思うようになる人も多いはずです。もしもこのまちに、住んだとしたら。そんな目線で山のふもと歩いてみると、いつもは気にも留めなかった、まちの雰囲気や人の流れ、暮らしに必要な場所、通いたいお店などが、自分のなかの“暮らしフィルター”を通し映し出...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2020年1月号
    800円(税込)
    山歩きが好きな人たちが集まると、「どこの山が好き?」という話をする機会がとても多くなります。自分とおなじ山が好きだと聞けば、ぐっと距離が縮まる気がするし、自分の知らない山の名前を聞けば、どんな山なのかと興味がわく。今号の特集では、山を愛する男女100人に、好きな山を聞いてみました。“初めての友人を誘う”、“日帰りで歩ける”、 “温泉を目的に歩くなら”、“下山後の楽しみが充実”など、7...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2019年11月号
    611円(税込)
    あなたのアウトドア旅をもっと味わい深くする、山ごはんの世界へようこそ。旅と山ごはんを楽しみ尽くすために一番大切なのは、食材と調理道具をコンパクトにまとめて、調理時間や手間にも無理がないように、準備をすること。そのヒントとなる、道具選びのコツやレシピ集、山の先輩たちの楽しみ方など、さまざまな角度から紹介しています。これからの季節は、少し余裕をもって山計画をたてて、ごはんにひと...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2019年9月号
    611円(税込)
    自然環境から登山者を守ってくれる山小屋。 日帰りハイキングから一歩ふみ出し、山小屋を利用して1泊2日で山を旅することで、楽しみの幅はぐっと広がります。 全国にはたくさんの山小屋があり、一軒ごとに携わる方の思いや歴史が宿っています。そのストーリーを知ることで、山小屋泊はいっそう豊かなものになります。 そこで今号では、各山小屋にかかわる“ひと”にフォーカス。スタッフの知られざるお仕事...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2019年7月号 No.106
    ソロで、山登りとキャンプを楽しむ方法。――思い立ったときに、行きたい場所へ。心地よいペースで気のむくままに旅をする。山登りやキャンプに慣れてきたら、ひとりで出かける、という選択肢をもちませんか? アウトドア旅に出かける楽しみの幅がぐっと広がります。そこで大切になるのは、自分のレベルに合ったプランを立てることと、ひとりで安全を確保できるための知識と技術。そこで今号では、ひとりで...
  • ランドネ 2019年5月号 No.105
    自分の足で歩くからこそ出会える景色があり、フィールドへ一歩ふみ出すからこそ、過ごせる時間があります。 難しいことにチャレンジすることだけがアウトドアの醍醐味ではありません。 自分なりの“はじめて”を探求すること。そんな旅に心魅かれる方々を、これからもランドネは応援していきます。 そこで、10周年記念特別企画の皮切りとなる今号では、10のテーマ(森・稜線・お花畑・湿原・湖・苔・山小屋...
  • ランドネ 2019年3月号 No.104
    週末の2日間や、ふと予定の空いた休日に、山へ行きたいと思い立つ。 歩きたい山を思い浮かべ、コースタイムを照らし合わせながら、 にらめっこをするのは電車の時刻表。 乗りたい電車があるならば、今度は歩けるコースを探しながら、 地図とにらめっこ。クルマがなくたって、いつでも気軽に予定が立てられる。 私たちは、そんな電車で行く山旅が大好きなのです! モデルのinoriちゃんは、JR博多駅から観光...
  • ランドネ 2019年1月号 No.103
    特集「イイ山とイイ湯」。冬に山登りを楽しむなら、ふもとの温泉とセットで計画を立てるのがおすすめ! 澄んだ青空の下、一歩ずつ歩き体を動かしたあとは、温泉で汗を流して体をあたためてリラックス。 今号ではそんな旅を気軽に楽しめる「箱根」エリアにフォーカス。 山×温泉を楽しめる5プランと、前後に楽しみたいふもとの食・お土産・宿泊についても紹介。 また、山登りの前後に効く温泉の入り方や、温...
  • ランドネ 2018年11月号 No.102
    歩いて食べて満たされる、秋のアウトドア旅へ。 食欲の秋、山歩きの旅に出かけるなら、地元グルメも楽しみたいもの。 食を通じて山の恵みを感じられたら、山歩きの味わいもいっそう深まります。 そこで今号の特集では“おいしいもの”と“山歩き”をともに楽しめる旅プランを提案。 那須の三本槍岳や、八ヶ岳南麓の美し森、奥多摩エリアのほか、アウトドア好きの方々から聞いた全国のお気に入り山グルメを紹介...
  • ランドネ 2018年9月号 No.101
    日帰りハイキングから一歩ふみだして、山で朝晩を迎えてみませんか。 今号では、山小屋泊とテント泊にフォーカス。 山小屋に泊まる魅力を語ってくれたのは、アウトドアスタイル・クリエイター四角友里さんと、マンガ家の鈴木ともこさん。 登山客同士、気持ち良く過ごすために知っておくと役立つノウハウや、山小屋営業の裏側を解説します。 テント泊については、モデル/フィールドナビゲーターの仲川希良...
  • ランドネ 2018年7月号 No.100
    山で過ごす時間、その山のふもとのお楽しみ、ファッション。 “山”をフィールドに、さまざまな魅力を お届けし続けてきたランドネが、今回で100号を迎えました。 記念すべき号では、誌面を作り続けるなかで 自分たちの意識もすっかり変わった制作スタッフと、 全国の山好きから集めた「おすすめ」を厳選した100!のはずが、 どうしても絞りきれなくて、134のスポットを紹介します。 この溢れだした想いが...
  • ランドネ 2018年5月号 No.99
    装備も心も軽やかに!  お手軽キャンプに出かけませんか。 外でゆっくり時間を過ごしたくなる季節になりました。 今号の特集では、“ほどほどミニマム”な装備で、キャンプに出かける楽しさを提案しています。 自宅のような快適さを求めてキャンプ道具を充実させるのもいいけれど、本当に必要なものを見極め、自然のなかの居住空間を工夫しながら作り出していくほうが、荷物も少なく、気軽にお出かけできま...
  • ランドネ 2018年4月号 No.98
    山登りでもキャンプでも、旅でも普段でも――フィールドで快適に過ごすための機能を備えたアウトドアウエアは、年々デザイン性がアップしていて、いつでも身につけたくなるラインナップがいろいろ。 今号は、2018年春夏に向けて続々リリースされている新作のなかから、心地よさと機能性とファッション性を兼ね備え、着回ししやすいウエアをたっぷりと紹介。 軽くて着やすい防水ジャケットや着心地のいいベー...
  • ランドネ 2018年3月号 No.97
    アウトドアを楽しむための一歩として、最初に始めることといえば、計画を立てて装備を揃えること。 どんな道具を持っていくのか、それによってフィールドでの楽しみ方は大きく変わるものです。 多くのハイカーやキャンパーは、道具選びもアウトドアの楽しみのひとつとして考えています。 新しい道具を手に入れてワクワクしたり、仲間を喜ばせたり、 ときには失敗をして次へのステップに繋がったり、使い終...
  • ランドネ 2018年2月号 No.96
    ウエアやバックパック、登山靴。 山登りを始めたら揃えたい3種の神器は、自分に合ったものを選べているだろうか。 計画の立て方や地図の読み方は、自己流で大丈夫だろうか。 ――山が好きになってもっといろんな山に登りたくなると、わかっている気になっていた基本的なことが不安になり始めます。 そこで安全に山登りを長く楽しむために知っておきたい20個のキーワードを、編集部が徹底取材! 疲れにくい歩...
  • ランドネ 2018年1月号 No.95
    この冬、京都、奈良、鎌倉へ旅に出かけるなら、 周りを囲む山々をハイキングしてみませんか? 町を散策するだけでも充分に観光できますが、 古くは都を守っていた山から町を眺めることで、 グルメや文化も、これまでとは違った視点をもって楽しめます。 それに、市街地の喧騒から離れて、 その場所に流れてきた歴史を静かに味わえるのも、いいものです。 そこで今号では、3つの「古都」それぞれを取り巻く...
  • ランドネ 2017年12月号 No.94
    秋冬の最新アウトドアウエア大集合! 木々の色が移り変わってきたら、アウトドアウエアも衣替えのタイミング。 寒い時期ならではの自然を楽しむために、準備をしっかり整えたいものです。 そこで今号では、しっかり防寒しながら、 体を動かしても快適さをキープできるアイテム選びと着こなしのコツを解説。 そのうえで今シーズンのおすすめをカタログ形式で紹介しています。 ダウンやフリースをはじめ、山...
  • ランドネ 2017年11月号 No.93
    温泉に紅葉、グルメ。秋の山歩きには、楽しみがいっぱい! 赤や橙、黄に染まる山の中を歩いたあとは、温泉に浸かって疲れを癒し、山の恵みをうけた地元の幸を使ったおいしい食事をいただけば、心も体も満たされます。ふもとの町の文化に触れたり、お土産をゲットするのも楽しいもの。今号では、そんな山を巡る旅を堪能できるプランを提案します。 紅葉が美しい日本全国の山リストや、ビギナーも楽しめるハ...
  • ランドネ 2017年10月号 No.92
    標高の高い山の世界までビュンと登らせてくれるロープウェイ。 時間にも体力にも余裕ができるぶん、おいしいごはんを食べたり、 ゆっくりと散策をしたり、山の上で過ごす時間を楽しめます。 もちろん、ひと頑張りして憧れの山を目指すのもいいし、 ふもとも巡って、旅気分を味わうのもいいものです。 そこで今号では、頑張らずに山の時間を じっくり味わえるロープウェイを厳選して紹介。 巻頭ルポでは、南...
  • ランドネ 2017年9月号 No.91
    北アルプスに八ヶ岳――信州・長野には、 山登りを始めたばかりのひとからベテラン登山者まで、 山好きがこぞって思いを寄せる名峰が数多くそびえたちます。 登山道の雪が溶け、歩きやすくなる夏の時期は、 このエリアを目指すのにベスト・シーズン! そこで今号の特集では ビギナーにおすすめの楽しみ方を厳選してお届けします。 苔むす樹林帯が広がる北八ヶ岳と、 アルペンムードを楽しめる南八ヶ岳、それ...
  • ランドネ 2017年8月号 No.90
    山歩きの楽しみの幅を広げてくれる、「山小屋」の存在。 頂上にアクセスしやすくなり、すばらしい景色のなかで朝晩を迎えられるだけでなく、おいしいごはんが食べられたり、山小屋のスタッフや登山者同士の会話を楽しめたり、と山で過ごす時間をいっそう豊かにしてくれます。 そこで今月は、初心者でもアクセスしやすく、「泊まること」を楽しみに山を歩きたくなる山小屋を全国からピックアップ。 登山者の...
  • ランドネ 2017年7月号 No.89
    山で、ピクニックで、食べたくなる 簡単で楽しいアウトドアレシピ大集合!  自然のなかで食べるごはんは、格別のおいしさ。 お弁当を買って持っていくだけでも充分ですが、 最近ではシングルバーナーと軽い鍋を使って、 「おいしい」をさらに追及する人たちが増えてきています。 そこで今号では、なるべく荷物は軽く、 手間はほどほどにできるお手軽レシピをたっぷりと紹介。 外ごはん上級者たちのお気に...
  • ランドネ 2017年6月号 No.88
    今月の第一特集は「道具ゼロからはじめるキャンプ入門」。 初めてキャンプをはじめるのに、わざわざ道具をすべて揃え、 「フィールドに快適な居住環境を作ること」に執着しなくたっていい。 キャンプの楽しさとは日常のスイッチをいったん切り替えて、 自然のなかに身を置き、テント一枚越しに夜と朝を迎え、 わくわくすることにまっすぐ向き合うこと。 そんな「キャンプの楽しさ」を味わってみるために、 ...
  • ランドネ 2017年5月号 No.87
    今年こそ山登りを始めたい。 ウエアや道具を見直して、もっと快適に楽しみたい。 春の訪れとともに、最新ウエアがショップにも続々と登場し、 そんな気持ちが高まり始めている方に向けた特集「山ウエアを選ぶ方法」。 アウターに防寒ウエア、ベースレイヤー、下着はなにを基準に選べばいい? 体型をカバーするためには? バックパックや登山靴はどれぐらいの機能が必要? 初心者がまずおさえておきたい基本...
  • ランドネ 2017年4月号 No.86
    第一特集は「見どころ別 初心者にもおすすめ“週末歩きたい55ルート”」。 歩行時間が短くてもすばらしい展望に出会える山、 アクセスがいい山、ふもと散策が楽しい山……。 名は知られていなくても、魅力があり 初心者でも無理なく楽しめる山やルートが 日本にはたくさんあります。 そこで今回は、冬の終わりから初夏にかけて おすすめの山をカテゴリー別に厳選55ルートお届け。 全国の山好きレコメンダーか...
  • ランドネ 2017年3月号 No.85
    ふかふかの雪を歩くスノーシュー。 雪景色を眺めながらのあったか冬キャンプ。 犬ぞりに、かまくら作り……世界屈指の雪国である日本には、 美しい真っ白な景色を堪能しながら、 自然のなかで過ごす時間を楽しめる アウトドアの楽しみがたくさんあります。 寒いからと言ってインドアにとじこもっていてはもったいない! そこで今号では、山に登るだけではない、 真冬の雪あそびやこの時期しか見られない全国...
  • ランドネ 2017年2月号 No.84
    山を歩くと、旅した町をもっと好きになる! アウトドアスタイル・クリエイター四角友里が、 益子で陶器と山とカフェ巡り/沼津のアルプスを訪ねて/ 歩こう! 京都一周トレイル/東京・高尾の参道歩き……旅のプランに、 3時間の短いハイキングをとりいれてみませんか? 山を歩き、その土地の地形や歴史、暮らしにふれることで、 旅先をいっそう味わえるようになるのです。 山の恵みを感じることで食事をい...
  • ランドネ 2017年1月号 No.83
    冬の季節ならではの自然の美しさを味わいに、外へと一歩踏み出しませんか? なにも無理をする必要はありません。 晴れた日に近くの公園へ出かけるだけでも立派なアウトドアです。 そこで今号の特集では冬のピクニック、名付けて「冬ピク」にフォーカス。 あたたかいウエアの選び方にはじまり、コーディネートの楽しみ方やピクニックを満喫するためのグッズをたっぷりと掲載。 また、ピクニックといえば、お...
  • ランドネ 2016年12月号 No.82
    標高の高い山から紅葉が始まり、 自然が秋冬の色合いへと移り変わってきたら、 私たちも衣替えのタイミングです。 寒い季節ならではの美しい景色のなかへ一歩踏み出すために、 あなたにぴったりの一着を見つけませんか?  そこで今号では、フィールドで必要な機能を見直し、 カテゴリーごとにアイテム選びのポイントを細かくレクチャー。 そのうえで、最新ラインナップのなかから ビギナーにおすすめのウ...
  • ランドネ 2016年11月号 No.81
    朝から山を歩いて、心地よい疲れを感じたころに入る温泉は、カクベツなもの。 肌寒くなるこれからの季節は、よりいっそう温かいお湯が体にしみます。 そこで、秋ならではの山を楽しめるルートと 下山後に立ち寄りたい温泉プランを、ランドネ編集部が厳選。 さらに、全国の山好きの方々に、 山と温泉とグルメまで楽しめるお気に入りのプランをたっぷりと教えてもらいました。 気軽に立ち寄れる足湯や、頑張...
  • ランドネ 2016年10月号 No.80
    今月の特集は「ロープウェイで登れる山45」。 基本的な登山知識やスキルは必要だけど、 登山経験の少ない初・中級者であっても3000m級の山々には行きたい。 もちろん、自分の足で時間をかけて登ることが登山の醍醐味なのは間違いない。 でも、限られた時間しかないけど「ゆっくり山で過ごしたい」人、 「体力に自信がない……」人もいる。そんな人に向けた企画。 特集内では、そんな全国のロープウェイで登れ...
  • ランドネ 2016年9月号 No.79
    日帰りの山歩きに慣れてきたら、山小屋で泊まる経験をしてみませんか? 1泊2日で山へ行くとなると、ハードな印象もあるかもしれませんが、山小屋は安全にゆっくりと山を味わうための拠点ともなる場所。 あたたかい小屋のなかから、闇夜に輝く星空を眺めたり、雲海から上がる朝日を迎えたり……山だけのとっておきの景色に出会うことができます。 山に詳しい山小屋のスタッフや登山客同士の会話もいいもので...
  • ランドネ 2016年8月号 No.78
    いまよりもっと仲良くなりたいあの人を、山へ誘ってみませんか? 目指す先は、まずは身近な低山で充分。 ランチに行くのと同じぐらい気軽で自然に、 素敵な楽しみの入り口まで誘いだし、緑のトンネルをくぐって、 なじみのある町を見渡し、淹れたてのコーヒーを飲むだけで、 いつもとは違う感動や喜びに出会えるはずです。 今号ではそんな楽しみを味わうために必要なノウハウをレクチャー。 無理のない山の...
  • ランドネ 2016年7月号 No.77
    山の楽しみ方は人それぞれ。 ランドネ読者は、登ること自体を楽しむというより、 「キレイな景色を見たい!」「山でのごはんが美味しそう~」など、 彼らにとって登ることは“手段”とも言えます。 よって、今月の特集は山に登ることよりも、 山でのごはんを楽しむためのノウハウを紹介します。 ワンバーナーで作れる「カンタンごはんレシピ」や 一歩先を行く「アノ人の“山ごはんセット”」、「山ごはんを楽し...
  • ランドネ 2016年6月号 No.76
    今月の特集は「快適キャンプの作り方」。 「最近まわりでキャンプ好きが増えていて、やってみたいけど準備が大変そうでなかなか一歩を踏み出せない。 どんな道具が必要で、どんな服装で行ったらいいかもわからない……」と思っている人に向けた、キャンプの楽しみ方をイチから丁寧に紹介する企画です。 キャンプに必要な道具は、王道派・こだわり派・ローコスト派など、楽しむスタイルごとにカタログ形式で紹...
  • ランドネ 2016年5月号 No.75
    春の陽気の訪れとともに、外に出かけたい気持ちが盛り上がり始めているけれど、 「アウトドアでどんなウエアを着たらいいかわからない」、 「いくつかウエアを持っているけれど、必要な機能を見極めて、 もっと快適に楽しむための新しいアイテムを手に入れたい」…… そんな思いを持っている方に向けて、ウエア選びの基本から、 コーディネートのポイントまで、一から丁寧に解説します。 最新から定番まで、...
  • ランドネ 2016年4月号 No.74
    春の訪れとともに、自然のなかへと出かけたい気持ちをつのらせている皆さまに、今号の特集では、その思いをいっそうかき立ててくれる最新アイテムを一挙お披露目! キャンプを快適でおしゃれに、自分らしく演出できるアイテムから、アウトドアブランド一押しの最新作、ハイキングで実際に使える機能性の高い道具まで幅広く網羅しました。 また、普段使いしやすく自宅でもアウトドア気分を味わえるグッズや...
  • ランドネ 2016年3月号 No.73
    無条件にわくわくさせてくれる真っ白なフィールド。 寒いからといってインドア派を決めこまずに、 童心にかえって一歩踏み出し、 オトナならではの楽しみ方をしてみませんか? たとえば雪原をスノーシューで歩いたり、 氷上でワカサギ釣りをしたり。 はたまたアイスホテルに泊まったり、 雪見風呂につかるのも乙なものです。 そこで今回はさまざまな雪あそびを旅のプランを付けて紹介します。 第2特集は「...
  • ランドネ 2016年2月号 No.72
    自分らしく、山歩きを楽しむためには、 バックパックに何を詰めていくかがとても大切です。 ハイキング中、休憩、そして下山後のお楽しみ…… さまざまなシーンを想定しながら、必要なアイテムを揃えるときから、 山の旅ははじまっているともいえます。 とはいえ、お気に入りを全部詰め込むと、 かさばって、フットワークが重くなることも。 そこで今号の特集では、体力と相談しながら、 マイベストを見つけ...
  • ランドネ 2016年1月号 No.71
    冬は雪の降らない小さな山を楽しみませんか? その小さな山へと出かけるとき、旅をする感覚で、ふたつの街をつないで、二つ以上の山を巡ると、山歩きがもっと楽しくなります。 そんな風に、つないで歩くことを楽しめる「ミニアルプス」が日本には無数にあります。もちろん、自分の好みに合わせて、自在に作ることもできます。 そこで全国のおすすめルートを紹介しながら、自分だけのミニアルプスを作る方法...
  • ランドネ 2015年12月号 No.70
    すこしずつ冷え込みが厳しくなるこれからの季節、自然のなかで過ごすためには、アウトドアウエアが欠かせません。そこで、最新のウエアを使って、安全かつ快適に過ごすためのコーディネートをたっぷりと紹介。重ね着のノウハウや素材選びのコツ、最新ウエアをとりいれるポイントなども丁寧に解説します。さらにせっかく選んだウエアを、山でも街でも楽しむための着まわし術や、普段から愛用できるアイテム...
  • ランドネ 2015年11月号 No.69
    暑さがやわらいできた秋は、低山でものんびりゆっくり過ごしやすいから山歩きをはじめるのにベストな季節。そこで、これから山歩きをはじめたい、一から学んでより深く楽しんでいきたいと思っている人にむけて、基本のノウハウを丁寧に紹介しています。ウエアの選び方やおすすめの山道具、計画の立て方、万が一の対処法、バテずに歩く方法など、細かくレクチャー。初心者向けのルートガイドも充実していま...
  • ランドネ 2015年10月号 No.68
    日本全国には、15,000以上もの山がある。それは、日本百名山に選ばれるものから、地元の人に愛される山、知名度は低いけど趣ある山など。大小さまざま、植生もさまざまな個性豊かな山ばかり。そんな山を楽しむための100プランを、全国の山好きが紹介。好きな山だからこそ知っている、おすすめのルートから、登山前後のグルメや温泉、お立ち寄りスポットなど、+アルファの楽しみも教えちゃう。真似するもよ...
  • ランドネ 2015年9月号 No.67
    この夏の山旅計画は、“おいしい”を目的に選んでみてはいかがでしょう? 今月号のランドネは、「ほんとにおいしい山小屋ごはん」を大特集。大自然のなかに建つ山小屋でいただくごはんは、歩いたあとの最高のご褒美です。お腹だけでなく、心まで満たされるような極上のひと皿……。今回ランドネは、そのために足を運びたい評判の「山小屋ごはん」を、ルート&小屋情報とともにご紹介します。また第二特集では...
  • ランドネ 2015年8月号 No.66
    “山に泊まること”。それは山登りをはじめた人の憧れ。せっかくなら、衣食住のすべてを背負って楽しむテント泊をしてみませんか?テント泊と聞くと、ハードなイメージを持つかもしれません。ここでは、テント泊の入口“山キャンプ”からはじめる、山での泊まり方を紹介します!はじめてでも安心なテン場の選び方、おすすめルートもていねいに解説。そして、もうひとつのキーワードは“ふたり”です。いっしょに...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年7月号 No.65
    特集は「雨でも楽しい山歩き」。きらめく新緑に誘われて、心も体も山へと向かい始めたころにやってくるのが「梅雨」の季節。7月中旬ごろまでは雨の日が続き、山歩きをお休みする人も多いのでは? 山ではたしかに晴れるに越したことはありませんが、この時期しか見られない自然があるのも事実。高山植物が花開くタイミングでもあります。森や湿原を、雨の潤いがいっそう美しく演出してくれることもありま...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年6月号 No.64
    日に日に芽吹き、緑に輝く山を見て、行きたい気持 ちをうずうずさせている人も多いのでは? そこで今月は、日帰り低山ハイキングを楽しむために、知っておきたい最新のイロハを、10の項目でお届けしま す。自分に合った山ルートの見つけ方から、ウエアや道具選びのポイント、おすすめのプラン、いざというときに備えておくためのQ&Aまでわかりや すく丁寧に解説。これから山登りを始める人には、はじめの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年5月号 No.63
    春の山に出かけたくなる理由はいくつもあります。暖かい日差しが差し込んでいるから。澄んだ青い空のむこうに、遠くのあの山を見渡せそうな気がするから。そしてもうひとつ。新しいウエアを買ったから……。今月号はそんな山へ誘ってくれる最新ウエアを一挙ご紹介。機能性はもちろんのこと、普段から着たくなるおしゃれなアイテムが勢ぞろいです。選び方のポイントを丁寧に解説した上で、快適にフィールドで...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年4月号 No.62
    今号の特集は、山歩きに欠かせない「地図読み」を取り上げました。地図読みというと、とかく苦手意識のある方も多いと思いますが、地図には安全登山のための情報だけではなく、山をより楽しむヒントが詰まっています。そこで、地図を使いこなすために必要な知識を、基本的なことからわかりやすく解説。地図の種類や、持ち運び方、山で使えるデジタル道具(アプリやGPSなど)も紹介します。さらに、山の地図は...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年3月号 No.61
    山で食べるごはんはおいしい。それは、山歩きをする人だれもが味わう“至福のひととき”。冬の山歩きは、いつも以上に温かいごはんがおいしく感じるものだ。家から保温ボトルに入れてきたスープも、山の中で調理した手の込んだ山ごはんも、冷えた体を温め、「あ~山にきてよかったな」という気持ちにさせてくれる、まさに冬の幸せ。今回は、そんな山ごはんを楽しみながら、冬の低山を歩く人たちのいつもの山...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年2月号 No.60
    山登りに欠かせない相棒といえば「山道具」である。そのときの山行が楽しいものになるのか、辛い思い出になるかを左右するといっても過言ではない。人にはそれぞれ、その人に合った相棒が存在する。山好きなあの人が、どんな相棒と山に登っているのかを見てみたい。道具をのぞけば、その人の山行スタイルも見えてくるものだ。今号では、山歩きを楽しむ人が、日頃から愛用する山道具をテーマごとに紹介。バ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2015年1月号 No.59
    冬は山を歩く時間を短めに、麓もたっぷり楽しむ計画を立てませんか。なぜって、空気が澄み、山の視界が開け、高い山を目指さなくても、素晴らしい景色に出会えますから。温泉、地元グルメ、古都歩き。旅を充実させる要素を詰め込んで。そこで今号の特集は「冬の山旅を楽しみ尽くす、とっておきのプランを紹介します」。埼玉県・日和田山では「陽だまりの山でのんびりカフェな1日」、静岡県・玄岳では「山...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2014年12月号 No.58
    これからの季節、秋冬の山歩きに向けて注目のマウンテンウエアが大集合! 最新アイテム満載でお届けする、恒例の「山ウエアカタログ特集」です。夏山装備に買い足したい人気アイテム、暖かいのに蒸れない新素材のウエア、ナチュラルなデザインが魅力の山シャツなど、モデル着用によるコーディネートを交えながらカタログ形式でご紹介。また、この秋から山歩きを始める人に向けたウエアリングの基礎知識も丁...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2014年11月号 No.57
    夏山シーズンが終わり、人々が秋の装いへと衣替えを始める今日この頃。山は色づく秋の表情へと移り変わる。夏山ではピークハントや稜線歩きを目的にしていた人たちも、秋山では紅葉を見ながら歩いたり、山小屋名物のごはんを食べたりと、のんびりとした山時間を過ごしている。秋の山は、たくさんの楽しみがある。今号ではそんな秋の山での3つのお楽しみ“温泉・食・紅葉”に注目。山の中の秘湯や下山後の温泉...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • ランドネ 2014年10月号 No.56
    美しい景色や山頂に立ったときの達成感を味わえる山歩き。八ヶ岳もそんな山歩きの楽しみがたっぷりと詰まった山である。もっと深く八ヶ岳の魅力を知りたいならば、山小屋に泊まってみるといい。じつに個性豊かな山小屋が、35軒。登山口や稜線、森の中などさまざまな場所に点在する。そこでは八ヶ岳を愛するご主人やスタッフが、温かいごはんを用意して待ってくれている。八ヶ岳のこと、山小屋のことなどの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています