赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行

赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行

作者名 :
通常価格 1,324円 (1,204円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

『赤毛のアン』の舞台プリンス・エドワード島を、毎年現地を訪れる翻訳者ならではの視点で物語や著者モンゴメリとの関連を明らかにしつつ徹底ガイド。特にグリーン・ゲイブルズについては見落としがちな部分も含めて詳細に解説。島でお勧めのホテルやレストランも紹介。物語に登場する花を含め、全ての写真は実際に現地で撮影したもの。翻訳者によるシリーズ全巻解説では、幻の最終巻『プライス家は語られている』を、ウォルターの遺作となった詩「笛吹き」の訳とともに紹介した。
※この電子書籍は2013年2月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
旅行ガイド・旅行会話 / 旅行ガイド
出版社
JTBパブリッシング
掲載誌・レーベル
楽学ブックス
電子版発売日
2014年05月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
42MB

赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年05月16日

    プリンス・エドワード島、いつかいってみたい。
    実際に行くことになった時に、再度これを読めば、アンの関係地はばっちりです。
    赤毛のアンを読んで、想像していた通り、この島の自然は素晴らしい。
    おばけの森を私は歩いてみたい。

    アンの全巻を簡潔に紹介しているのも、面白かった。
    高校生の頃に全巻読んだけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月23日

    プリンスエドワード島の簡単な地図及び縁の場所の写真など多数掲載。プリンスエドワード島を訪れる際、この本で予習していれば、見どころをチェックできます。また、また、行った事のある人は、この本により思い出が甦るでしょう。
    後半では、アンが愛したプリンスエドワード島の四季の花が写真付きで解説されています。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月17日

    集英社文庫版赤毛のアンの訳者、松本侑子さんによるプリンス・エドワード島のガイドブック。実は赤毛のアンは、新潮文庫版を途中まで読んで挫折した為、いがらしゆみこさんがコミカライズされたものを読んだ程度の知識しかない。それでも美しい写真と分かりやすい解説で、アン初心者の私でも楽しめた。非常に乙女心をくすぐ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

楽学ブックス の最新刊

無料で読める 旅行ガイド・旅行会話

旅行ガイド・旅行会話 ランキング