月刊山と溪谷 2021年5月号
  • NEW
  • 最新刊

月刊山と溪谷 2021年5月号

通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

◎特集「登山の三大技術を学び直す 読図・ロープワーク・観天望気」
地形図とコンパスを使った読図、万が一に備えるロープワーク、天気予報と組み合わせた観天望気。登山者なら誰もが関心のある3つの技術について基本から学びます。

◎第2特集「再発見 奥多摩」
大都会・東京の都心からわずか1時間30分。奥多摩は首都圏の登山者に愛されるホームマウンテンだ。多摩川、秋川の水源となる山々には豊かな森が広がり、山の恵みを受けた山村文化が育まれてきた。通うたびに、新しい魅力に出合う奥多摩の山々を「自然」「文化」の2つのキーワードで旅してみよう。

※電子版には連載「山を描いた画家たち」において一部ご覧になれない写真画像がございます。あらかじめご了承ください。

コンテンツ
グラフ 星野秀樹 光満ちて、水笑う
中央アルプスの檜尾避難小屋が来年に向けリニューアル
日本山岳遺産基金×ヴィブラムジャパン 登山道整備プロジェクトへの助成団体を募集
PICK UP GEAR ミレー/ダハシュタイン
特集 登山の三大技術を学び直す 読図・ロープワーク・観天望気
講習内容と講師の紹介
第1部 読図
地形図とコンパスを使った読図とは
【机上講習編】読図に使う「地形図」って?
【実践編】地形図とコンパスを使って、奥武蔵・二子山を登る
第2部 ロープワーク
もしものときに備えるロープワーク入門
【準備編】フィックスロープを張るのに必要な装備や技術
【実践編】フィールドに出てフィックスロープを張ろう
第3部 観天望気
天気予報と観天望気で山の天気を読む
【山行準備編】天気予報を活用する
【現地編】雲でわかる観天望気
【実践編】霧ヶ峰・車山で天気を観察してみた
第2特集 再発見 奥多摩
[解説]あらためて知る奥多摩の魅力
[ルポ]狼信仰が息づく山へ―御岳山から大岳山―
[コースガイド]自然を訪ねるベストコース
[コラム]再発見 奥多摩の自然と文化 
[コースガイド]文化を訪ねるベストコース
[ブックガイド ]奥多摩を読もう
写真で振り返る 日本人のエベレスト
[連載]日本山岳遺産の横顔
[特別企画]注目登山靴 テスト&レポート
[紀行]高尾山内八十八大師めぐり
大峰山系・国見岳で滑落した 単独男性の遭難顛末記
[連載]エリア研究 第二回 丹沢
[連載]屋久島トワイライト 樋口明雄
ヤマケイ・ジャーナル
読む 今月の一冊/注目の本
フォトコンテスト作品募集のお知らせ
インフォメーション&ギャラリー
告知板
問合せ先一覧
[連載]エッセイ 山小屋からの手紙
[連載]『山と溪谷』でたどる愛山家の歩み 山ありて人あり―平成の三十一年
読者紀行
[連載]尾瀬・原の小屋 管理人便り
[連載]読者ページ hutte やまびこ
[連載]GTR ホーボージュンプレゼンツ
[連載]登山×防災 お役立ちレシピ
[連載]帰ってきた避難小屋
[連載]ヤギ飼い十二カ月 内澤旬子
[連載]わたしのいきもの名山
[連載]山を描いた画家たち
[連載]Goods & Presents
[連載]季節の山歩き 5月
岡山県・鳥取県 蒜山
福岡県・佐賀県 雷山・井原山
栃木県 雨巻山
神奈川県 京塚山
山梨県 大平山
兵庫県 氷ノ山

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
山と溪谷社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2021年04月15日
サイズ(目安)
192MB

新刊オート購入

月刊山と溪谷 2021年5月号 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

月刊山と溪谷 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~91件目 / 91件
  • 月刊山と溪谷 2021年5月号
    NEW
    ◎特集「登山の三大技術を学び直す 読図・ロープワーク・観天望気」 地形図とコンパスを使った読図、万が一に備えるロープワーク、天気予報と組み合わせた観天望気。登山者なら誰もが関心のある3つの技術について基本から学びます。 ◎第2特集「再発見 奥多摩」 大都会・東京の都心からわずか1時間30分。奥多摩は首都圏の登山者に愛されるホームマウンテンだ。多摩川、秋川の水源となる山々には豊かな森が...
  • 月刊山と溪谷 2021年4月号
    特集「日本の独立峰45選」 「名山」とされる山には独立峰が多くあります。 均整のとれた美しさは郷土の象徴として愛され、日本の地方文化をはぐくむ原動力になってきました。 この特集では、「独立峰の名山たるゆえん」について考えながら、日本の優れた独立峰 40 山を選び、 自然、文化、登山の楽しみなどそれぞれの山の魅力を紹介します。 ※電子版では、別冊付録、一部画像コンテンツがご覧になれません...
  • 月刊山と溪谷 2021年3月号
    登山中、膝痛に悩まされることはありませんか。あなたのその膝痛、具体的にはどこが痛みますか。 痛む部位によって膝痛を分類し、痛みのメカニズムを解説し、膝痛を予防する筋トレやストレッチのほか、登山中に痛くなったときの対処法も紹介。 あなたの膝痛を解決します! ◎特集「よくわかる! 登山の膝痛解決法」 多くの人が悩みを抱える、登山中の膝の痛み。痛みが出る部位ごとに分類した上で、膝痛が起こ...
  • 月刊山と溪谷 2021年2月号
    一人で考え、一人で登る単独登山では、たくさんの“悩み”が生まれます。 登山計画、装備選び、ステップアップ、ナビゲーションなど、 それぞれの登山シーンで単独登山者が抱えがちな悩みに、山のプロからアドバイスをいただきました。 単独行についてのあなたの悩みや不安を解消します。 特集「不安解消!単独行者のお悩みアドバイス 75」 第2特集「誰でもできる!ファーストエイド入門」 特別寄稿「ニュー...
  • 月刊山と溪谷 2021年1月号
    深田久弥没後50年となる2021年。節目の年に、改めて『日本百名山』の魅力を提案します。 美しい写真と文章で、四季折々、全国の100座全ての魅力を紹介する大特集! 第2特集では、2020年の夏山シーズンを受けて、登山と新型コロナウイルスについて、2021年シーズンに向けて新しい登山様式を考えます。 ■大特集「深田久弥と『日本百名山』」 2021年は深田久弥没後50年の節目の年。明治生まれの深田が昭和に...
  • 月刊山と溪谷 2020年12月号
    ピッケルとアイゼンを使って登る、本格雪山。そこには一面の銀世界が待っています。 初級、中級、上級のレベル別のガイドで、自分の技量に合った山、目標となる雪山を見つけましょう。 ◎特集「レベル別 本格雪山ベストルート」 ピッケルとアイゼンで憧れの頂へ! 自分の技量にあった雪山、次の目標となる雪山を見つけよう。 ◎第2特集「再確認!雪山の行動技術と歩行技術」 プランニングから歩行技術まで...
  • 月刊山と溪谷 2020年11月号
    日帰り登山の選択肢を広げる、個性豊かなコースを厳選。 新型コロナウイルスの影響で様変わりした今夏の登山の状況もレポート。 ◎特集「東京・名古屋・大阪周辺 充実!日帰りコースガイド52」 高山帯から都市近郊の山へ、季節とともに登山者が足を運ぶ山域も移ろいはじめる時期。 手軽なハイキングから、絶景を楽しめる穴場スポット、歩き応え抜群の充実コースなど、日帰り登山の選択肢を広げる、個性豊...
  • 月刊山と溪谷 2020年10月号
    夏が過ぎ、雪が降る前、山は彩りに包まれます。 「自然」、「歴史」、「温泉」、「文学」という4つのテーマで、秋山の魅力をお伝えします。 第2特集では、そんな秋の山で探してみたい山の自然<草木><キノコ><コケ>をピックアップ。 ■特集「テーマで歩く 秋の山旅」 秋の山歩きは、山のさまざまな魅力をじっくり味わいたいもの。 自然、歴史、温泉、文学の4つのテーマに沿って全国の紅葉名山を紹介...
  • 月刊山と溪谷 2020年9月号
    地図読み技術は「道に迷わない」ためのものだけではありません。 地図が読めるということは、それ自体おもしろいことなのです。 地形図を使った基本的な地図読み技術を解説しながら、地図そのものの奥深さや楽しみ方を、あらゆる角度から紹介します。 特集「もっと!地図読みが楽しくなる30のポイント」 「道に迷わない」ためだけではない、地図を読むということの純粋なおもしろさ。 そして、地図そのも...
  • 月刊山と溪谷 2020年8月号
    ピークをつないで歩く縦走登山。 あなたなら南・北・中央アルプス北アルプスでどのような縦走プランを考えますか。 自分の体力・技術・好みに合ったプランの立て方とモデルコースを紹介します。 特集 「ピークをつないで歩いていこう!日本アルプス縦走プラン」 第2特集 「イラスト解説でわかりやすい 登山で使えるロープワーク」 特別企画 「高山に生きるチョウたち」 特別企画 「コロナ時代の「新...
  • 月刊山と溪谷 2020年7月号
    北アルプスを代表する岩稜ルート10選を詳細な解説とわかりやすい地図で紹介。 岩稜ルートに挑戦するために必要な技術・装備も山岳ガイドから教わります。 第2特集では全国の岩山をタイプ別に紹介。 山登れない今だからこそやっておきたいトレーニング企画も! ◎特集「厳選10ルート! 北アルプスの岩稜を歩く」 美しくも険しい北アルプスの岩稜には、私たち登山者をひきつけてやまない魅力があります。 北...
  • 月刊山と溪谷 2020年6月号
    ◎特集「エリアとテーマで選ぶ!テント山行 ベストコース30」 衣食住のすべてを背負って山を歩き、大地に体を休めるテント山行。 山の大きさや厳しさ、美しさをダイレクトに感じられるのがその魅力です。 全国の山のエキスパートたちが、それぞれの山域がもつ魅力をテーマとして設定。 各テーマに沿って、こよなく愛するテント山行コースを紹介します。 コンテンツ グラフ 柏倉陽介 屋久島 森の静けさ Y...
  • 月刊山と溪谷 2020年5月号
    ■特集「登山靴、ザック、レインウェア 最新登山用具を試す」 登山の必須装備で、登山者の注目も高い3アイテムを、山岳ガイドなど登山のプロが実際に山で使ってテストしました。 店頭やウェブではわからない使用感をレポートします。 ■第2特集「残雪輝く山へ」 大型連休が近づくと、日本アルプスや豪雪地帯の山々は残雪のシーズンを迎えます。 さまざまな残雪の楽しみ方と、とっておきのコースガイドを紹...
  • 月刊山と溪谷 2020年4月号
    木々や草花、動物たちが織りなす多様な生態系をもつ美しい日本の山。山を歩いていてふと心をよぎる疑問に、専門家がわかりやすく回答します。 ■特集「キーワードで知る 山の自然学入門」 なぜこんな美しい形の山が生まれたのだろう。高山植物がそこにしか育たない理由はなんだろう。山域によって森の雰囲気が違うのはなぜだろう。 山の自然の成立の裏側がわかると、山は2倍楽しくなる。 キーワードを手掛...
  • 月刊山と溪谷 2020年3月号
    自分のカラダの弱点を克服し、目標の山に登るためのカラダづくりのコツをプロに教わります。 ■特集「弱点克服! 登れる“カラダ”をつくる」 登りでバテて、友人たちについていけない。下りで脚に疲労がたまってつまずきやすい。 こういった登山中の悩みを解消するには自身のカラダを振り返り、弱点を把握することが大切です。 自分のカラダの弱点を克服し、目標の山に登るためのカラダづくりのコツをプロに...
  • 月刊山と溪谷 2020年2月号
    楽しく、安全に、ひとりで山を歩くために自分の技術と知識を再確認してみませんか。 ・登山者に聞いてみました。あなたにとって単独行とは? ・[単独行者アンケート]単独行をするのはなぜ?/単独行の割合は?/単独行のよい点、魅力は? ・山岳救助の現場から見た 単独行登山者のいま 群馬県警谷川岳警備隊・伊藤武隊長「多くの遭難事例は道迷いが発端である」/富山県警山岳警備隊・柳澤義光隊長「疲労や油断が...
  • 月刊山と溪谷 2020年1月号
    2020年、あなたの登る山を見つけてみませんか。 ■特集「100人が選ぶ、名山100」 登山家、山岳ガイド、写真家、小説家、漫画家、イラストレーター、芸能人、モデルなどさまざまな分野の100人に、 「おすすめの山」、「思い出の山」をそれぞれ1山ずつ、合計100山を選んでもらいました。 この山のなかから2020年に登る山を見つけてみませんか。 ■第2特集 「山と自然を描いた人のミュージアム」 自然や写真...
  • 月刊山と溪谷 2019年12月号
    冬シーズンの登山計画に役立つ雪山ガイド特集 ■特集「厳選全国雪山40コース」 地域や季節によって、多彩な表情を見せる日本の雪山。 登山者の技術や体力、あるいは山行期間に合わせて、さまざまなプランを組むことができます。 週末の山歩きにぴったりの近郊の山から、日本アルプスなどの本格的な登山ルートまで、 日本の雪山登山の醍醐味を満喫できる40コースを紹介します。 ■第2特集「プロが教える雪山...
  • 月刊山と溪谷 2019年11月号
    眺めるだけではわからない。日本が誇る富士のほんとうの姿をこの1冊に。 長いあいだ、日本人の尊崇の対象としてあり続けた富士山と、近代の登山の対象としての富士山。 その両面から、これまでの富士山とこれからの富士山のありかたを読者とともに考えます。 ※本特集では、画像利用契約の関係で、電子書籍では使用できない絵画の写真が5点あり、ご覧になることができません。あらかじめご了承ください。 ...
  • 月刊山と溪谷 2019年10月号
    山を歩き、山の本を読む。今年の秋にしたいこと。 ■特集 「心に残る秋の山35コース」 夏山シーズンが終わってから、冬が訪れるまでの約3カ月。 夏よりも静かな山をゆっくりと歩いたり、鮮やかな山の紅葉をめざしたり――。 心に残る「秋の山歩き」を、読み物とコースガイドで紹介します。 第1部 アルプス・東北・そのほかのエリア 第2部 温泉に浸かる・渓谷を歩くおすすめの読み物とコースガイド ■...
  • 月刊山と溪谷 2019年9月号
    登山地図に関わる最新事情を知り、登山をもっと楽しく、安全に。 ■特集「紙地図と電子地図」 スマートフォンのGPS機能を利用した地図アプリの登場により、 誰でも手軽に山中で現在地を把握できるようになりました。 では、読図技術は今後不要になるでしょうか。 いいえ、きっとそんなことはありません。 地図アプリの利用者が増えた今だからこそ、 地図を読む目的と活用法を編集部が考えました。 ...
  • 月刊山と溪谷 2019年8月号
    何度歩いても飽きない、ベテラン好みの南アルプスへ。 大山脈の魅力を余すところなく編集しました。 ■特集 「南アルプス」 南ア登山史、希少動植物、ジオ、大展望、山小屋と人びと。 多彩な切り口で大山脈南アルプスを知る、触れる、歩く。 ●南アルプス北部編 ●南アルプス南部編 ●南アルプス深南部・安部奥編 ■第2特集 「山ヤの玄関 登山口の駅と街案内」 山への行き帰りに立ち寄る駅。「前日入りをし...
  • 月刊山と溪谷 2019年7月号
    何度歩いても飽きない、あたらしい発見のあるヤリホの魅力を余すところなく編集しました。 ■特集 「槍ヶ岳と穂高岳」 天空にそそり立つ孤高の頂、槍ヶ岳。岳人を惹きつけてやまない憧れの峰々、穂高岳。 日本を代表する2つの名峰をめざすベストルートを集めるとともに、歴史、文学、山小屋と人など、様々な切り口で人気の山を深掘りします。 ■第2特集 「写真家が薦める この夏歩きたい高山のお花畑」 ...
  • 月刊山と溪谷 2019年6月号
    ■特集 「剱岳と立山 大岩壁と残雪、深い渓谷に守れた、アルピニズム薫る歴史と信仰の山々を歩く」 北アルプスを代表する山岳エリア、剱・立山連峰。 剱岳は氷河に削られ、豪雪に磨かれた険しい岩壁と谷をもち、数々の登攀のドラマの舞台となってきました。 また、立山は豊かな水がはぐくむ生態系に加えて、山岳信仰の長い歴史が独特の世界を形成しています。 この夏は剱岳と立山の尾根や谷をめぐり、稜線...
  • 月刊山と溪谷 2019年5月号
    テント山行のノウハウとガイド、最新の装備情報を一冊にまとめました! ■特集「夏のテント山行 入門とガイド」 この夏、テントを背負ってテント泊を快適に楽しむためのテクニック&ベストコース30! テント泊の装備を背負って山を歩く。荷物は重く登りは厳しいけれど、稜線のテント場に着けば、それまでの苦労を超える達成感や充実感を味わえます。 本誌特集は、この夏、充実感満点のテント泊山行をより...
  • 月刊山と溪谷 2019年4月号
    ■特集「プロガイドに教わる 登山の基本 50の実践」 独学やネットでは手に入らない現場で使える登山術の保存版! インターネットにさまざま情報があふれる一方で、登山技術を学ぶ場は限られている現代。 安全に登山を楽しむためにも、ステップアップするためにも、「本当に使える技術」を学ぶことが大切です。 独学やネットでは手に入らない、現場で使える登山技術を、知識と経験が豊富なプロガイドから学...
  • 月刊山と溪谷 2019年3月号
    普段、通り過ぎて名前も知らなかった足元の自然や森の生き物たちにも目を向けて、あなたの登山をもっと豊かに。 ■特集 登山者のための自然読本 山頂にたどり着いた達成感は登山の醍醐味。でも、普段は見過ごしてしまうような自然を知ることで、新しい山が見えてくる。 たまには空を見上げたり、足を止めたり、深呼吸して、自然を感じてみませんか?――そんな山の楽しみ方を提案する特集です。 ■第2特集 ...
  • 月刊山と溪谷 2019年2月号
    20年前までは否定されてきた単独行はもはや時代の主流である。しかし遭難で窮地に陥る危険は単独行が圧倒的に高い。 己の経験と体力、登る山の難易度を客観的にとらえ、どこにリスクが潜んでいるのか、いざとなったらどう対処するのか。 これを読まず、知らずして単独行をすることなかれ。単独行者必読の特集です。 ●特集 単独行と遭難―事例と生還のノウハウ― 単独行は魅力にあふれた登山スタイルです。...
  • 月刊山と溪谷 2019年1月号
    私の登山は、そして登山界はこれからどう変わるのか、この一冊で山の最新事情がすべてわかります! ●特集「登山の現在形」 平成から未来の山を語ろう 2019年5月1日、平成から新しい元号に変わる予定です。平成の30年間には、中高年や山ガールによる登山ブームがあり、インターネットの普及により登山の姿も様変わりしました。 一方、山岳遭難は年々増加し、御嶽山の噴火といった自然災害も多発しました。...
  • 月刊山と溪谷 2018年12月号
    12月から始まる雪山シーズンを100%楽しむためのガイド特集! ●特集 雪山登山ルート50選 登山のプロが厳選した雪山登山ガイドの決定版。 雪山を純粋に楽しむための初級ルートから技術・体力の総合力がためされる上級ルートまで一度は登ってほしい日本を代表する50ルートを紹介。 [概論] 雪山を登る前に 夏山と比べて、雪山がなぜ難しいのか。その難度を左右する地形やコンディションなどの条件をどう評...
  • 月刊山と溪谷 2018年11月号
    ●特集 再発見 東京周辺の山100 都市圏から手軽にアプローチできる東京周辺の山でも、 みごとな展望の山、豊かな自然が残る山、本格的な岩の山など、さまざまな山の楽しみ方ができます。 本特集では、「人気の山」「展望の山」「豊かな自然の山」「歴史と信仰の山」「岩の山」のテーマごとに 関東圏の100山を「再発見」します。 知っているようで知られていない「東京周辺の山」の魅力満載です。 ●第2特...
  • 月刊山と溪谷 2018年10月号
    ●特集 山岳写真家と歩く北アルプス紅葉4大エリア絶景スポット35選 登山シーズン中、もっとも彩り豊かな季節を迎える秋。北アルプスの山々は息を呑むような美しさに包まれます。 10月号では、広大な北アルプスを「剱・立山」「後立山・針ノ木・烏帽子」「槍・穂高・常念」「黒部源流・双六・笠」の4つのエリアに分けて紹介します。 案内するのは、そのエリアを熟知した山岳写真家。 絶景を1枚の写真に切り取...
  • 月刊山と溪谷 2018年9月号
    【特集】紙とデジタルを活用した、最新読図入門 スマートフォンやGPSウオッチの普及により、デジタル地図やGPSアプリの利用者が増えています。登山地図やスマホアプリの活用、地形図を使った読図の基本など、紙地図とデジタル機器を併用した最新の地図読み技術を解説。 ●第1部 登山地図とGPSアプリ ●第2部 地形図に挑戦 【第2特集】山と溪谷と、食欲と私 累計60万部、今人気の山漫画『山と食欲と私』(新...
  • 月刊山と溪谷 2018年8月号
    創刊1000号記念特別号 巻頭特別グラフ:皇太子さまの山岳写真 決定版!日本登山ルート100選 山と溪谷1000号の歩み 特別寄稿:私と山と溪谷 ※別冊付録「登山用語小事典」は電子版には掲載していません。 ※シェラカップの応募は紙版の綴じ込みハガキからのみの受付です。電子版からの応募はできません。 目次 巻頭特別グラフ皇太子さまの山岳写真 YKJ HEAD NEWS&GEAR TANZAWA山モリ! フェス 8月11、12日開...
  • 月刊山と溪谷 2018年7月号
    特集:創刊999号記念特別編集 「旅する北アルプス?日本の登山の源流を歩く山旅へ」 日本を代表する山岳エリア・北アルプス。名山の数、山岳景観の素晴らしさ、登山者数。 どれをとっても日本一のスケールを誇るとともに、日本の登山の歴史を振り返るうえでも中心的な山域です。 本特集は、北アの奥深き世界を紹介しながら、 『山と溪谷』誌が999号の歴史で記録してきた貴重な「北アルプスバックナンバー」...
  • 月刊山と溪谷 2018年6月号
    【特集】テントで歩くベストコース50 編集部と全国のガイドブック著者や山岳写真家が、この夏おすすめのテント泊ベストコースを厳選。北海道・東北、北アルプス、南アルプスなど全国50コース。週末山行から、3泊以上のコースまで、あなたの夏山プランニングをお手伝い。 【第2特集】最新・テント泊装備の基本25 「コレを買えば間違いない!」というスタンダードなテント泊装備の選び方を紹介。これからそろ...
  • 月刊山と溪谷 2018年5月号
    特集 歩く、泊まる、楽しむ、知る 上高地と穂高岳 日本屈指の山岳絶景が広がり、いつ何度訪れても美しい上高地。第1部では、そんな上高地の魅力を【歩く】【泊まる】【楽しむ】【知る】と4つの要素に分けてご紹介。第2部では、上高地の背後にそびえる近代アルピニズム発祥の地、穂高岳を取り上げます。奥穂、北穂、前穂、西穂と4つの穂高岳に加え、涸沢岳、明神岳などからなる穂高連峰は、峻険な岩稜・岩壁...
  • 月刊山と溪谷 2018年4月号
    【特集】大人のための登山学​ 何歳でも成長できる、現役で登り続ける方法 40代​以上の「中高年登山者」が対象の特集。40歳といえば、体力の衰えや体調の変化を多くの人が感じ始める歳です。 さらに50代、60代、70代と年齢を重ねるにつれ、体力は落ちていき、安全に登れる山も限られてきます。 しかしそうはいっても「3000m級の夏山には、この先もずっと登り続けたい」と願うのが、山を愛する中高年登山者...
  • 月刊山と溪谷 2018年3月号
    【特集】もう悩まない!膝痛と歩き方 膝が痛む原因を解き、正しい歩行法とトレーニングで、膝の不安を解消。 楽しいはずの山行も、途中の登りや下りで膝がズキズキ痛む。 そんな登山時のみ発生する膝痛の原因を解明し、膝に負担をかけない正しい歩き方やトレーニングなどシーンや症状に適したさまざまな予防法をご紹介。 [1]膝痛が生じるメカニズム [2]自分の痛みの原因を知る [3]体の軸を意識して歩く [4...
  • 月刊山と溪谷 2018年2月号
    【特集】単独行レベルアップ術 ●単独行を知る 単独行のメリットとデメリット 単独行遭難が重大化しやすい理由 単独行の不安・リスクを軽減する ●単独行のノウハウQ&A 計画編:プランニングに必要な要素/プランニングのコツ 装備編:ビバークができれば一人前の単独行者/ビバーク時に役立つアイテム 行動編:単独行の道迷いを防ぐ/乱れがちなペースを管理する/単独行中の状況判断 リスク管理:あらゆる...
  • 月刊山と溪谷 2018年1月号
    山国日本には数多くの山があり、それぞれの山が異なる魅力をもっています。 本特集では、縦走、花、岩稜、バリエーションルートなどのカテゴリ別に、おすすめの山、おすすめのコースを紹介。どこまでも山をつないで歩いていく「縦走」では、大雪山系や北アルプス表銀座など。登山者の心を癒してくれる「花の山」では、九重山群三俣山のミヤマキリシマや秋田駒ヶ岳のチングルマなど。険しいからこそ憧れる「...
  • 月刊山と溪谷 2017年12月号
    【特集】ステップアップ雪山登山2018 八ヶ岳で雪山技術をステップアップ。初級から中・上級まで、目的・レベルに応じたコース選びをご提案。交通アクセスがよく、個性的な山小屋が多い八ヶ岳は、安全に技術を学ぶ場として最適です。南八ヶ岳を中心とした森林限界を超えた稜線は、日本でも第一級の雪山登山を経験でき、次のステップをめざす中級者にとって手ごたえ充分。雪山の楽しさと厳しさがぎっしり詰ま...
  • 月刊山と溪谷 2017年11月号
    【保存版特集】東京都心から最も近いあの山へ再発見・高尾山 世界最大級の大都市・東京にありながら、年間登山者数260万人と世界一の登山者数を誇る高尾山。 観光客向けの山と思われ、登山愛好者の中には敬遠している人も多いかもしれませんが、高尾山は日本でも有数の自然豊かな山で、メインルートを外れれば静かな山歩きができる「近くてよい山」です。 本特集では、高尾山を観光地としての「中心部」、...
  • 月刊山と溪谷 2017年10月号
    アルプスの紅葉は9月中旬から始まり、場所を選べば10月下旬まで、約一ヶ月半楽しむことができますが、本誌では「いつ」「どこで」「どんな」紅葉が見られるのか、紅葉適期と絶景地を外さない登山プランニングを、「北アルプス」「中央アルプス」「南アルプス」の各エリアごとにご紹介。誰もが知っている名所から、あまり知られていない穴場スポットまで、あなたの目的にぴったりの紅葉山行プランがきっと見...
  • 月刊山と溪谷 2017年9月号
    ■第1特集:山がもっと楽しくなる! 実践地図読み講座 地図読み技術は、道迷い遭難を防ぐためだけでなく、登山をもっと楽しくなる技術です。地図を確認しながら登山計画を立てれば、登山道の傾斜緩急や植生などから、どんなところを歩くのかイメージが膨らみます。今回の特集は地図読みを「計画編」「現場編」に分け、『山と高原地図』などの登山地図や国土地理院の地形図を どのように活用し、登山に生かす...
  • 月刊山と溪谷 2017年8月号
    日本には標高3000m以上の峰が21座。3000m峰は圧倒的に高く雄大、登頂すると感動もひとしお。しかも、どの山も登山者なら一度は登りたい名峰ばかり。特集では21座のカタログに始まり、21座の詳細コースガイド、3000m初心者のための登頂アドバイスなどを主要な内容として、日本の3000m峰21座を一挙に紹介する保存版大特集です。 【第2特集】達人たちのプランを一挙紹介「夏から初秋のテント泊山行」 十人...
  • 月刊山と溪谷 2017年7月号
    ●特集 一般ルートからバリエーションまで、険しくも美しい岩の稜線へ… 北アルプス 岩稜ルートをめざせ! 技術と経験を重ねてこそ登れるのが岩稜ルート。どうやってステップアップすれば憧れの岩稜を安全確実に登れるか岩場歩き方の基本からご案内します。 この特集では、具体的なステップアップの方法、歩き方の基本テクニック、ウェア・ギアの選び方から遭難事故の発生MAPをはじめ、安全に憧れの岩稜ル...
  • 月刊山と溪谷 2017年6月号
    【特集】 夏山登山を変える最新テクニック70 実践者が教える「計画・装備・行動」の新常識 山の雪が解ければ、今年も夏山の季節がやってきます。今年の夏山計画はもうお決まりですか?この夏はは自分の志向や体力、休暇の日数に合わせて一歩進んだ自分流の夏山計画を立ててみてはいかがでしょうか。夏山登山をもっと充実させるための、登山計画と装備・行動の最新テクニックを実践者たちに学びます。 【特...
  • 月刊山と溪谷 2017年5月号
    【特集】 もう一度知る、上高地 日本で最も美しい山岳風景を見たいなら、上高地を訪ねるとよい。水と緑、空を切り裂く峨々たる岩稜。おだやかに調和し洗練された極上の景観が待っている。この風景はどのようにして生まれ、どのような自然や文化、歴史を育んできたのか。何度訪れても尽きない上高地の魅力を、春と夏の2季に分けて紹介する。 【第2特集】山小屋を利用して、GWは残雪アルプスへ ●綴じ込み付...
  • 月刊山と溪谷 2017年4月号
    【特集】「最新『軽・快』登山マニュアル2017 バテバテ、ヘトヘトよサラバ!」 荷物を劇的に軽量・コンパクトに、軽くするコツを学び、身軽になって、あなたも軽く快適な登山を! 重たい荷物を背負ってバテバテ。そんなつらい登山とサヨナラ。本当に必要な装備を厳選して、最新の道具類を選べば、バックパックは驚くほど軽くなる。身軽になって山を歩こう! 【第2特集】「春爛漫のお花見ハイキング 愛でる...
  • 月刊山と溪谷 2017年3月号
    膝の痛みが治らないのは歩き方と筋力に原因があります。自分の歩き方と筋力を正しく把握して、予防のためのメッソッドを実践しましょう。本誌に取り上げた内容を実践することで、膝痛は緩和できるはずです。本格的な登山シーズンを前に膝のトラブルを予防しておきましょう。 ●第1特集「悩めるヒザ、予防と対処」 ●第2特集「ベストバイ・登山靴」 ●特集連動付録「切りとって持っていける膝痛予防テーピング...
  • 月刊山と溪谷 2017年2月号
    特集:単独行60の知恵 リスクを伴う単独登山は、自由で創造的な登山をする有効な手段であり、独力で山に登る充実感は代えがたいもの。実践者達にその魅力や意義を聞き、単独行者らが培ってきた60の知恵や技術、思考をご紹介。 ①単独行 計画と実践 ②単独行 実践と危機管理 第二特集:究極のソロ登山者トランスジャパンアルプスレースの選手に学ぶ装備と知恵 コンテンツ グラフ 光の回廊カラコルムII 佐藤...
  • 月刊山と溪谷 2017年1月号
    特集: 今年の山をどう登る?スキルアップに役立つ 山の新常識2017 2016年を振り返り、2017年の登山を語る。いま登山者や登山業界でどのようなトピックスやテーマが話題になっているのか。特集では「安全」「カラダ」「道具」「登山者」の4つのテーマでそれぞれの具体的な論点、話題を掘り下げる。 ●第2特集:年末年始は山へ ●追悼 田部井淳子さん ●海外紀行 フランス・スペイン国境「ピレネー山脈」を歩く...
  • 月刊山と溪谷 2016年12月号
    特集:ステップアップ”本格”雪山登山 雪山登山では、技術や経験をステップアップさせていくことが重要。北八ヶ岳から日本アルプスまで、ピッケルやアイゼンなどを利用して登る”本格”雪山を3つのステップに分け、必要な技術解説やステップごとの雪山ガイドをご紹介。技術と知識を確実にレベルアップして、安全に雪山登山を楽しみましょう。 ○雪山のステップアップって何ですか? ○STEP1 ”本格雪山”への第一...
  • 月刊山と溪谷 2016年11月号
    特集:体力に自信がない人のための「登山力」養成講座 安全登山に必要な心肺能力・筋力・敏捷性・バランス等の鍛え方から体力に応じたコース選びや歩き方、健康管理術等を伝授。500mの標高差を1時間以内で登れない登山者は、穂高岳に登ってはいけない。山や登山コースを体力度や技術度でレベル分けした「山のグレーディング表」で「レベルCの体力の人はレベルC以下の山・コースなら体力面で安全に登れる」...
  • 月刊山と溪谷 2016年10月号
    特集:山小屋主人が教える!紅葉絶景を歩く、北アルプスベスト25コース 北アルプスの紅葉絶景を山小屋主人が案内します。長年小屋を守り続けてきたからこそ知っている小屋番おすすめのベスト25コースを紹介するほか、「ここから見た紅葉は必見」といった絶景スポットや、「今年は見ごろが早まりそう」などの見頃時期など、掘り出し情報が満載です。 北アルプス南部編 北アルプス北部編 第2特集「“行動”食...
  • 月刊山と溪谷 2016年9月号
    【大特集】読むセンスを磨く。たのしい”読図”~地図読み術は先読み術。あなたの登山を変えましょう。特集連動綴込み付録 グングン上達する!基本がわかる地図読みドリル(電子版は巻末掲載) 読図はあなたの登山を変えます。特集と別冊付録を読破すれば、2万5千分ノ1地形図はコワくない!特集 読むセンスを磨く たのしい読図:テーマは「たのしく読図のコツをつかむ」こと。まるで“センスを磨くように”...
  • 月刊山と溪谷 2016年8月号
    保存版大特集「山の日」特別企画 知ろう、歩こう!日本の山  2016年8月11日―山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する―「山の日」施行を記念して、日本の山のすばらしさと今の姿を多角的に取り上げる。見て、登って、知って、考える。 ●第一部:見る・登る 美しき日本の山岳風景60選 「山岳絶景遺産」と呼べるような、後世に残したい、日本ならではの山岳風景をテーマごとに10シーン選出。 ■「連嶺」...
  • 月刊山と溪谷 2016年7月号
    [特集]「アルプス4 大高峰をめざせ!」富士山に次いで標高の高い山は、北アルプス南部の槍ヶ岳・穂高岳と、南アルプス北部の北岳・間ノ岳。今回はこの4 峰に焦点を当て、徹底的に深く掘り下げてお届けする。この4 峰に関係するすべての登山道を完全ガイド。付録に大判の全域マップ付き。※電子版は縮小して掲載。 ●ルポ1 槍・穂高連峰大縦走 ●ルポ2 白峰三山大縦走 ●ルポ3 村井みきの北岳登頂 ◎特集綴込み...
  • 月刊山と溪谷 2016年6月号
    【特集】「この夏 テントで歩くベストルート40」 衣・食・住の全てを担ぎ、自然に抱かれて眠る。延々と続く登山道をたどり、時間の束縛から解放され、山塊をまるごと味わう。テント泊の魅力は計り知れません。編集部では、地方のライターやカメラマン、山岳関係者にアンケートを行い、その結果を元に議論。今夏におすすめしたいテント泊ルートを全国から40のコースを厳選。何年かけても歩きたい、山とコー...
  • 月刊山と溪谷 2016年5月号
    特集 テストしてわかる「売れている道具」の「売れる理由」プロが選ぶ、薦める、登山道具2016 登山ガイドがフィールドテストを通して、長く売れ続けるザックやトレッキングシューズといった定番商品の「売れる理由」をひもといていく。ソフトシェルや超軽量レインウェアなど「あらたな定番」として定着しているアイテムがなぜ支持されるのか、商品を熟知するショップ店員に説いてもらう。登山用具があふれ...
  • 月刊山と溪谷 2016年4月号
    【特集】解決します!独学登山者の山の悩み 山岳会などの登山組織に所属せず、個人で登山を楽しむ人が増えています。 個人が登山の技術や知識を学ぶ講習会などもありますが、いざ登山本番になると「おかしいな」「これで正しいのかな」と不安に思うことも多いはず。独学で陥りやすい間違いに気付き、〝もっと登れる〟登山者になるためのノウハウ特集です。 【第2特集】マルチピッチクライミングの始め方 ...
  • 月刊山と溪谷 2016年3月号
    【特集】「総点検! 山の“カラダ” 」 一生、登山を続けるために。自分の体を知り、体力をつけよう。 スピードを競うわけでもなし、勝敗がつくでもない。自然と親しむという文化的要素が強いことから、登山を「スポーツ」と捉えるのに抵抗がある人も多いでしょう。しかし、北アルプスの縦走などは、その運動強度はサッカーやテニス、ジョギングなどに匹敵します。登山という運動がいかにハードであるかを認識...
  • 月刊山と溪谷 2016年2月号
    特集「体力不足、道迷い、楽観主義。現代の「遭難三大誘因」を探る。 あなたも危ない!すぐそこにある山の遭難」 近年、山の遭難が大幅に増えています。直接的な原因は、転落・滑落、道迷い、発病、低体温症などですが、それに至る誘因として注目されているのが、「体力不足」「道迷い」「楽観主義」の3つです。今月号の特集では、この3つの誘因について細かく分析し、遭難しないための対策を考えます。 第...
  • 月刊山と溪谷 2016年1月号
    特集:読者1000人が選ぶ!わたしの好きな「山」2016 年の始めに訪れたい全国各地のミニ富士山「ふるさと富士」に登ろう 読者全員にデジタル版「山の便利帳2016」を期間限定プレゼント! ダウンロード期間:2015/12/15~2016/1/31まで ※電子版では別冊付録「山の便利帳2016」は本文に引き続き付録します。ページの開きが本文とことなりますので最終ページから始まります。目次についても各項目の最終ページ...
  • 月刊山と溪谷 2015年12月号
    特集「雪の日本アルプスを歩く」 夏には多くの登山者を迎え入れる本邦屈指の山域も、冬の訪れとともに静まり返り本来の姿に戻る。 そこは確かに近づきがたい世界だが、決して選ばれた人たちだけのものではない。冬季も多くの人でにぎわう八ヶ岳と比べ、雪の北・南・中央アルプスの世界はどんなだろうか。どんな心構えや技術が必要で、どうステップアップするとよいのだろうか。雪山のレベルを一歩上げたい...
  • 月刊山と溪谷 2015年11月号
    特集「単独行者の登山学」 一人の山歩きには魅力がたくさんありますが、一人ならではの不安も多いもの。 本特集では、山岳ガイド、登山家、山岳カメラマンなど、 単独行を実践している登山者から「単独行の知恵」を集めました。 第2特集「目からウロコの天気予報活用法」 ★綴じ込みグラフ/空撮 日本の名峰8 大雪山※電子版は分割掲載。 目次 グラフ「黒部の山賊」と開拓時代 伊藤正一 YK FRONTIER[CAMP...
  • 月刊山と溪谷 2015年10月号
    特集:輝ける秋、一期一会の山旅へ 錦繍彩る、紅葉名山。 山がもっとも輝く秋。北海道、東北、日本アルプス、南は九州まで、日本各地の紅葉名山をカメラマンやライターなどの山のプロたちが紹介します。 秋にしか出会えない「一期一会」の登山に出かけてみませんか。 第2特集:「秋山登山のリスクと回避法」 秋山登山には、低温、冷雨や降雪、台風など特有のリスクがあります。 そのため、気象条件を考慮...
  • 月刊山と溪谷 2015年9月号
    【特集】登山が変わる!実践読図術 2万5000分ノ1地形図を読みこなしてこそ一人前の登山者。 本特集では、ICI石井スポーツ登山学校などで地図読み講習会の講師をしている 田島利佳さんから、等高線やコンパスの基礎や道迷いを防ぐノウハウを学びます。 そのほか、山に持っていく付録ドリルなど、登山に役立つ地図読み企画が満載! あなたの登山がきっと変わります。 【第2特集】シルバーウィークを満喫する...
  • 月刊山と溪谷 2015年8月号
    特集 日本百名山 十問十答 「百名山で最も手ごたえのある山は?」「活火山の百名山、ピークはどこまで?」「百名山踏破のご予算」などなど、完登をめざす人もめざさない人も、知ればより楽しくなる百名山の魅力を10の切り口で紹介します。 第2特集 「いざ! 登頂困難な山へ」 山と溪谷社は【山の日】応援でダブル表紙でヤーマンが登場! ※綴込みパノラマグラフは分割して掲載。別冊付録は巻末に掲載し、...
  • 月刊山と溪谷 2015年7月号
    特集「もっと遠くへ。北アルプス、大縦走。」 さまざまな楽しみ方ができる北アルプス。そんな北アルプスを、4つのジャンルに分けて、おすすめコースを紹介。 第2特集夏山直前!カラダ調整術 本格的夏山シーズンまであと1カ月。 健康で楽しく夏山へ登るために、1カ月かけてカラダをアジャストする方法を学びます。 ★綴じ込みスペシャル付録 THE TENT BOOK:山のベテランに教わる山岳テントの正しい使いか...
  • 月刊山と溪谷 2015年6月号
    ガイド特集「来られ 立山・剱岳 裏剱・八ツ峰・美女平」 今年3月、北陸新幹線が金沢まで開業しました。新幹線ですばやく富山にアプローチできるようになり、北アルプスの立山・剱岳周辺の山々へのアクセス方法も変わります。新しくなった立山・剱岳周辺の山の登り方を、プランニングや交通アクセスなどを含めてご紹介します。 第2特集 夏山5大リスクを回避するTIPS29 日焼けや脱水症、天候急変など、夏山...
  • 月刊山と溪谷 2015年5月号
    【特集】プロに教わる体験的山道具選び 高スペックや最新技術を謳う登山用具があふれる中、自分に合った山道具を選ぶことが難しくなっています。そこで、登山経験と商品知識が豊富な山岳ガイドや登山用品店スタッフに「本当に使える登山用具」の選び方を教わりました。 【第2特集】ステップアップ 残雪アルプス 【綴じ込み付録】TO YAMA旅 富山の山と麓もまるごと楽しむ《春》(デジタル版では、巻末付録...
  • 月刊山と溪谷 2015年4月号
    特集:登山者の悩み「みんなの膝痛、解決します!」 登山者の体の悩みナンバーワンは「膝の痛み」。膝痛が起きる原因は? どうしたら膝痛を予防できる? 登山中に膝が痛くなったら?さまざまな視点から膝を見つめ、あなたを膝の悩みから解放する特集です。①膝痛の原因を知る②予防その1「膝痛予防の鍵は体づくりにあり!」③予防その2「痛みを防ぐスペシャルギアと使い方」④対処その1「痛みのレベル別 ...
  • 月刊山と溪谷 2015年3月号
    【特集】「一人前の登山者になるためのセルフレスキュー講座」 山で進退きわまった時、ピンチに陥った時の対処法だけにとどまらず、最悪の事態を回避し、山のリスクを未然に防ぐことを、広義の意味で「セルフレスキュー」ととらえ、そのためのノウハウをご紹介。 難しいテーマですが、どなたにもわかり易く、興味をもって習得していただけるよう、学校の授業のように解説しています。 全ての登山者、そして...
  • 月刊山と溪谷 2015年2月号
    【特集】「今知りたい 山の疑問に答えます。」 ・「コースタイムはどうやって決められる?」「登山届が義務化されたら?」「山の天気予報はサイトによってなぜ違う?」。登山をやっていると気になる疑問が常にいろいろあるものです。そんな日頃のふとした疑問から、最新の登山装備にまつわる質問、もしものときの法律相談、山仲間に聞けない人間関係の悩みまで、さまざまな山の疑問の答えが見つかる特集。...
  • 月刊山と溪谷 2015年1月号
    特集「100人が選んだ日本の名ルート100」 第2特集「テーマで見つける山の本100」 別冊付録「山の便利帳2015」デジタル版も巻末に付録します。期間限定のダウンロードサービスも2015年1月31日までの利用いただけます。 綴込付録「富山の山と麓をまるごと楽しむTOYAMA旅 WINTER」 別冊付録は、開く方向が本誌と異なり巻末が表紙になります。目次リンクは各頁にリンクしますが、本紙と逆方向に進めてお読みく...
  • 月刊山と溪谷 2014年12月号
    【特集】冬山初心者から上級者までさまざまな楽しみ方ができる積雪期の南八ヶ岳。 山小屋を利用した人気ピークのピストンをはじめ、テントを担いで主要峰をつなぐ縦走など、自分の力量や志向に合わせて多くの登山者を受け入れてくれる懐の深さが魅力です。 ダイナミックな空撮写真と詳細マップで見せる綴じ込み付録「空撮八ヶ岳」も付いて、雪の南八ヶ岳を徹底的にガイドします。※電子版では1ページ毎に分...
  • 月刊山と溪谷 2014年11月号
    目次 [連載]FINAL CUT 11月号 深秋から晩秋へ・伯耆富士 グラフ 新雪穂高 内田 修 YK FRONTIER [CAMP 01] 御嶽山が噴火、被害甚大に [CAMP 02] 、[CAMP 03]、 [CAMP 04]、[GOODS] columbia [連載]訪れたい山風景 11月 焼岳 [連載]プロが集う山の談話室「On The Edge」 #3-1 登山に求めるもの 特集 強い登山者になるための体づくり 体力不足による登山事故を防ぐために 山岳ガイドに学...
  • 月刊山と溪谷 2014年10月号
    目次 [連載]FINAL CUT 10月号 束の間の秋・日光富士 グラフ 剱 志水哲也 YK FRONTIER [CAMP 01]沢の増水による事故、相次ぐ[CAMP 02]山と人との関わりを描いた映画祭、山形で開催 [CAMP 03]東北の高校生の富士登山 [CAMP 04]MtSNウェブサイトがオープン [GOODS]finetrack [連載]訪れたい山風景 10月 四国・剣山 [連載]プロが集う山の談話室「On The Edge」#2-3 山は幅広く楽しめる場所 特...
  • 月刊山と溪谷 2014年9月号
    目次 [連載]FINAL CUT 9月号 忍び寄る秋の気配・会津富士 グラフ 秘景黒部 谷から谷へ 中村成勝 YK FRONTIER[CAMP 01] 山行計画の一助に 「信州 山のグレーディング」[CAMP 02] 映画『クライマー パタゴニアの彼方へ』公開[CAMP 03] 「The Real Climbing」2作目発表[GOODS]SPORTEYZ [連載]訪れたい山風景 9月 白山 [連載]プロが集う山の談話室「On The Edge」#2-2 真剣勝負の仲間たち 特集 ...
  • 月刊山と溪谷 2014年8月号
    目次 [連載]FINAL CUT 8月号 真夏の旅路のはて・薩摩富士 グラフ BIG MOUNTAINS THE SOUTH ALPS 西田省三 YK FRONTIER [CAMP 01] 登山地図&計画マネージャ 「ヤマタイム」がスタート![CAMP 02] 前・英国山岳会会長、ミック・ファウラーが来日[CAMP 03] アークテリクス、原宿ブランドストアオープン[GOODS]コロンビア [連載]訪れたい山風景 8月 上河内岳 [連載]プロが集う山の談話室「On Th...
  • 月刊山と溪谷 2014年7月号
    目次 [連載]FINAL CUT 7月号 甦る少年の夏・豊後富士 グラフ 剱 谷と稜 星野秀樹 YK FRONTIER[CAMP 01]今年のGWは転・滑落事故が多発。後半には奥穂高岳で気象遭難も、[CAMP 02]、[CAMP 03]、[CAMP 04]、[CAMP 05]、[GOODS]カリマー/モンベル/ファイントラック [連載]訪れたい山風景 7月 奥白根山 [連載]プロが集う山の談話室「On The Edge」#1-3パートナーと山のピーク 特集 北アル...
  • 月刊山と溪谷 2014年6月号
    【特集】テント山行を快適にする10カ条 テント泊山行を楽しむためには心得ておくべきポイントや快適に過ごすためのアイデアが必要。すでに始めている人、これから始めたいという人へ、テント泊山行の極意、10カ条をお教えします。 【第2特集】「立山大作戦」木村大作監督の映画『春を背負って』の舞台・立山の特集。映画のロケ地ガイド、監督と主演松山ケンイチインタビュー、映画と立山の魅力を紹介。 ・...
  • 月刊山と溪谷 2014年5月号
    【特集】「登山用具のトリセツ(取扱説明書)」 次々と新製品が登場する登山用具。昔と今とでは使い勝手が大きく変わったものもあります。本特集では最新のザック、ブーツ、レインウェア、ミドル・アンダーウェアの使用法を詳細に解説するとともに、この春夏に登場するニューモデルを紹介。安全にもつながる用具やウェアの正しい知識をマスターします。 ・第2特集「屋久島、宮之浦岳への道!」 ・ガイド企...
  • 月刊山と溪谷 2014年4月号
    【特集】1週間でマスター! 読図トレーニング 2万5000分ノ1地形図を使った「読図」の基本を身につけて、山で実践的に用いるための読図トレーニングのメソッドを学ぼう。読図の著作や講座をいくつももつ平塚晶人さんを講師に迎え、机上での基礎知識と現場での実践を丁寧に解説。1週間で地図読みをマスターするための実用特集です。 【第2特集】「山小屋に泊まって残雪の山へ」 通年またはGWから営業を始める...
  • 月刊山と溪谷 2014年3月号
    【特集】遭難を起こさないための『心技体』 遭難の要因を突き詰めて考えると「心理・気持ち」「登山技術」「体力」に行きあたります。疲労(体力不足)が起こす遭難の実例、体力をつける方法や疲れにくい行動の仕方、道に迷ってしまったときの心理研究など、「心・技・体」それぞれの側面から遭難を起こさない方法を考察、解説します。 【第2特集】「列島 花の名山カレンダー」 【企画】・国内ルポ「薮岩...
  • 月刊山と溪谷 2014年2月号
    【特集】名湯が誘う雪の『日本百名山』 ・名山に名湯あり。北は北海道、東北から南は九州まで、山国ニッポンは温泉大国でもあります。冬でも無理なく行ける日本百名山に登り、麓の名湯・秘湯にじっくりと浸かる。コースガイドを中心に雪と湯の百名山の楽しみ方をたっぷりと紹介する大特集です。 【第2特集】「間違えやすい登山用語辞典2014」 「アルピニスト」「無酸素」「単独」「経験者」「山フェス」な...
  • 月刊山と溪谷 2014年1月号
    【特集】「 登山スキルアップ年間計画」 初心者脱却! 今年はビギナー登山者から脱却するため、年間を通じたスキルアップ・プランを立ててみよう。山行計画立案から地図読みやリスクマネジメント、歩行の技術、現場での判断力などなど、初心者から中級者へ、連れられて山に行く立場から自立した登山者となり、あこがれの山へ自分の力で行くためのノウハウを大紹介する特集です。 【第2特集】「『日本一』の...
  • 月刊山と溪谷 2013年12月号
    特集「本格雪山登山入門 人気の山10」 グリーンシーズンだけではわからない、より深い山の魅力を味わうために……。 12本爪アイゼンやラッセル技術などが必要な登山者に人気の雪山10座のおすすめコースを紹介するとともに、 雪山に必要な技術やリスクマネジメントを解説。この冬、本格的な雪山をぜひ始めてみたいという人、必見の特集です。 ・第2特集「厳冬期装備大全」 ・「バックカントリースキー コ...
  • 月刊山と溪谷 2013年11月号
    特集「単独行 シンプル化計画」 安全な単独行を実践するために大切なことはなにか――。 理想の単独行のために、不要な部分を削ぎ落とし、必要なものを見極める「シンプル化」を提案。 基本装備の見直しや、リスク管理術、簡単レシピ集など、シンプルをベースにひとりでも安全に楽しく山を歩くためのノウハウをお伝えします。 ・第2特集「駅をつないでしっかり歩く! 日帰りコースガイド[東京周辺]」 ・「登...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています